« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の2件の記事

2013年9月30日 (月)

学問のすゝめ - 福沢諭吉②

 『学問のすゝめ』は、もともと民間の入門書または小学校の教科書として、読者に供したものなので、初編から二・三編までは、できるだけ俗語を用い、文章も読みやすくするように心がけた。・・・この四・五編が、学生に向けて論を述べたものだ・・・
 世間の一般の学生は、だいたいみな腰ぬけで気力に欠けているが、文字を読む力はなかなかしっかりしている。

 親を殺した者は敵である前に一人の人間を殺した殺人犯である。この罪人を捕え、刑を与えるのは政府の務めであり、わたしらが関わることではない。親を殺された子供だからといって、政府に代わり、私にこの犯人を殺す理屈があるだろうか。さしでがましいばかりか、国民の務めを踏みはずし、政府との約束に背くものと言うほかない。・・・元禄の世に、浅野家の家来たちが主君の仇として吉良上野介を殺したことがある。世にこれを赤穂の義士と誉めたたえた。これは大きな間違いではあるまいか。 

 近ごろ、先月のことだが、わが慶應義塾にも一事件があった。・・・「この米国人教師は卒業証書を持っていない。だから語学の教師としてならともかく、文学科学の講師としては許可することはできない」東京府は、そう太田君に指令をくださった。・・・じつに一私塾の不幸ばかりか全国の学問のためにもひどい妨害と言うべきで、なんともバカらしく苦々しいことだったが、しかし国法の貴さを思えばどうすることもできなかった

 学生はなにを目的として学問しているのか。・・・真の独立を求めるためと言い、自主・自由の権利を、自分のものにするためと言う。そのとおりである。・・・独立とは、一軒に家に住み、他人に迷惑をかけないということだけではないし、それは単なる個人的な義務にすぎない。
 個人の立場を離れ、社会に対する義務を考えれば、日本人としてその名誉を汚さず、国民がともに力を尽くし、日本に自由独立の国際的地位を与えてこそ、個人と社会との義務を、真に果たしたというべきであろう自分の家で自分の生活に満足している者は、独立した人間であることを認めてもよい。しかし彼を、独立した日本人として認めることはできない

近ごろ故郷中津の旧友のうち、学業なかばにして、早くも生活の手段を求める人がしばしばあると聞いた。生計はもちろん軽んずべきでない。人には才能の有無もある。・・・しかし、この風潮が行きわたり、生計のみ目的とするようになったら、才能ある少年までが、能力を発揮せぬうちに、終わってしまうおそれもある。・・・生活が苦しいと言っても、じっくりその経済について考えていれば、少しの金を得て小さな安定を得るよりも、時期を待ち、努力と倹約の後に大きな成功をおさめるほうが、より多くの得ではなかろうか

 むかし漢文学を志し江戸に出てきた学生が、努力して学問に励み、先生の学説をノートに写しとった。そのノートは数百冊にもなり、もういいというので故国に帰ることになった。
 自分は陸路で、写したノートは貨物便として船便に託した。ところが不幸なことに、貨物船は静岡の沖で遭難した
 この学生は、ただノートを写しただけだったから、自分は帰郷したものの、その学問はすべて海に流れ、元の木阿弥で、努力のかいはなかったのである。
 現代日本の洋学者にも、右のよう危険性があるのではないか。都会の学校における授業の実態を見ると、たしかに学生は、学問に励んでいるように見える。だが、ここでその学生から急にテキストを取り上げ、すぐに郷里に帰したとしたらどうなるか。彼は故郷の親類や友人に、「自分の学問は、東京に置いてある」と、言い訳するのが落ちだろう。

 傲慢と勇敢、粗野と率直、頑迷と実直、軽薄と俊敏、すべて紙一重で悪徳とも美徳ともなるもので、もとの素質そのものが悪ではない。だが、ただ一つ、素質そのものが悪であり、したがって発揮される場所・強弱・方向にかかわらず悪徳以外のなにものでもないものがある。怨望がすなわちそれである。
 望は、それが心に起るとき、つねに陰にこもった起こり方をする。おのが身の不幸・不平を満足させるために、他人を不幸に陥れようと企てるのが怨望である。だから怨望を抱く者どもは、世間の幸福を破壊するだけで、世の中のために何の寄与もなしえない。

 怨望の源は自由の束縛にある。だから、言論は自由でなければならぬし、人の言動を妨げてはならない。
 試みに英米と日本を比較したとしたら、人びとの社会において、どちらが前述の大奥のありさまに近いだろうか。英米ははるかに遠く、日本はまだこれに近いのではないか

 疑いの心を抱き異説を唱え、審理を求めるのは、逆風の中を航海するようなものである。航海においては、ときに順風に遭い、船を進めることができるだろう。しかし、人間社会では、そんな幸運にはまず出会うこともない
 真理に到達する方法はただ一つ、自説と他説との論争を乗り切ることのみである

 しかし、事実を単純に信じるな、とは言うものの、疑うばかりではいけない。なにを信じ、なにを疑うか、選択する力が必要なのである。学問とはつまるところ、この判断力を養うことにある。・・・
 昨日信じていたことは、今日、大きな疑問となり、明日、その疑問は解決するであろう。だからこそ、学生は、学ばねばならぬのである。

 役者はいやだと言って学者になったり、車を曳かずに航海術を学んだり、農業に満足せずに著述に従ったりすることがあるのはなぜか。それは、活動の大小や軽重を区別し、軽小と思われるものをとらずに、重大と考えるものについた結果であり、それは、人間として向上心のある行為と言うべきである。・・・それがその人自身の考えであり意志である。こうした考えや意志を持った人を、理想の高尚な人という。・・・理想が高尚でなければ、活動もまた高尚にはならないからである

 いまの世に、このての不平家ははなはだ多い。その証拠を見たいというなら、ふだん人の顔をよくうかがっていればよい。ことばや表情に、心中の愉快があふれでているような人間には、めったにお目にかかれまい。わたしの経験でも、喜びあふれる表情に出会ったためしはない。見かけるのは、不幸の見舞いにちょうどいいような陰気な顔つきばかりだ。これを気の毒といわずしてなんと言おうか。・・・いつまで経っても、行動は低きにとどまり、理想のみがひたすら高い。一の行動力で十の理想を求め、求めて得られずに、むだな憂いに沈んでいる

 もし他人の仕事に不満だったら、自分でその仕事を試みてみたまえ。・・・他人の著書を批判したいと思うなら、まず自分で筆を執って書物を著してみることだ。・・・世の重大事から、ごくささいなことにいたるまで、たといどんなことでも、他人の行動に口出ししようと思うなら、試しに自分をその立場において、みずからをふり返ってみるべきである。

 顔いろや容貌を、いきいきと明るく見せることは、人間としての基本的なモラルである。なぜなら人の顔いろは、家の門口のようなものだからである。・・・身体を鍛えれば筋肉が強くなるのと同様である。ことばづかいも顔かたちも、心身の働きによってよくなっていくのである。こういう大切な心身の働きを捨て、無口・無表情をよしとする、日本人の古い習慣は大きな誤りと言うべきだろう。今日からでもこの働きを重視して、人間の基本的モラルの一つに加えてほしいと思う。  

 「道おなじからざれば相与に謀らず」(論語)という言葉がある。考えが違う者とは、心を打ち明けるつき合いをしない、の意だ。世の人はこの教えも誤解して、学者は学者、医者は医者同士がつき合えばいい、と考えている。・・・人と交わるには、古い友を忘れず、新しい智を求めなくてはならぬ。・・・友人とは、そう簡単にできるものではない。十人会って一人の友ができればいいほうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

学問のすゝめ - 福沢諭吉①

福沢諭吉
1835年生まれ。慶應義塾の創立者であり、専修学校の創設にも尽力した。1872年に「学問のすゝめ」の初版出版。当時の日本の人口が約3000万人で、最終的に300万部以上売れるほどのベストセラー。明治六代教育家の一人。

Yuki

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」と言われている。・・・貴いとか卑しいといった身分上下の差などない。・・・しかし、広く人間社会を見渡すと、賢愚・貧富、さらに貴族や身分の低い人など、人間の暮らしには、まさに雲泥の差がある。なぜなのだろう。
 その理由はまことにはっきりしている。『実語教』という修身の本には、「人、学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とある。つまり、賢人と愚人の違いは、学ぶか学ばないかによって決まるのである

 文学作品を学ぶのも、人の心を慰め、暮らしのうえに役立つようではある。しかし、漢文学や古典の先生が言っているほどに、尊敬すべき学問だとは思えない。漢文の先生で家庭の財産を伸ばした人は少ないし、和歌が上手な商人で商売に成功した人も稀である。
 そこで心ある町人百姓は、わが子が学問に夢中になると、家の財産を食いつぶすのではないかと心配する。当然のことである。つまり、こうした学問が実用に役立たず、日常生活に利用できぬからである
 いま、われわれが学ぶべきものはなにか。右の現実的でない学問は二の次にして、まずやらねばならぬのは、日常業務に必要な実用の学問である。たとえば、いろは四十七文字を習うことだ。手紙の文章、帳簿の付け方、そろばんの練習、図りの計量法などをおぼえることだ。・・・
 これらは人間だれもが学ぶべき”実学”であり、身分・貧富の差もなく、全ての人間が身につけて当然の学問なのである。この学問が身についてこそ、それぞれの立場で自分の務めを果たし、家の仕事を営むことができるのである。それが一身の独立である。ひいては家の独立であり、国家の独立につながるのである

・・・
嘉永年間(1848~54)、アメリカ人の渡来以後、外国貿易がはじまり開港した後も、世間では、鎖国だ攘夷だと議論がやかましかった。その議論はじつにくだらないもので、「井の中の蛙」が広い世界も知らずに、ただわめいているようなものであった。
 日本人も西洋諸国の人民も、同じ天地の間にあって、同じ太陽、同じ月、海、空気をともにし、互いに通じ合う人情を持つ人民ではないか。余った産物は与え、外国に余っている物産はもらい、教え合い学び合い、恥じたり自慢したりせず、互いに相手国の便利を考えて、その発展を願うべきであろう

 およそ、世の中で無知蒙昧の民ほど憐れなものはないし、つき合いにくいものはない。彼らは恥を知らない。自分の無知を反省する能力がないから、金持ちを怨み、時には集団で富者を襲う。自分は国の法律で守られながら、自分に不利な場合は平気でほうを破るのである。・・・
 「愚民の上に苛き政府あり」という西洋のことわざはこのことを言う。これは、愚民が自分から招いた暴政であろう。人民がしっかりしていれば、政府もよくならざるを得ないからである。・・・
 国家の法がきびしいか寛やかであるかは、人民の品性・態度のあり方によって決まることなのである

 数年間の辛苦を重ね、多額の学費と使って、洋学を身につけたものの、まだ自分の独立した生活さえ立てられぬ者は、現在の学問に通じているとは思えない。こういう人物は知識の問屋にすぎない。・・・ただ和漢洋の書物を読むことだけが学問ではないのだ

「親と主人は無理を言うもの」とかいって、人間の権利が平等ではないかのような考えもあった。これこそ人間の生活状態と基本的人権とを同じように見なした悪例である。・・・百姓の身に痛いことは、地頭の身にも痛いはずだ。地頭の口にうまいものは、百姓の口にもうまかろう

 駿河の人民はただ今川義元一人にすがり、自分たちは寄食者のつもりで、駿河をわが国と考える者もなく、国は今川氏が守ってくれるものと単純に信じていた。
 フランスには、国に報いる精神を持った人民が多く、国家の危機をめいめいの身の危機だと自覚し、みずから国のために戦おうとする者が多かった。だからこそ祖国が救えたのである。両国の相違はここにある。
・・・
 独立の精神なき者は、常に他人をあてにする。他人をあてにする者は、必ず他人の態度を気にする。他人を気にする者は、必ず他人にお世辞を使う。こうして、つねに相手を気にし、ゴマをする者は、いつかそれが習性となり、面の皮が厚くなり、恥知らずの人間となる。言いたいことも言えず、人に会えばただ腰を曲げ下手に出るだけだ。

 個人としては知識人、公務員としては愚者、一人のときは賢人で、集団では暗愚になる。つまり政府は、多くの智者が集まって一つの愚行を行うところと言うべきだろう。この理由こそ、日本人の気風にある。気風に押され、個性を発揮することができないからである。

 最近、洋学者も増えてはきたが、彼らは欧文や翻訳書を読んで学びはするものの、文字を読んでもその本質を理解せず、理解したときも実行に移す誠意に乏しい。・・・漢学の体に洋楽の衣を着たようなものである。・・・日本人特有の教育観が染みついて、官庁勤めが最高の出世だと思い、それを人生の目的にしているのだろう。

 わたしらの身分は、学識こそまだ浅いが、洋学を学んで久しく、中流以上の地位にあると言える。・・・いま人民に先立ち、事業をはじめることこそ、まさに私の任務と言うべきであろう。・・・みずから実例を示すのがなによりだ。・・・そこでわたしは義塾社中とともに、私立の立場から学術を講義し、商業に従事し、法律を研究し、本を出版し、新聞を発行して、人民を啓蒙することにした。・・・百の説法より一つの実例を示すことが先決なのだ。・・・やってみないで事の成否を疑うのは、勇気ある人間とは言えない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »