« ケルンのスタジアム見学 | トップページ | 先を読む頭脳 - 羽生善治 伊藤毅志 松原仁 »

2015年1月18日 (日)

ドイツ壁ありサッカー U-17ケラミックカップ

2015年1月17日18日に、第33回となる壁ありサッカー大会・U-17ケラミックカップがドイツのモンタバウアで開催された。FIFA、UEFA、ドイツサッカー協会などにサポートされており、今年は6ヶ国から全16チームが参加。

Img_0920

ケラミックカップは、ドイツで冬のシーズンオフの間に行われるHallenfußball(ハーレンフースバル)という競技の大会。”ハーレンフースバル”とは直訳すると”室内サッカー”で、フットサルコートほどのフィールド内でGKを含めた5人制壁ありサッカー。高さ1mほどの壁にフィールドが囲まれており、壁を超えない限りプレー続行。ボディーコンタクトはサッカーと同じで、スライディングタックルもあり。

Img_0921

グループA
1位:カールスルーエSC
2位:サウスカロライナ・ユナイテッドFC(アメリカ)
3位:ボルシア・メンヒェングラートバッハ
4位:EGCヴィルゲス

グループB
1位:1860ミュンヘン
2位:1.FCケルン
3位:FCバーゼル(スイス)
4位:尚志高校

Img_0922

グループC
1位:VfBシュトゥッツガルト
2位:RBライプツィヒ
3位:FCシャルケ04
4位:IFKイェテボリ(スウェーデン)

グループD:
1位:バイヤー・レヴァークーゼン
2位:1.FCカイザーズラウテルン
3位:ブレンビーIF(デンマーク)
4位:TuSコブレンツ

1位はベスト8に進出。

Img_0930

それぞれのチームには各国の代表クラスの選手が所属しプレーしていた。2・3年後にはブンデスリーガなどでプロデビューする選手も多い。
過去には、ノイアー、ケディラ、ボアテング、ドラクスラー、ポドルスキー、ゴメスなど、現ドイツ代表選手もケラミックカップに出場した。
ドイツ国外では、イブラヒモビッチ、シャヒン、シャキリなども出場している。

Img_6692

ベスト8:
レヴァークーゼン 2-1 ライプツィヒ(前回優勝)
カールスルーエ(一昨年優勝) 4-1 シャルケ
1860ミュンヘン 4-1 ブレンビー
シュトゥッツガルト 1-1(5PK6) ケルン

Img_7668

準決勝:
レヴァークーゼン 1-1(5PK4) カールスルーエ
1860ミュンヘン 1-1(6PK5) ケルン

決勝:
レヴァークーゼン 4-4(3PK2)1860ミュンヘン

Img_7859

ベスト8になると、攻守の1対1、プレッシャー下でのテクニックや判断、切り替えの速さ、シュート、パワーなど質の高いプレーが多く見られた。
基本的には闘い。その中で数年後にプロになりそうな選手は違いを生み出していた。

Img_0992

全体的にブンデスリーガのクラブは、日本よりも体格やパワーで優れているが、戦術面でも上回っているように思える。素早い動きやボール扱いだけ見れば日本人の方が優れているように見えるが、戦術的な判断を伴っていないプレーが多く見受けられる。身体の向き、ファーストタッチ、ポジショニングなど、基本的だが重要なことを身につけなければ、日本人の長所も生きてこないと思う。

Img_3215

ドイツの育成年代代表選手が数人所属したレヴァークーゼンが優勝。

Img_0993_2

去年日本を訪れたヴィルゲスのオリとシャルケのマルコと再会。
また来年。

|

« ケルンのスタジアム見学 | トップページ | 先を読む頭脳 - 羽生善治 伊藤毅志 松原仁 »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

Youth (サッカー育成年代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/59641036

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ壁ありサッカー U-17ケラミックカップ:

« ケルンのスタジアム見学 | トップページ | 先を読む頭脳 - 羽生善治 伊藤毅志 松原仁 »