« 日本の常識を捨てろ! - 落合信彦 ① | トップページ | バカの壁 - 養老孟司 »

2012年8月29日 (水)

日本の常識を捨てろ! - 落合信彦 ②

①のつづき

落合信彦

作家・国際ジャーナリスト。アメリカのオルブライト大学、テンプル大学大学院で国際政治を専攻。オイルビジネスに従事した後、ジャーナリストに転身。愛称はノビー。「日本の常識を捨てろ!」は1998年に書かれたもの。

感覚のずれは、日本が依然として村の感覚で物事を判断している結果だ。そのうえ、”おいらの村”というのは、世界中から注目を集めていると思い込んでいる。・・・
マライア・キャリーが来日した時にもあった。記者会見の席で、日本の芸能リポーターが”松田聖子を知っていますか”と、とんちんかんな質問を彼女にした。当然、世界的にはまったく無名の松田聖子のことなど知るわけはないのだが、あまりにその女性レポーターがしつこく質問するので、”松田聖子という名前は聞いたことはあるけれどどんな人なのかは知らないわ”とマライアは答えた」

「世界中のテレビを見てきて、最もテレビの質が悪いのは日本だ。・・・バラエティと言えば聞こえはいいが、なんてことはない。覗き見主義の、ただの内輪受けだ。・・・
はっきり言って、いまのテレビというのは、バカが作って、バカが演出して、バカが見るようになっている。
ときどき、キラリと光る珠玉のような番組はあるが、そういう番組はすぐ消えてしまう。あまりにもレベルが高すぎて、視聴者がついていけず、視聴率がよくないからだ」

「”タレント”という言葉は”タレンテッド・パーソン”から来ていて、”才能ある人間”という意味を持っているのだが、日本のタレントと呼ばれる人たちには才能のかけらもない連中があまりにも多い」

「フルブライトという議員から、”あなた方は、どうして、こういう過激な番組を作るのか”という質問が出た。
これに対してCBS(放送局)の会長が”これはバイオレンスかもしれないが、しかしながら、これを見て犯罪に走る者は数少ない。子供たちにだって、ちゃんと常識があります。こんな番組に影響されるような子どもたちはそんなにいません”と答えた。
するとフルブライトは質問を変えて、”あなた方はよくコマーシャルを流すけれども、なぜ、スポンサーはコマーシャルを出すと思いますか”と聞いた。CBSの会長は、”テレビを通して購買力をそそるということを狙っているからです。それだけ、影響力があるからです”と答えた。
その答えに対してフルブライトは、”それはおかしいじゃないか。さっき言ったことと矛盾している。子供たちにはバイオレンスの影響がないと言いながら、スポンサーが商品を宣伝するのは影響力が強いからというのは、どういうことなんだ”。
CBSの会長は答えに詰まってしまった。
こういうことが日本にはまったくない。何かしようとすると、新聞やテレビが、表現の自由の侵害だとか言って、ギャーギャーわめきたてる。

しかし、一番怖いのは、くだらない番組ばかり流していると、”くだらない番組はけしからん”と、それを口実にマスコミ規制が行われることだ。
たとえば、いまの週刊誌は、名誉毀損に当るような記事をずいぶんと書いているが、政治家がこれを読んで、”だから、週刊誌は駄目なんだ”と言って検閲を始める。こういうことがいちばん怖い。

やはりマスコミの責任というのは大きいということだ。だから、自由、自由と言うけれど、自由以上に、その三倍の責任がのしかかっているということを、マスコミ自体が自覚しなければならないのだ。コマーシャルを出すスポンサーも、”こういうひどい番組にはコマーシャルは出さない”ぐらいの見識が必要だ」

「日本には悪しき習慣というものがたくさんある。人々はそれにがんじがらめに縛られて、自分たちがいかに馬鹿げたことをやっているのか気がつかない。その代表的な例が、ホテルや結婚式場による完璧なコマーシャリズムに乗ってしまった”日本の結婚式”だ。・・・二人の事は二の次で、家族の面子や世間体ばかりを考えるから、いったい誰と誰が結婚するのかぼやけてしまう。

結婚式以外にも、日本の悪しき習慣はたくさんある。葬式の香典返しもそのひとつだが、身内を失った人がなぜ他人にそれほどまで気を使わねばならないのか。世界の常識ではまず考えられないことだ。
それから、毎年恒例の年賀状。・・・毎年会っている人にどうして年賀状が必要なのか。・・・
それから、お中元とお歳暮なども、デパートなどのコマーシャリズムの犠牲になっているにすぎない。・・・
それからバレンタインデー。本来日本人には関係ないものなのに、チョコレート会社が仕掛けたコマーシャルに皆が乗せられてしまっている。ホワイトデーも同じで、本当の意味が分かっている人などまずいないだろう。・・・
それと同じことはクリスマスについても言える。クリスマス商戦にまんまと乗せられる。クリスマスというのは、キリストが生まれた日だから、これは祝うのではなく、敬虔な気持ちで祈念する日なのだ。セレブレーションではなくて、コメモレーションなのだ」

「日本人のブランド志向というのは、成金趣味的なところがある。成金というのは、それがいい悪いに関係なく名が知られているから手に入れようとする。そのブランドを持つことによって、自分も少しは大きな人間になれると思い込んでしまうらしい。
しかし、ブランド物は、それにふさわしい人が持って初めて生きるものだ。・・・若者でブランド志向というのは、世界広しといえども韓国と日本だけだ。女子高生がシャネルを着てもおよそ似合うはずがない。・・・シャネルやエルメスなどのブランド物を、まだ尻が青いガキが着てもただ滑稽に映るだけだ。こういう中学生や高校生は成長しても結局、ブタ女になる。メンタル・メイク・アップが完全にその方向に向いているからだ。そして、大人になってからもブランド志向はやまないだろう。しかし、ブタはタキシードを着てもブタなのだ

「日本国内では通用していることでも、他国へ行ったら通用しないこともたくさんある。たとえば、日本人の騒々しさはイギリスでは嫌われる。日本人というのは二人では騒がないが、三人以上になると大きな声でギャーギャー騒ぎ出す。・・・いちばん困るのは、アルコールの入ったときのラウドネスというか喧騒・騒がしさだ。飛行機の中で酔っ払って騒いでいるのは日本人だけだ」

「飛行機や電車の中で子供が騒いだり泣いたりしていても、知らん顔をしている母親や、ホテルを走り回っている子供を注意するマネージャーを睨みつけたりするお母さんがいる。”子供のすることだから仕方がない”と言うかもしれないが、それは大きな間違いだ。・・・
子供と言うのは、ルソーが言ったように、”気高い野蛮人”なのだ。ソーシャル・コントラクトも知らないし、社会のルールも知らない。それを教えていくのが親の役目であり、教育なのだ」

「私はアメリカ人や中国人とよく歴史的な事柄について、ホットな議論をするが、そういう時よく嫌味を言われることがある。”おまえは日本人じゃない”と。私はニヤッと笑って、”お前の考える日本人というのは、どういう日本人なんだ”と聞き返す。すると、”曖昧で、何を言われても黙っていて、自己主張しないのが日本人だ”という答えが返ってくる」

「(日本人の)付和雷同性を評して、よくアメリカ人が言うジョークに次のような話がある。
船が沈みかけていて、何人かが海に飛び込まないと船は沈んでしまう運命にある。船長が、”自由と平等と博愛のために”と言うとフランス人が海に飛び込む。”ユニオンジャックと女王陛下のために”と言うとイギリス人が飛び込む。”民主主義を守るために”と言うとアメリカ人が飛び込む。そして最後に残った日本人には、”さあ、皆が飛び込んでいますよ。一緒に飛び込みましょう”と言えば十分だと」

「民族的に言うと、ユーモアをいちばん解するのはユダヤ人と黒人と言われる。・・・アメリカ社会でいちばん虐げられている民族が、最もユーモアのセンスがあるというのは皮肉に思われるが、実はそうではない。虐げられるからこそ、ユーモアのセンスがなければ生きてゆけないのだ

|

« 日本の常識を捨てろ! - 落合信彦 ① | トップページ | バカの壁 - 養老孟司 »

Hobbies (本、映画、音楽、名言など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/47250562

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の常識を捨てろ! - 落合信彦 ②:

« 日本の常識を捨てろ! - 落合信彦 ① | トップページ | バカの壁 - 養老孟司 »