« NBAノヴィツキー選手のパーソナルトレーナーインタビュー | トップページ | ドイツからウド来日2013 »

2013年10月15日 (火)

ペップのバイエルンはバルサよりもバリエーション豊か?

Bundesliga.deより抜粋。

グアルディオラ「選手たちがこんなに早く私の考えを吸収したことに本当に驚いている」

バイエルンのボール保持率は、今シーズンのブンデスリーガ8試合で66,5%だった。2位は56,4%のドルトムントで大きな差がある。バイエルンのボール保持率はアウェイでは67,3%、先日のレヴァーク―ゼン戦では70%、マンチェスター・シティー戦でも64,5%(前半は71%)だった。

バイエルンのボールタッチ数の49,3%は中盤で行われいる。セントラルミッドフィールダーとして最近はシュヴァインシュタイガーに代わりラームがプレーしていた。シュヴァインシュタイガーは今シーズンの最初の3試合で90分間中101回ボールに触っている。よりオフェンシヴなポジションでプレーした最近の試合では、たった62回しかボールに触れていない。ラームはボールをさばく役になって1試合平均108回ボールに触っているが、「ケガをしている選手が戻ってくれば、彼はいつも通りもとのポジションにつくだろう」とグアルディオラは言っている。

コンビネーションプレーはグアルディオラにとって大切なものであり、中央に正確なパスができ判断の速い選手を配置することをとくに重要視している。「良いフォワードや良いディフェンダーのおかげでいくつかの試合に勝つことはできるかもしれないが、中盤によい選手がいなければ勝ち続けるのは難しい」とグアルディオラは言う。クロース、シュヴァインシュタイガー、ラームなどは理想的な選手といえるだろう。

バイエルンは今シーズン5318本パスをし、次に多いメンヒェングラートバッハでも4410本となる。ブレーメンはたったの2519本。今シーズン3位のレヴァーク―ゼン戦では、バイエルンの682本に対し、レヴァーク―ゼンは171本。パスの失敗した数は13%で、次ぐメンヒェングラードバッハは15,9%。

バイエルンは昨シーズンの約60%に比べても、よりボール保持率を高めている。同じ戦略を持つファン・ハール監督時代では60%以下で、優勝したヒッツフェルト監督時代では54%だった。
相手チームにパスを許した本数は、昨シーズン8節後では2366本で、そのうち80%がパス成功となった。今シーズンはこれまでたったの1961本で、そのうち69%しかパス成功とさせていない。

チャンピオンズリーグ2011/12でバルセロナがレヴァーク―ゼンと対戦した時(3:1と7:1)は70%以上のボール保持率で、2008/09でバイエルンと対戦した時(4:0)は64%だった。

バイエルンは今シーズン、ペップ時代のバルセロナのようにコンビネーションだけに頼っているわけではなく、15ゴール中6ゴールがパスにより崩し、5ゴールがセンタリングから、個人での突破が1ゴール、3ゴールがセットプレーから。

バルセロナはペップ時代(2008から2012年)のチャンピオンズリーグ50試合で117ゴールをあげている。84ゴールがパスによりくずしであり、センタリングからは11ゴール、単独プレーは5ゴール、セットプレーからは17ゴール。チェルシーやインテルのような徹底した守備固めに対し当時のバルセロナはプランB(代案)がなかったが、ペップのバイエルンには今のところサイドアタックのバリエーションも持ち合わせている。

|

« NBAノヴィツキー選手のパーソナルトレーナーインタビュー | トップページ | ドイツからウド来日2013 »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/53685117

この記事へのトラックバック一覧です: ペップのバイエルンはバルサよりもバリエーション豊か?:

« NBAノヴィツキー選手のパーソナルトレーナーインタビュー | トップページ | ドイツからウド来日2013 »