« 不動智神妙録 - 沢庵 | トップページ | カーンがドイツ代表に喝! »

2012年6月28日 (木)

ドイツサッカー協会のEURO2012分析

ドイツサッカー協会HPより。俺のドイツの先生、ベルント・シュトゥーバーのインタビュー。

144c73f79e

Q:シュトゥーバーさん、今回のユーロでどのチームが一番あなたを驚かせましたか?

シュトゥーバー(S):はっきり言うとありません。今のところ突出したチームを見ていません。ベスト8に残ったすべてのチームはまだ上に行く力を持っています。KOラウンドでの試合に期待しています。

Q:そうかもしれませんが、印象に残った良い試合はありましたか?

S:1試合を通して見たら、ほとんどありません。個人的には、イタリア対スペインの試合がグループステージでベストでした。常に何かが起こる感がありました。

Q:どのチームに最も失望しましたか?

S:良いスタートを切ったロシアにはもっと期待していました。彼らは試合ごとに分裂していき、1・2点の(ミスによる)ゴールを自分たちのために決めていればよかったでしょう(笑)

Q:オランダの結果に関してはどうですか?

S:オランダが勝ち点0で帰国することは、誰も考えていなかったでしょう。一方で、このグループの組み合わせは、楽なものではありませんでした。どのチームもすべての試合で勝つ可能性がありました。このことは各試合で見ることができました。

Q:今大会のトレンドを発見することができましたか?

S:いいえ。ワールドカップ2010とEURO2008のトレンドがまだ見受けられます。あるとしてもせいぜい小さなことになるでしょう。

Q:何か挙げてもらえますか?

S:ワールドカップ2010と違うところは、フォワードの選手が再び多くの点をとっていることです。南アフリカでは、クローゼとヴィジャ以外では、攻撃的な中盤の選手が多く点を決めていました。また、試合を決定づけるカウンターの数が減りました。多くのチームがカウンターに対して対応できています。

Q:素早いカウンターと言えば、ドイツはワールドカップで素晴らしいパフォーマンスでした。なぜ今回はあまり見ることができないのでしょうか?

S:その通りですね。2010年の時、われわれは敵の準備できていないディフェンスラインを素早いカウンターで攻撃しました。今回このようなプレーが見れていないのは、たぶん、ドイツがよりリスペクトされる立場になり、ドイツに対してさらにディフェンシヴに戦ってくるチームが増えたからでしょう。今のところ、われわれにはスペースが足りていません。

Q:ドイツのディフェンスがより固くなっている気がします。

S:その通りです。大会前にディフェンス面を心配する声がありましたが、グループステージを終えて解決されたと思います。われわれの戦術はディフェンスの選手にとって簡単ではありませんが、ピンチを作られた回数はわずかです。

Q:グループステージで他のチームの印象は?

S:グループステージを問題なく突破できそうだったのは2、3チームでした。ドイツ以外に挙げるならスペインです。彼らはいつものシステムで試合をしていますが、今年は少し効果的なプレーに欠けています。

Q:どういうことでしょうか?

S:サッカーは成功を目指すスポーツです。というのは、ピッチで行う行動は、得点や失点の阻止につながるべきです。スペインに関して、私は、長いボールポゼッションとパス回し自体が目的になってきている気がします。健全なバランスを見つけることが重要です。ボールを保持しつつも、目的を考えてプレーすることです。

Q:どのコーチがまだ分析活動をしていますか?

S:初めにいた12人のうち8人がまだ残っています。Ralf Peter, Frank Wormuth, Paul Schomann, Eric Ruthemöller, Marcel Lucassen Rainer Adrian, Chiristian Ziegeと私です。

Q:分析は今後どのようになっていくのですか?

S:準決勝を見終わった後、フランクフルトに集まり結果を集計します。EUROが終ったあと、最終分析が発表されます。最初のプレゼンテーションは、7月終わりに行われるBDFLのカンファレンスです。ドイツサッカー協会のNobert Viethが結果を集計し冊子が作られます。特徴的な試合場面をいれたDVDも作る予定です。

Q:これまでの分析でドイツにチャンスはありますか?

S:グループリーグの戦いは素晴らしかったです。しかし、まだレベルアップできるところがあります。7月1日までドイツ代表の分析ができることを期待しています。

6b4b2a293c

|

« 不動智神妙録 - 沢庵 | トップページ | カーンがドイツ代表に喝! »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

International Football (世界のサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/45935737

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサッカー協会のEURO2012分析:

« 不動智神妙録 - 沢庵 | トップページ | カーンがドイツ代表に喝! »