« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の4件の記事

2012年2月20日 (月)

葉隠入門 - 三島由紀夫

プロローグ 「葉隠」と私

 若い時代の心の伴侶としては、友だちと書物とがある。しかし、友だちは生き身のからだを持っていて、たえず変わっていく。・・・書物もある意味ではそのようなものである。・・・しかし、友だちと書物との一番の差は、友だち自身は変わるが書物自体は変わらないということである。・・・われわれはそれに近づくか、遠ざかるか、自分の態度決定によってその書物を変化させていくことができるだけである

・・・ここにただ一つ残る本がある。それこそ山本常朝(やまもとじょうちょう)「葉隠(はがくれ)」である。戦争中から読みだして、いつも自分の机の周辺に置き、以後二十数年間、折りにふれて、あるページを読んで感銘を新たにした本といえば、おそらく「葉隠」一冊であろう。わけても「葉隠」は、それが非常に流行し、かつ世間から必読の書のように強制されていた戦争時代が終わったあとで、かえってわたしの中で光を放ちだした。「葉隠」は本来そのような逆説的な本であるかもしれない。戦争中の「葉隠」は、いわば光の中に置かれた発光体であったが、それがほんとうに光を放つのは闇の中だったのである

・・・(戦後)当時この一冊の本(葉隠)は、戦時中にもてはやされたあらゆる本と同様に、大ざっぱに荒縄でひっくくられて、ごみための中へ捨てられた、いとうべき醜悪な、忘れ去らるべき汚らわしい本の一つと考えられていたからである。かくて「葉隠」は時代の闇の中で、初めてそのほんとうの光を放ち出した。
 わたしが戦争中から「葉隠」に感じていたものは、かえってその時代になってありありとほんとうの意味を示しはじめた。これは自由を説いた書物なのである。これは情熱を説いた書物なのである。「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」という有名な一句以外に「葉隠」をよく読んだことのない人は、いまだに、この本に忌わしいファナティックなイメージを持っている。しかし、「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」というその一句自体が、この本全体を象徴する逆説なのである。わたしはそこに、この本から生きる力を与えられる最大の理由を見いだした。

Img_0668_2

一 現代に生きる「葉隠」

 戦後二十年の間に、日本の世相はあたかも「葉隠」が予見したかのような形に移り変わっていった。日本にもはや武士はなく、戦争もなく、経済は復興し、太平ムードはみなぎり、青年たちは退屈していた。「葉隠」は前にもいったように、あくまでも逆説的な本である。「葉隠」が黒といっているときには、かならずそのうしろに白があるのだ。・・・それやこれやを考えると、現代には、「葉隠」というあの厳しい本の背後に広がっていたその本の内容とは反対の世相、いかなる時代にも、日本人が大変の世に対して示す反応と同じ反応が広がっていた。

・・・この書物を読んでいくときには、まず武士であるかないかという前提の違いが当然問題になる。そして、その前提の違いを一度とび越して読んでいけば、そこにはあらゆる人生知や、現代でも応用できるさまざまな人間関係に関する知恵が働いている。・・・

・・・しかし、死だけは、「葉隠」の時代も現代も少しも変わりなく存在し、われわれを規制しているのである。その観点に立ってみれば、「葉隠」の言っている死は、何も特別なものではない。毎日死を心に当てることは、毎日生を心に当てることと、いわば同じことだと言うことを「葉隠」は主張している。われわれはきょう死ぬと思って仕事をするとき、その仕事が急にいきいきとした光を放ち出すのを認めざるをえない。
 われわれの生死の観点を、戦後二十年の太平のあとで、もう一度考えなおしてみる反省の機会を、「葉隠」は与えてくれるように思われるのである。

二 「葉隠」四十八の精髄

『「葉隠」はこれを哲学書と見れば三大特色を持っている。一つは行動哲学であり、一つは恋愛哲学であり、一つは生きた哲学である。・・・「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」は第一段階であり、「人間一生誠にわづかの事なり。好いた事をして暮らすべきなり。」という理念は、その裏であると同時に奥義であり、第二段階なのである。「葉隠」は、ここで死と生とを盾の両面に持った生ける哲学としての面を明らかにしている』

3 デリカシー
『忠告は無料である。われわれは人に百円の金を貸すのも惜しむかわりに、無料の忠告なら湯水のごとくそそいで惜しまない。しかも忠告が社会生活の潤滑油となることはめったになく、人の面目をつぶし、人の気力を阻喪させ、恨みをかうことに終わるのが十中八、九である。常朝はこのことをよく知っていた。・・・そこには、人間心理についての辛辣なリアルな観察の裏づけがあるのであって、常朝はけっして楽天的な説教好き(人間性にもっとも無知な人びと)の一人ではなかった』

5 寛容
『あくまでも明快な行動、豪胆な決断を目標とした葉隠哲学は、重箱の隅をほじくるような、官僚的な御殿女中的な倹約道徳とは無縁であった。そして、その思いやりの延長上におのずから、見のがし、聞きのがしという、生活哲学を持ち出している。そして見のがし、聞きのがしという生活は、かた苦しい倹約哲学の裏側にあって、いつも日本人の心に生きていたものであった。現代では、見のがし、聞きのがしの度が過ぎて、すべて見のがし、聞きのがしのほうがもとになってしまったことから、「黒い霧」といわれるまでの道徳的腐敗が惹起されることになった。それは寛容ではなくて、ただルーズだけというだけだ』

9 世間知
『プロスペル・メリメがかつて言ったが、”小説家というものはどんな小さいものにも理論を持っていなければならない。たとえば手袋一つにも理論を持っていなければならない。”小説家に限らず、われわれは生き、生を享楽する側面では小さな事柄にも常に理論を持ち、判断を働かせ、決断をくだしていかなければならない。・・・あるイギリス人にとっては、自分は紅茶茶わんに先にミルクを入れて、あとからお茶を入れるべきであるにもかかわらず、もし人が先に紅茶を入れて、あとからミルクを入れれば、自分のもっとも重大な思想を侵される第一歩と考えるにちがいない。常朝が言っている「小事の思案は重くすべし。」というのは、アリの穴から堤防が崩れるように、日常坐臥の小さな理論、小さな思想を重んじたことと考えられる』

10 準備と決断
長い準備があればこそ決断は早い。そして決断の行為そのものは自分で選べるが、時期はかならずしも選ぶことができない。・・・「葉隠」は、そのような準備と、そして向こうから運命がおそってきた瞬間における行動を、あらかじめ覚悟し、規制することに重点を置いている』

12 酒席の心得
日本人の酒席の乱れは国際的に有名である。・・・しかし「葉隠」は、あらゆる酒の席を晴れの場所、すなわり公界と呼んでいる。武士はかりにも酒のはいった席では、心を引き締めていましめなければならないと教えている。・・・しかし「葉隠」がこのように言っているのは、これと反対の事例が、いま同様いかに多かったかを証明するものでしかない』

15 子供の教育
父親は疎外され、父親と息子との間における武士的な厳しい伝承の教育は、いまや伝承すべき何ものもないままに没却されてしまい、子供にとってすら父親は、ただ月給を運ぶ機械にすぎなくなり、なんら精神的なつながりの持たれないものになってしまった』

18 男と鏡
『「葉隠」がここに言っている人間の、あるいは男の顔の理想的な姿、「うやうやしく、にがみありて、調子静かなる」というのは、そのまま一種の男性美学といえる』

44 エゴティズム
『エゴティズムはエゴイズムとは違う。自尊の心が内にあって、もしみずから持すること高ければ、人の言行などはもはや問題ではない。人の悪口をいうに及ばず、またとりたてて人をほめて歩くこともない。そんな始末におえぬ人間の姿は、同時に「葉隠」の理想とする姿であった』

48 時間の効用
『「身養生さへして居れば、終には本意を達し御用に立つ事なり。」という、もっとも非「葉隠」的な一句を語るのである。彼にとって身養生とは、いつでも死ねる覚悟を心に秘めながら、いつでも最上の状態で戦えるように健康を大切にし、生きる力にみなぎり、100パーセントのエネルギーを保有することであった。ここにいたって彼の死の哲学は、生の哲学に転化しながら、同時になお深いニヒリズムを露呈していくのである』

三 「葉隠」の読み方

 日本人は、死をいつも生活の裏側にひしひしと意識していた国民であった。しかし日本人の死の観念は明るく直線的で、その点、外国人の考えるいまわしい、恐るべき死の姿とは違っている。中世のヨーロッパにおける大きな鎌を持った死神の姿は、日本人の脳裏にはなかった。・・・

 われわれは西洋から、あらゆる生の哲学を学んだ。しかし生の哲学だけでは、われわれは最終的に満足することはできなかった。また、仏教の教えるような輪廻転生の、永久に生へまたかえってくるような、やりきれない罪に汚染された哲学をも、われわれは親しく自分のものとすることができなかった。「葉隠」の死は、何か雲間の青空のようなふしぎな、すみやかな明るさを持っている。・・・

われわれは、運命と自分の選択との間に、ぎりぎりに追いつめられた形でしか、死に直面することができないのである。・・・問題は一個人が死に直面するというときの冷厳な事実であり、死にいかに対処するかという人間の精神の最高の緊張の姿は、どうあるべきかという問題である。・・・

「図に当らぬは犬死などといふ事は、上方風の打ち上りたる武士道なるべし。二つ二つの場にて、図に当ることのわかることは、及ばざることなり。」図に当たるとは、現代のことばでいえば、正しい目的のために正しく死ぬということである。その正しい目的ということは、死ぬ場合にはけっしてわからないということを「葉隠」は言っている。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

葉隠 - 山本常朝

山本常朝(やまもとじょうちょう)

徳川家綱時代、1659年佐賀に生まれる。佐賀藩鍋島家に仕えた武士。42歳に出家する以前の名前の読み方は「やまもとつねとも」。
武士の心得などについて語ったことを田代陣基が6年かけて書き取り、1716年に全11巻からなる「葉隠(はがくれ)」としてまとめられる。「武士道と云うは死ぬここと見付けたり」という有名なフレーズから表面的に死の哲学と思われがちだが、コラムのようにさまざまなテーマに関する話や逸話が膨大にあり、生活や仕事、政治などいろいろなことに通じる書。海外でも広く読まれている。

Img_0667

「鍋島藩の御家来であるからには、まず、わが藩の歴史や伝統について知る必要があろう。このごろはわが藩の歴史や伝統を学ぶことが欠けているようである。・・・多くの武士たちが、自分の職務に興味を示さないで他人の仕事の方に関心を示し、勘違いをしてさんざんに間違いをしでかしている。
・・・小利口な連中が世間のことも知らないで、いかにも知恵ありげに振舞って目新しいことを考え出し、殿のお気に入り、でしゃばって何もかも悪くしてしまうのである

「すべて修行というものは、俺以上の者はないと思い上がるほどでなければ役に立たないものだ

「武士道とは死ぬことと見つけたり。・・・毎朝毎夕、心を正しては、死を思い死を決し、いつも死に身になっているときは、武士道とわが身は一つになり、一生失敗を犯すことなく職務を遂行することができるのだ。・・・誰もが死ぬと知ってはいるが、ほとんどの人間が死んでしまった最後に自分が死ぬように思って、それが今にもやってくると考えていないのである。・・・その日その日を最後と思い定めて、念を入れ、主君のおためと思い、ただお役目大切に心がけておれば間違いはない」

「身なりについて格別な心づかいをするということは、いかにも外見を飾るようであるが、これは何も数寄物を気取っているのではない。今日は討死か今日は討死かと、いつ死んでもよい覚悟を決め、もしぶざまな身なりで討死するようなことがあれば、平素からの覚悟の程が疑われ、敵からも軽蔑され、卑しめられるので、老人も若者も身だしなみをよくしたものだ」

今という時が、いざという時である。いざという時は、今である。その今と、いざという時とを二つに分けて考えているから、いざという時の間に合わない。・・・畳の上にいても武勇の働きができるものでなくては、戦場へ送り出すことができぬ」

「古人の言葉に『七息思案(しちそくしあん)』ということがある。隆信公は『よい思案も、長くかかっては腐ってしまう』と言われた。直茂公は『何事につけても、手間がかかって遅いのは、十のうち七つはよくないことだ。武士は何事も手っ取り早くするものだ』と言われたそうだ」

大雨の際の戒めということがある。途中でにわか雨にあって、濡れまいとして道を急いで走り、軒下などを伝って歩いても、濡れることに変わりはない。はじめから覚悟を決めて濡れたときは、不愉快な思いはしない。いずれにせよ濡れるのだ

物知りと言われる人々の道を知らぬことは、東へ行くはずの者が西へ行くようなものである。物を知れば知るほど道から遠ざかってしまう。そのわけは、昔の聖賢の言葉や行いを書物で見て覚えたり、人の話で聞いて覚えたりして、いかにも見識を高くして、自分も聖賢と同じになったようなつもりになり、一般の人を虫けらのように見下すからである。そもそもこれが道を知らぬということである」

「たのもしいというのは、万事調子よくいっているときは来ないで、人が落ち目になって難儀をしているようなときに、こっそりやってきて頼りになるのがたのもしいというのだ。そうした心の持ち主は、きっと剛の者である」

「すべて芸能の修行は、武道の奉公のためにしようと心に決めてするならば役に立ってよいものだ。しかしたいていの場合、武芸そのものが好きになってしまう。学問などというものはとりわけその危険がある」

「少し魂の入ったものがあるかと思うと、利欲を離れようとして奉公をする気が消極的で、世捨人のように『徒然草』や『撰集抄』などを読みふけっている。兼好や西行などという人は、腰抜けの臆病者だ。武士としての働きができないから、間抜けたふうをして見せているのだ。・・・卑しくも侍ならば、名誉や利益の争いのまっただなかは言うにおよばず、地獄のまっただなかでも恐れず飛び込んで、主君のお役に立たなければなるまい」

「気が強くて頭の働きの鋭い主君に対しては、自分の存在が主君の気になるように仕向け、『このことをあの者が聞いたらなんと考えるだろうか』と思われるようになることが大切な忠義というものである。こうした人間が一人もいないときには、主君は御家中の者を軽視され、どれもこれも腰抜けどもだと思われ、高慢な心にもなる」

智とは、人と相談するだけのことである。これが計り知れない智なのだ。仁は、人のためになることをすればよい。自分と他人を比較して、いつも他人がよいと思うようにしてやりさえすればそれですむ。勇は、歯をくいしばることだ。前後のことを考えないで、ただ歯をくいしばって突き進んでゆくまでのことである」

「人に親切をつくすのは、自分がやったことだと相手に知られないようにし、主君へは他人の眼にそれとわからないような奉公をするのが本物である。・・・仇を恩で返し、つねに陰徳を心がけて、陽報に心を奪われないようにすることだ」

「金銀は人から借りることもできる。しかし人材はすぐには得られないものだ」

「『その方は、頭のよさがすべて外に表れて、奥ゆかしいところがない。少し鈍になって、十のものを三つか四つくらい内に隠しておくことはできまいか』と言ってやったところ『それはできません』と申していた。・・・知恵や頭の鋭さほど、鼻持ちならぬものはない。第一に人が信用せず、心を許した交際ができないものだ。・・・知恵のある人間は、真実の行いも、真実でない行いも、知恵で組み立てるから、すべて理屈をつけて通用すると思っている。これが知恵の害になるところだ。何事も真実でなければ値打ちがない」

「勝茂公はいつも『奉公人には四つの型があるものである。それは急だらり・だらり急・急々・だらりだらりの四つである。”急々”は、用事を言いつけたときもよく承知して、物事をよくすませる者である。”だらり急”は、用事を言いつけたときには気が利かないが、しかし物事を手早くすませ、上手に始末するものである。”急だらり”は、呑み込みは早いが、さて用事を果たすとなると、時間がかかってのびのびとなってしまうものである。これはかなり多い型だ。それ以外のものは、すべて”だらりだらり”と言ってよかろう』と仰せられたということである」

聖君とか賢君とか呼ばれる立派な君主は、よく諫言を聞き入れられるというだけのことである。そうすれば、家中の者たちは一生懸命になって、何かよいことを申し上げてお役に立たなければならないと思うようになるので、お家が安泰になるのである」

「世の中には教訓をする人は多い。しかし、その教訓を喜んで聞く人は少ない。まして、そうした教訓に従う人はさらに少ない。間三十歳を超えると教訓をしてくれる人もなくなる。教訓の道がふさがって自分勝手になるので、一生涯非を重ね、愚を増して、けっきょくつまらぬ人間で終わるのだ

「はじめからその地位にあった人よりも、下から上がってきた人のほうに対して、その徳を尊び、さらに崇敬するのが当然である

水があまりに澄んでいるところには魚が住まないという諺がある。・・・少々くらいのことは見のがしたり、聞きのがしたりして咎めない方が、下々の者は安らかに暮らしてゆけるのである。人の品行なども、この心得がなければなるまい」

「『義経百首軍歌』のなかに『大将は、人に言葉をよくかけよ』というのがある」

「少し知っていることには、物知り顔をするものだ。未熟なことである。しかし十分に知っていることに、素振りにも見せないのは、いかにも奥ゆかしいものだ」

「武士のこどもには一般と違った育て方があるものだ。まず、幼いときから勇気をつけ、かりそめにも、おどしたり、だましたりすることがあってはならない。たとえ幼少のときでも、臆病な気持ちがあれば、それは一生のキズになる。・・・また、幼いときに強く叱ると内気な性質になってしまう。・・・仲の悪い夫婦の間に育った子供は不孝者になるというが、当然のことだ。鳥や獣でさえ、生れ落ちてからいつも見たり聞いたりすることで、その性質が決まってくるのだ。・・・とかく母親というものはただむやみに子供を可愛がって、父親が意見をすると、子供のひいきをし、いつも子供の側についてしまうので、子供と父親は不和になってゆくのである」

「大災難・大変事に出会ってもまごつかないというのでは、まだ十分ではない。大変事に出会ったときには喜び勇んで進んでゆくべきである。これが一つの関門を通り抜けた境地だ。『水が増してくると、船もそれだけ高くなる』というようなものである」

分からないことのなかには、分かるようにしてあるものもあり、また自然と分かることもあり、どうしても分からないこともある。それがおもしろいことだ」

「幸せなときは、自慢と奢りに気をつけなければならない。・・・よいときにはずむ者は、調子が悪くなるとすぐにへこたれてしまう

「ある剣の達人が老後に次のようなことを申されたそうである。『人間一生のあいだの修行には順序というものがある。下の位は、修行してもものにならず、自分でも下手と思い、他人も下手と思う。これではものの役には立たない。中の位は、まだ役には立たないが、自分の不十分さがよく分かり、他人の不十分なところも分かるものである。上の位は、すべてを会得して自慢の心も出て、人が褒めるのを喜び、他人の十分でないところを嘆くという段階である。ここまでくれば役に立つ。その上の上々の位になると、知らぬ顔をしている。しかし、他人も上手だということをよく知っている。だいたいはこの段階までである。
この上をさらに一段とび越すと、普段では行けない境地がある。その道に深く分け入ると、最後にはどこまで行っても終わりはないということが分かるので、これでよいなどと思うことができなくなる。自分は不十分だということを深く考えていて、一生これで十分だと思うこともなく、また自慢の心も起こさず、卑下する心もなく進んでゆく道である。
柳生殿は”人に勝つ道は知らず、われに勝つ道を知りたり”と申されたそうである。今日は昨日より腕があがり、明日は今日より腕があがるというふうに、一生かかって日々に仕上げるのが道というもので、これも終わりがないのである』」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

逆に、アレンを来襲

ドブリ・デーン。
2003年から2004年まで住んでいたプラハを、約8年ぶりに再び訪問。当時知り合ったアレンを訪ねた。俺がドイツにいる時は、何回かアレンがドイツに来てくれた。前回の来襲は2009年。

Img_0391

プラハ空港までアレンが迎えに来てくれた。マイナス15度。めっちゃ寒い。

Img_0404

アレンと昔よくいった場所を回る。
モルダウ川にかかるカレル橋。後ろはプラハ城。昔うろついた場所。寒くて耳が取れそう。

Img_0414

昔よく通ったカフェ、ボヘミア・ベーグル。

Img_0416

昔よく通ったラテンバー、ラ・カサ・ブルー。

Img_0392

アレンの家で、アレンの大好物ホットチョコレートを作ってもらう。アメリカ人と日本人のハーフであるアレンは、オランダ、ベルギー、チェコでサッカーをし、現在はチェコでコーチをしている。

Img_0450

久々の地下鉄。

Img_0425

大通り。街中ではWiFiはほぼどこでも無料で使える。カフェやレストランではパスワードを教えてくれて自由に使える。

Img_0447

昔は1本1コルナだったパン。値上がりしている。1コルナは4円くらいだった。コリック・ト・ストイー?

Img_0432

昼飯。ドブリ。

Img_0430

がっつくアレン。ポチケイ。

また近いうちに、日本かドイツかチェコかどこかで。
ジェクユ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

ドイツA級コーチライセンス講習 テスト

2週間の講習が終わって、テストの日程が発表された。29人の参加者の筆記試験、口答試験、グランドでの指導を3日間に振り分けて行う。

A8

ケルンでコーチをしている参加者がチケットを用意してくれたので、テスト勉強の合間に、参加者何人かでブンデスリーガの試合をケルンまで観にいった。シャルケとのダービー。講習で習ったことを復習するよい機会になった。

Img_0387
<ケルンのスタジアム>

前半、ポドルスキーのゴールで先制したケルン。ポドルスキーはケルンの全得点の75%に関わっている。後半にシャルケが4点とり、試合は1-4で終了。ポドルスキーがこの試合で負傷し、翌日にはチョンテセの入団が決まった。

Img_0367
<テスト日程>

テスト初日は全員で筆記試験。トレーニング理論、ある試合シチュエーションの攻守のバリエーション解説、チーム戦術のトレーニングメニュー説明などが出題された。

口答試験では、まず試合のある場面をビデオで見て、それに対して先生たちと会話を進めていく。俺のテーマは、ビルドアップのシチュエーション。問題点を指摘してから、ビルドアップ改善のためのトレーニングメニュー、普段自分が使っているフォーメーションの特徴とどのようにビルドアップするかなどを話した。

Img_0388
<グランドでのコーチング>

グランドでの指導は、担当コーチが残りの参加者を使ってトレーニングを行う。これまでは外部のユースチームや大人のチームをテストに呼んでいたが、Aライセンスではチーム戦術をメインに行っているので、ある程度コンセプトを共有している参加者が選手役になった。29人がそれぞれ20分ほど行った。日によっては、選手役として3時間ぶっ続けでプレーした。「日本では6時間練習するから大丈夫だろ?(笑)」byシュトゥーバー先生

Tak
<テストをシミュレーション>

俺の課題は「4-4-2(中盤はダイアモンド)に対する中盤でのプレッシング」。自チームのフォーメーションを4-4-2(中盤はフラット)に設定した。どの場所でどの選手がプレッシングをかけに行くのかをグランドで状況を見極めてコーチングしなければならない。

Praxis
<指導実践用紙>

他の参加者の課題:


・4-3-3に対する自陣でのプレッシング
・4-3-3に対する4バックのトレーニング
・すばやい切り替え後のゴールチャンスメイク
・4-2-3-1のサイドアタックの改善
・4-4-2(ダイアモンド)の中央の攻撃の改善
・4-2-3-1のビルドアップの改善
・中盤でのプレッシングと状況に応じてフォアチェッキング
など

Imgp3010
<全員合格>

最終的に29人全員が合格。いろいろなことを学んで、いろいろな人とコンタクトを作ることができた。

「よいコーチかどうかを決めるのは我々(先生)ではない。グランドでその力を発揮してほしい」 by シュトゥーバー先生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »