« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の3件の記事

2012年10月31日 (水)

死の壁 - 養老孟司

養老孟子(ようろうたけし)
1937年鎌倉生まれ。
解剖学者、東京大学名誉教授。
2003年の「バカの壁」につづき、「死の壁」は2004年に出版された。

「私がまだ東大の解剖学教室にいた頃の話です。自殺の名所といわれる団地が都内にありました。そこに解剖のためのご遺体を引き取りに行ったことがあった。・・・亡くなった方は団地の十二階に住んでいました。・・・このときに、ここは人が死ぬことを考慮していない建物だと思いました。・・・設計者はそこで人が死ぬということを想定していなかったのです。・・・
本書では、死にまつわる問題をさまざまな形で取り上げています。現代人は往々にして死の問題を考えないようにしがちです。しかし、それは生きていくうえでは決して避けられない問題なのです」

現代の人間というのは精密な時計を分解して得意になっている子供のようなものではないでしょうか。・・・第二次大戦後、冷戦時代に米ソでどんどん核ミサイルを作った。気づいたらとんでもない数になっていました。それを、冷戦終結後に二年間で二万発減らそうという話になった。ところが実際の処理は一ヶ月に数発しか出来ません。・・・自分たちで安全に壊すことすら出来ないものを作って一体どうするのでしょう。正気の沙汰ではありません。漫画です」

日本人は勤勉だから、本人の自由ということにしておくと、誰も職場から離れようとしない。”俺が休んでいる間にあいつが抜け駆けするんじゃないか”となる」

Shi

蠅を叩き潰すのには、蠅叩きが一本あればいい。じゃあ、そうやって蠅叩きで潰した蠅を元に戻せますか。・・・(ブータンでは)蠅ですらも簡単に殺してはいけないという論理がこんな形で存在している。・・・しかし、他の国ではどうでしょう。今はあちこちで生命を平気で叩き潰しています。そういう現代人が、”なぜ人を殺してはいけないのか”と聞かれても答えに詰まるのは当然のことかもしれません」

人は自分のことを死なないと勘違いするようになりました。そんなことはない、と仰るかもしれません。でも、現に高層団地から死は排除されていました。間が死ぬということが知識としてはわかっていても、実際にはわかっていないのです

「死が実在でなくなったことについては、派出所の看板が象徴的です。あれを見れがいかに死を実在でないと考えているかがよくわかります。なぜならあそこにある死亡事故の看板には数字が書いてあるだけなのです。・・・そこでは人の死を単なる数字に置きかえてしまっているのです。見るほうには何の実感もわかない」

死体には三種類あるのです。”ない死体””死体でない死体””死体である死体”の三種類です。これと対応する人称があることに思い至った。・・・まず”一人称の死体”。・・・つまり”俺の死体”です。これは”ない死体”です。・・・言葉としては存在していますが、それを見ることは出来ないのです。・・・
では”二人称の死体”とは何か。・・・ここで重要なのは、親しい人の死体は死体に見えないということです。それが”死体でない死体”ということです。・・・では”三人称の死体”とは何か。ここで亡くなっているのは第三者、アカの他人のことです。これが”死体である死体”です。そしてこの”三人称の死体”のみが、私たちにとって簡単に死体になります。死体として認識することが出来るといってもよい。交番に貼ってある”昨日の交通事故死者一名”というのは、要するにアカの他人が一名亡くなりましたということを言っているわけです」

「原理主義、あるいは一元論というものを『バカの壁』でも延々と批判しました。一元論に陥ったときに、人は絶対の真実があると思い込んでしまいます。絶対の真理を信じる人は絶対の正義を振りかざします。・・・人間は”自分が絶対だと思っていても、それとは別の考えもあるだろう”というくらいの留保を持ったほうがよい」

「一九六〇年代の大学紛争時、運動をしている側の学生が研究室に押しかけてきて”この非常時にのうのうと研究なんかしやがって”と言ってきました。・・・それは典型的な戦時中の物言いと同じだったのです。”お国の非常時に一体なにをやっとる”というやつです。・・・窮屈な空気を押しつける人はたくさんいました。そして、そういう窮屈さとか厳格さに、ある種の快感を感じている人がたくさんいたのです

「こういう人の押しつけがましさというのが、共同体の持つ一つの体質なのです。平等性を求める。”俺がこんなにみんなのために必死になっているの時に、お前らなんだ”という押しつけがましさです。・・・”みんなのため”には、本当はいろんなことをしなければならないのです。みんなが同じことをするというのこととは違います。それが誤解されてしまっている。いろんな選択肢が消されて一つのことを押し付けてくる」

エリートというのは、否が応でも常に加害しうる立場にいるのです。・・・たとえば乃木希典陸軍大将を例にとってみましょう。日露戦争の二百三高地での戦いでは彼はたくさんの若い兵隊たちを死なせてしまった。さまざまな見方はあるでしょうが、だから最後は自分も腹を切った。
兵隊を死に追いやった重さを乃木大将は背負わなくてはいけなかったからです。エリート、人の上に立つ立場の人というのは、本来こういう覚悟がなくてはいけない。常に民衆を犠牲にしうる立場にいるのだ、という覚悟です。・・・
さまざまな工事で事故死する人がいることを承知していなければならない。・・・そんなこともわからずにエリート面してどうするのか」

「昨今は安楽死でいえば、全てが医者の責任で行われて、あたかも一般の人にはその後ろめたさが無いかのような議論が目立ちます。その仕事を他人にやってもらうという後ろめたさが無い。・・・地元に利益誘導をして政治家が”悪い奴だ”と言われたりします。鈴木宗男氏が袋叩きにあったのは記憶に新しいところです。しかし、利益誘導を頼んだ側は余程のことがない限りおとがめなしです」

「現代人はともすれば、とにかく明文化すること、言いかえれば意識化することそれ自体が人間のためである、進歩であると考えます。そこには一体どこ程度まで意識化することが人間のためになるのか、という観点が抜けているのです。意識化することを一つの目標とするのは、学者としては正しい立場なのかもしれません。しかし、私はどこか根本的に見落としている点があるような気がするのです。言語に絶するというか、どこかで言葉に出来ない領域があるのではないか、あってもいいのではないかと思うのです

「まだ私が東京大学の解剖学教室にいるときの話です。解剖を進めていって、最終週に入った日に、一人の学生が花を一輪、机の上に供えたのです。普段は、そういうことは誰もやりません。が、私は”ああ、いいことをするな”と思って感動したのです。その翌日、教室に行くと今度は全員の机の上に花が一輪、供えてありました。・・・”何も言ってないのに、学生も捨てたもんじゃないな”と思いました。東大にいる間で、一番感動した瞬間です」

「医者ならば今でもこういう人の死に関係した経験を嫌でもするわけです。しかし、人の生死に関わっているという意識がないままに”エリート”になってしまう人が多い。だから、患者を人ではなくて、カルテに書かれたデータの集積、つまり情報としか見ない医者が増えた。これが困ったことだと思うのです」

「人生のあらゆる行為に回復不能な面はあるのです。死が関わっていない場合には、そういう面が強く感じられないというだけのことです。ふだん、日常生活を送っているとあまり感じないだけで、実は毎日が取り返しがつかない日なのです。今日という日は明日には無くなるのですから。人生のあらゆる行為は取り返しがつかない。そのことを死くらい歴然と示しているものはないのです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

4点リードから引き分け、ドイツ代表レーヴ監督インタビュー

DFB(ドイツサッカー協会)HPを訳。

1674f80b4c_2

Q:ヨハヒム・レーヴ監督、4対4のスウェーデン戦のことでまだ心に残るものはありますか?

L:はい、もちろんです。心に深く刺さっています。素晴らしい内容で4-0とリードしていながらチャンスを逃すなんて誰も予想もしていませんでした。全員が茫然としていました。

Q:気持ちを少しは整理することができましたか?

L:このことに関して話をすることによって、心の痛みは少し和らぎました。わかったことは、我々の驚くような攻撃のポテンシャルが弱点になりうるということです。そして、この弱点は今始まったことではなく、今年を振り返ってみて見受けられたことです。

Q:EUROで敗退したあと、あなたは小さな修正点に関して話をしました。今では大きな変化が必要だと思いますか?

L:もう一度正しい目標を定める良い機会です。ポジティヴに考えています。2013年の秋になってこんな状況になるより、今のうちにチャンスがあってよかったです。

Q:スウェーデン戦からチームは何を学ぶことができますか?

L:このような試合によってチームは成長していきます。グランド上で実際に体験することは、どんなことよりも説得力のあることです。このようなことは二度と起こらないと確信しています。EUROでは我々はイタリア戦までとてもよいバランスを保っていました。この前のオーストリア戦では守備面で問題が発生しましたが運よく勝ってしまいました。今回のスウェーデン戦では残り30分でこのことが実証されました。

Q:チームの成長で少し後退が見られますか?

L:成長の過程では後退はつきものです。我々は過去10年の中でも信じられないくらい創造性豊かで攻撃的なポテンシャルを秘めています。自分たちの哲学を選手たちに伝える機会があるということを幸運なことだと捉えています。しかし、この前のような失点や守備の弱点を容認することはできませんし、今後もそうです。

Q:何を改革するつもりですか?

L:ここ2年で我々は攻撃面に関して大きな成長を遂げました。パーフェクトでもなく、タイトルにも届きませんでしたが、攻撃面ではトップレベルと戦えるということを証明できました。このことに関して私はとてもポジティヴです。守備を改善するということが今後の課題です。

86bf2f1167

Q:選手に対する信頼に変化はありますか?

L:この世代に関しては長所も短所もわかっています。ポテンシャルは測り知れません。スウェーデン戦の最初の60分にはとても満足しています。しかし、我々は弱点にも取り組まなければなりません。当然でしょう。この前の試合では、大事な選手がケガで欠場しました。ケディラ、フンメルス、ベンダー兄弟など、試合に出ていたら違う結果になっていたのかもしれません。才能ある若い選手も育ってきています。個人的にはいろいろな可能性を残しておきたいと思います。

Q:どのような変化を予想していますか?

L:まず反省をし、あのようなことが二度と起こらないように解決策に取り組みます。もしかしたら、自動的に対処できるようにしなければいけないのかもしれません。もし試合を支配していて終盤に失点をしたら何をしなければいけないでしょうか?このことに関して、我々はここ数試合で欠点を見せてきました。我々は試合を支配していたにもかかわらず、相手に盛り返すチャンスを与えてしまいました。

Q:どのような対処ですか?

L:もし試合がひっくり返りそうなら、外から、そして中でもキーポイントを修正しなければなりません。ビハインド・ザ・ボール、持ち場を離れない、局面に勝つ、1対1で勝つ。しかも、正しいタイミングで。これらのことを我々は学ばなければなりません

Q:スウェーデン戦を振り返って、何が機能してなかったのですか?

L:我々の試合はめちゃくちゃになりました。なぜなら、ロングボールしか蹴らなくなったからです。GKにボールを戻してから、ボールを落ち着けることができませんでした。そこがターニングポイントです。選手たちはやばい状況になるとは思っておらず、勝ちは固いと思っていたでしょう。また、スウェーデンはあのように反撃してくるとも考えていませんでした。それから、軌道を修正しようと役に立たない手段をとってしまいました。あのように事態が急変してから最悪の事態を避けるためには、当たり前になっていることをもう一度やり直し、自分たち自身を高める必要があります。

Q:あなたが対応を怠ったことに関して非難している人がいます。納得できますか?

L:もちろんです。試合がひっくり返るなんで、私も想像できませんでした。終盤の交代でチームにほかの合図を送ることができたかもしれません。この20年でこのようなことを経験したことはありませんでした。私も学ぶものがありました。私のプランは、ボールを落ち着かせるために、器用な選手を投入することでした。自分たちのゴールからスウェーデンを遠ざけたかったのです。しかし、そうはいきませんでした。守備的な選手をいれてスペースを埋めた方がよかったのかもしれません。このことはもちろん私が批判されるべきでしょう。

Q:中心選手に対する議論をどのようにとらえますか?

L:格の違いを見せられる選手はたくさんいます。過去でも今でもそうです。アイルランド戦にしてもスウェーデン戦の60分にしても。不安に思われる状況でも、我々にはそれを克服できる選手がいます。今回はそうではなかったのかもしれません。状況が悪くなってきた時、プレッシャーの中でもポジティヴでアグレッシヴで圧倒的なパフォーマンスを見せられるように、取り組んでいく必要があります。引き下がるわけにはいきません。我々はこのプレッシャーをはねのけることができたはずです。我々全員です。今回のラスト30分はそうなりませんでした。

Q:この議論は気に障るものですか?

L:チームを引っ張る選手やヒエラルキーの無さに関しては今に始まった話題ではありません。チームを引っ張る選手がどういった選手かを定義するとしたら、我々にはそういった選手がいると言えるでしょう。素晴らしい才能とチームメイトからの信頼がそれを証明しています。何かを変えるために、敵にも味方にも厳しく接する選手が我々にいないと思っている人もいるでしょう。我々にはそのような選手はいません。そのことに関して、私は悪いとは思いません。なぜなら、そのような選手はすべてをぶち壊す可能性もあるからです。そうなったら被害はより大きくなります。しかし、我々は困難な状況でもスウェーデン戦の60分間のようにプレーできるように取り組まなければいけないでしょう。私は彼らを信じていますし、チームメイトも彼らを信頼しています。

Q:あなたの指導スタイルを変えるつもりはありますか?

L:我々は常に要求と期待を明確にしてきました。選手たちは、コーチングスタッフが期待していることを理解しています。そうでなければ、アイルランド戦やこの前の4点リードのようなサッカーは実現していません。我々の選手との接し方はリスペクトから成り立っています。軍隊のような掛け声で物事を指示することはありません。それは私のパーソナリティには合いません。我々は選手とコミュニケーションをはかります。もちろん、こちらからある程度の方向性を与えます。特にサッカーに関しては徹底的にです。私はこのことに満足していますし、今後も同じようにやっていくでしょう。このチームはこれまで素晴らしい成長を遂げてきたのですから。

Q:あなたのパワーとモチベーションは?

L:パワーに関しては、大会で負けて2ヶ月間の精神的な負担がかかったということが挙げられます。新しいアイデアに関しては?人間的にも素晴らしく、才能ある選手となにかに挑戦できることはとてもうれしいことです。

Q:代表チームマネージャーのオリバー・ビアホフは、チーム運営を見直すべきだと考えているようです。

L:我々はいつもそれをやっています。我々の決定はいつも影響力のあることです。これは一つの出来の悪い試合があったときだけではありません。常に、どの試合の後でも、分析をします。ワークショップを開き、徹底的に話し合います。多くのことに関して、私は常に賛成するわけではありません。そうなると、代表監督は聞く耳を持たないとか、代表監督はミスを犯さないのかという人もいます。私をよく知っている人は、私がミスや出来なかった戦術に向きあっていることを知っています。

Q:外からの助言にどう対応しますか?

L:もし助言が全く違った方向のものでも、チームスタッフで話し合いをします。無視はしません。もしそれがメディアを通してではなく個人的なものであればなおよいです。しかし、いずれにせよ考慮の対象となります。我々は誰もがミスを犯します。選手もコーチングスタッフもそれを理解しています。私はいつでも対話の準備ができています

Q:11月14日はアムステルダムでオランダとの親善試合です。

L:まず、ケガをしていた選手が今年最後の試合に参加し、今年の締めくくりと来年に向けての話が出来ることが大事です。もちろん、4対4の試合をもう一度分析します。この伝統の一戦で良い試合をすることにより努力が報われることにつながるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

ドイツ式フットサル U-16 Keramik-Cup Japan 2012

今年で4回目となるU-16 Keramik-Cup Japan(ケラミックカップ・ジャパン)が仙台で開催された(過去3回は埼玉県の川越水上公園で開催)。優勝チームは、日本代表として、来年で31回目となるドイツ本大会に参加する。過去には、東京のFCトリプレッタ、東京ヴェルディ(2回) が日本代表としてドイツ本大会に参加している。

Keramcup_sonntag166
<2011年、ドルトムント対ヴェルディ東京>

ドイツでは冬のシーズンオフの間に室内で"Hallenfußball(ハーレンフースバル)"という競技が行われている。直訳すると”室内サッカー”。育成年代からアマチュア、プロまで各地域でいろいろな大会が開催される。

ルールはフットサルと同じようにGKを含めた5対5で行うが、フィールドもゴールも少し大きく、コートはアイスホッケーのように1mくらいの壁に囲まれている。壁を超えてボールが外に出ない限りプレーは続行で、激しいボディコンタクトやスライディングタックルもOK。この大会は12分1本勝負。

2010年ドイツ本大会は こちら
2011年ドイツ本大会は こちら
2012年ドイツ本大会は こちら

K5
<尚志高校対盛岡商業>

6チームによる総当たりのグループリーグを行い、上位4チームが準決勝に進出。
グループリーグ結果は以下の通り。

1位:ベガルタ仙台(勝ち点12)
2位:モンテディオ山形(勝ち点10)
3位:聖和学園(勝ち点10)
4位:尚志高校(勝ち点7)
5位:盛岡商業(勝ち点4)
6位:東北高校(勝ち点0)

K3
<取材を受けるジョー>

準決勝:

ベガルタ仙台 3-3(PK2-1) 尚志高校

モンテディオ山形 5-2 聖和学園

K4

決勝:
ベガルタ仙台 4-1 モンテディオ山形

K1
<優勝したベガルタ>

今大会では、思ったよりも激しいプレーが見られた。ただ、ゴール前ではダイレクトで打てるタイミングでコントロールしてシュートチャンスを逃している気がした。あとは、プレッシャーのかかる中での1対1や2対1の局面で、どれだけ冷静に正しいアクションができるか。せっかくのチャンスなのに状況を把握できなかったり焦ってしまったりしていた。実戦の一番大事なゴール前で攻守ともに成果が出せるように、普段の練習からプレッシャーや高い負荷を設定して行うことが大事だと改めて思った。

K2

優勝したベガルタは、1月19日、20日にドイツの本大会に出場が決定。
第31回大会には、ドルトムント、シャルケ、ケルン、メンヒェングラートバッハ、レバークーゼン、カールスルーエ、シュトゥットゥガルト、カイザースラウテルン、1860ミュンヘン、ディナモ・ドレスデン、レッドブル・ライプツィヒ、EGCヴィルゲス、ブレンビー(デンマーク)、オーストリア・ウィーン(オーストリア)、FCバーゼル(スイス)が出場。

本大会HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »