« 死の壁 - 養老孟司 | トップページ | 決断力 - 羽生善治 »

2012年11月13日 (火)

ドイツの師匠と先生が来日

昨年に引き続き、ドイツの師匠ウドと先生のベルントが来日した。各地でサッカークリニックや講演会を行った。

Img_0882

Udo Hölzer(ウド・ヘルツァー)

ドイツS級ライセンスを持つ監督。州サッカー協会に携わり、20年前に宮城県サッカー協会のアドバイザーを務めてから、ずっと日本サッカーに携わっている。俺のドイツでの師匠。嫌いな食べ物はイカ。

Img_0883
<ウド、ベルント、力さんと>

Bernd Stöber (ベルント・シュトゥーバー)

ドイツS級ライセンスを取得し、ブンデスリーガのコーチ、ヘッセン州選抜ユースチーム監督を務める。ドイツ代表U-15~20で監督として約400試合指揮をとり、U-17やU-20ワールドカップにも出場。現在代表で活躍する選手(ポドルスキー、シュヴァインシュタイガー、エジル、ミュラーなど)の育成に携わった。またベッケンバウアー監督のもと、A代表のコーチやスカウティングも担当し、2008と2012EURO、2010ワールドカップではゲーム分析チーム責任者。現在はドイツサッカー協会コーチライセンス最高責任者。俺のドイツの先生。

Img_0890
<ウド>

サッカークリニックでは、現在トップレベルで行われていることからいくつかの要素をとり出し練習を行った。トップクラスの育成や試合を現場で数多く経験したシュトゥーバー先生の教えは、教科書や戦術ボードだけで勉強しても決して学ぶことはできない。

Img_0884
<EURO2012分析の講演会>

現在トップレベルでどのような現象が起きているのか。現状と10年後を見据えて育成に携わっていかなければならない。現場責任者のシュトゥーバー先生は、現地でスペイン代表の全6試合を分析。ドイツ代表やスペインの選手たちなどいろいろな話を聞くことができた。個人的にもいろいろなアドバイスをもらうことができた。ダンケ。

|

« 死の壁 - 養老孟司 | トップページ | 決断力 - 羽生善治 »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

Youth (サッカー育成年代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/47826923

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの師匠と先生が来日:

« 死の壁 - 養老孟司 | トップページ | 決断力 - 羽生善治 »