« U-17ドイツ室内サッカー大会 Keramik-Cup 2012 最終日 | トップページ | ドイツA級コーチライセンス講習 テスト »

2012年1月31日 (火)

ドイツA級コーチライセンス講習 後半

昨年末に引き続き、1月下旬から再びドイツのA級コーチライセンス講習に参加した。これまでの講習は2週間の講習と3日間のテストを一気に行っていたが、今回から前半と後半の間に1か月以上休みができたので、その間に前半で習ったことをいろいろ試すことができる。移動の手間は増えるけど、後半の講習によりレベルアップして参加できる。

A3
<グランドでの講習>

講習は引き続きシュトゥーバー先生とペーター先生の授業を中心にグランドと教室で行われる。2人とも代表や育成年代代表などに関わったり指導本などを作ったりし、選手育成やコーチ育成面でドイツサッカーに大きく貢献している。人間的にもとても良い人たち。

前半に続き「サッカーは素晴らしいもの」をモットーに、ポジティヴな雰囲気で講習は行われた。また、「サッカーは俺が発明したものじゃない」と先生たちも言っているように、いろいろな考え方や経歴が尊重された。もちろんトレーニングはガチンコで行われるし、コーチに対する要求も高い。

A2
<ペーター先生による指導>

基本的に講習の教科書のようなものはない。前半に出されたテーマを4つのグループに振り分け、担当グループが教室でのプレゼンとグランドでのデモを行う。先生のアドバイスやクラスで意見交換をしながら、担当グループがレポートをまとめて、最後にみんなに配布する。講習の中身を濃くするも薄くするも自分たち次第。

プレゼンは、テーマに関する重要な点やシチュエーション別における攻守の対応の仕方、ウォーミングアップや導入トレーニング例などを説明し、試合の映像なども取り入れる。
Aライセンスで扱うことはチーム戦術なので、グランドでのトレーニングは基本的には8対8以上の数的同位で行われる。

A5
<スポーツ心理学の授業>

グループ1:

陣形の整った敵に対する攻撃
- ゴールチャンスメイク(サイド、中央)
- 4-4-2(フラット、ダイアモンド)

グループ2:
さまざまなシステムにおけるチーム戦術(守備)
- 異なった高さでのプレッシング
- 中盤でのプレッシングから状況に応じてフォアチェッキング(敵の中盤がフラット)
- 中盤でのプレッシング(敵の中盤がダイアモンド)
- 1トップ、2トップの対応

A1
<シャルケでコーチをしているゼバスティアン>

グループ3:

a) ビルドアップ
b) 陣形の整っていない敵に対する攻撃
- 素早い切り替え
- カウンターでのゴールチャンスメイク

グループ4:
さまざまなシステムの敵に対する4バックを用いた守備
- 4バックの高さ
- 自チームの中盤がフラットかダイアモンドか
- 2トップやトップ下の対応
- カウンターの対応
- 対バルサ

A9
<フランクとトビー。最終日はマイナス15度>

4つのテーマ以外に、セットプレー、トレーニング理論、トレーニングスケジュール、スポーツ心理学などの授業も行われた。

Img_0359
<1日の締めくくり>

午前午後の授業が終わり夕食を取ったら、施設内のスポーツバーに集まる。3人組でグループ作業をして、終わったところから雑談をしたりサッカーの試合を見たり。

2週間の講習を終えてこのあと3日間の試験に入る。

|

« U-17ドイツ室内サッカー大会 Keramik-Cup 2012 最終日 | トップページ | ドイツA級コーチライセンス講習 テスト »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/44156457

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツA級コーチライセンス講習 後半:

« U-17ドイツ室内サッカー大会 Keramik-Cup 2012 最終日 | トップページ | ドイツA級コーチライセンス講習 テスト »