« メディア掲載: サッカークリニック10月号 | トップページ

2018年9月13日 (木)

シメオネ語録 努力は成功へ導く魔術 - うねの まさみつ著

ディエゴ・パブロ・シメオネ
1970年、アルゼンチン生まれ。愛称、チョロ。
1987年、プロデビュー、1988年アルゼンチン代表デビュー。
アルゼンチン、イタリア、スペインのリーグで選手として活躍。
アトレティコ・マドリー時代は、1995/96シーズンに国王杯とリーグ優勝に貢献。
2005年、アルゼンチンのラシン・クラブで現役引退。

2006年、ラシン・クラブの監督に就任。
アルゼンチン、イタリアで指揮を執り、2011年にアトレティコ・マドリーの監督に就任。
低迷していたアトレティコを2012年ヨーロッパリーグ優勝、2013年国王杯優勝、リーグ3位に導く。
2014年、リーグ優勝、クラブ史上40年ぶりにチャンピオンズリーグ決勝進出。
2016年、再度チャンピオンズリーグ決勝進出。
2018年、ヨーロッパリーグ優勝。

Chorismo

「努力との交渉などあり得ない」

「慌てて作った土台や柱は決して頑丈なものにはならない。いくら完成した家が美しくても、それはあまりにも脆い。つまり、そこには将来はないということになる」

「昨シーズンの成功を今シーズンも達成できるかどうか、今は約束できない。我々が挑戦しているのは、まずはセビージャとバレンシアとのリーガ3位争いだ」

「物事を見るときには2つの見方があるが、私は常にポジティブな面を見るようにしている」

「今アトレティコが問題を抱えているのも確かだ。しかし、このチームにもポジティブな要素が存在するものまた事実。そしてそのポジティブな面を信じているからこそ、私はこのチームの監督に就任した」

「リスクを負わなければ勝利を手にすることはできない」

「日常の私生活がだらしない選手がピッチ上では完璧な天才選手に変わるということは絶対に信じない」

「郷に入りては郷に従え。年齢とともにパーソナリティを熟練させ、それをどのように使うかは後で選べばいい。まずはその土地に自分を合わせることが重要だ」

「古い人間だと言われるかもしれないが、私はまだハートにこだわる人間だ」

「我々にとって成功の栄光は、一度も倒れないことではなく、倒れる度に必ずまた立ち上がることだ」

「口数を控えて、態度で示せ」

「何をするにも尊重という言葉を前に置く必要がある。そこからすべてが始まるからだ」

「待ってはいけない、今すぐ始めろ!もし、”その時”を待とうとすれば、永遠に”その時”を待つことになる」

「私たち監督が願うのは選手の成長だ。だから全力を尽くしてくれた選手がクラブを去る時は盛大な拍手を送る。サポーターも同じように考えなければならない」

「私は選手にポジションをプレゼントしない」

「もしある選手を義務的に起用しなければならないとすると、それは敗戦への近道となる」

「チームで最も重要な選手とは、最も問題を起こさない選手のことだ」

「良い選手をベンチに置くことは残念だが、チームとして成長したければ、そういった状況は必然的に増える」

「これからは”試合から試合へ”を”決勝から決勝へ”に変更する」

|

« メディア掲載: サッカークリニック10月号 | トップページ

Hobbies (本、映画、音楽、名言など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/74202043

この記事へのトラックバック一覧です: シメオネ語録 努力は成功へ導く魔術 - うねの まさみつ著:

« メディア掲載: サッカークリニック10月号 | トップページ