« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の3件の記事

2011年12月31日 (土)

五輪書 - 宮本武蔵 (火・風・空之巻)

Img_0193
<宮本武蔵肖像>

火之巻


・・・一人で十人に勝つ道理も、千人をもって万人に勝つ道理も、何の違いもないのである。

・・・自分こそが道を極めるのだと、固く決意して、朝に夕に鍛錬して、武芸を磨きつくしてのちに、ひとりでに自由に動き、おのずから特別な力量をさずけられ、不可思議と思えるほどの神通力を持つことができるようになるのである。

場の次第ということ
 その場の状況を見分けることが大切である。たとえば、戦う場所において太陽を背負って立つという原則がある。・・・難所においては、敵に場を見せるなといって、敵に顔を動かして周囲を見る余裕を与えず、油断なく追いつめていくのである

三つの先ということ
 一つは、自分のほうから敵へかかっていく場合の先手の取り方、これを「懸の先」という。
 一つは敵から自分のほうへかかってくる場合の先手の取りかたで、これは「待の先」という。
 一つは自分もかかっていき、敵もかかってくる場合の先手の取りかたで、これを「体々(たいたい)の先」という。

枕をおさえる
敵が打とうとするならば、その「う」という字のかしらをおさえて、後の攻めを許さない呼吸

渡を越す
難所を乗りきる

剣を踏む
体、心、太刀で踏みつけて、二度目を敵に打ち出させない

崩れを知る
崩れる間を取り逃がしては、また盛り返すこともある

四手をはなす
互いに張り合う状態から、これまでのいきさつを捨てて、敵の意表を突く

陰を動かす
敵の心がわからないとき、強くしかけるように見せて、敵の手段を見破る

移らせる
眠りやあくびなども移り、ときが移るということもある。ゆったりと構えて、敵のたるむ瞬間をとらえて、強く速く先手を取って勝つ。酔わせるといって、これに似たことがある

角にさわる
敵の体の角に傷を負わせると、その体が次第に弱まっていく

山海の変化
同じことを二度するのは止むを得ないが、三度とするものではない。敵が山と思えば海としかけ、海と思えば山と意表をついて仕掛ける呼吸

鼠頭午首

そとうごしゅ。些細なことに気を取られている状態から、がらりと大局をみる大きな心になって、大が小にとってかわること

将は卒を知る
自分の敵であるものを、すべて自分の部下と考え、自分の意図のままに従わせることができるものと心得、敵を自由にあやつる。我は将であり、敵は卒である

つかをはなす
無刀でも勝つ呼吸があり、太刀を持ちながらも太刀では勝たない法もある)

巌(いわお)の身
ものに動ぜぬ心、ものに動ぜぬ姿勢

風之巻

・・・長さに頼って遠くから勝ちを得ようとするのは、心の弱さのあらわれである。・・・自分の二天一流においては、そのように片寄っていて、器量な考えを嫌うのである

・・・昔からの先例とか、今の世の法などとして、定まった規則を作ることは、勝負の道にはあることではない

・・・構えるというのは、先手を待っている状態である。・・・したがって、自分の流儀においては、有構無構といって、構えはあって構えはないといのである。

・・・どこかに目を付けようとすれば、それに惑わされて、兵法の妨げとなるものである。・・・ものに慣れるということによって、いちいち、目で見ている必要がないのである。・・・兵法の目付けは、相手の心に付ける目こそが大切である。

・・・飛び足には飛ぶための初発の動作が必要であり、いったん飛ぶと方向を自在に変えられない・・・ふだんの道を歩むように、・・・足りなくもなく、余ることもなく、足取が乱れないようにすべきである。

・・・速いというのは、物事に拍子が合っていないために、速く見えるだけである。・・・未熟な人は、一日中走っているように見えても、そのわりには能率があがらないものである。・・・相手がむやみに速いときなどには、「そむく」といって、わざと静かになって、相手に引きずられないことが肝要である。

・・・どのような道であっても、奥から入ってもよい場合もあり、表から入ってよいこともあるのである。・・・たとえ同じ流派でも、人によってはいささか見解の相違はあるもの・・・わが二天一流においては、太刀に奥義も入口もない。構えに極意もない。ただ心をもってその特を身につけることが、わが兵法の最も大切なことである。

空之巻

 二刀一流の兵法の道を、空(くう)の巻として書きあらわすものである。
 空というのは、形がないこと、認識できないことを空とみなすのである。もちろん、空はないものである。ものがあるところを知って、初めてないところを知るのである。これがすなわち空である。

・・・本当の道を知らないあいだは、仏の道にせよ、世間の法にせよ、各人各人は確かな道を思い、よいことだと考えているが、まっすぐな心で、世の中の大原則に照らし合わせてみるときには、その人その人の主観的な判断のゆがみによって、本当の道からはずれているのである。

空には善があって、悪はない。
兵法の智があり、
兵法の利があり、
兵法の道があって、
初めて兵法の心は空である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

五輪書 ー 宮本武蔵 (地・水之巻)

宮本 武蔵

1584年生まれ。二刀流剣法の二天一流の祖。13歳ではじめて試合をして勝利し、60余度の試合で一度も負けなかった。1943年から岩戸山霊巌洞にこもり「五輪書」の執筆を始め、1945年5月19日に死去する数日前に弟子に与える。書画などにも優れた文武両道の士だった。

Img_0192

地之巻

自らの兵法の道を、二天一流と称し、長年鍛錬してきたことを、初めて書物に書きあらわそうと思い、ときに寛永二十年十月上旬頃、九州肥後の地、岩戸山に登り、天を拝し、観世音を礼拝し、仏前に向かう。・・・自分がやっているもろもろに芸術や技能も、自分が究めた兵法の理に従ってやっているので、万事において、自分に師匠はいない。

・・・まず武士は文武二道といって、この二つの道をたしなむことが大原則である。・・・ふつう、武士の気持ちを推し量ると、武士はただ死ぬという道をたしなめばよいと考える程度のことである。死ぬという覚悟の道においては、武士だけに限らず、出家であっても、女であっても、百姓以下に至るまで、義理を知り、恥を思い、死を覚悟することについては、なんら違いはない。

・・・剣術だけに適用できる理であっては、剣術さえも知ることはできない

本書は兵法を五つの道に分けて、その一巻ごとにその道理をわからせるために、地・水・火・風・空と名づけて、五巻に書きあらわすものである。

・・・まず地の巻においては、兵法の道のあらまし、わが流儀からの見方を説く。剣術だけを通り一遍にやっているだけでは、本当の道を得ることはできない。大きなところから、小さなところを知り、浅いところから深いところに至る。

・・・第二番目の巻物を水の巻と名づける。水を手本として心を水のように自在となすのである。水は・・・一滴ともなり、蒼海ともなる。・・・一をもって万を知るということは、兵法の道理なのである。

・・・第三番目の巻物を、火の巻と名づける。この巻には戦いのことを書き記すものである。・・・大胆に心を開き、細心に気を配り、研究してみることである。ただし、大きなところは見えやすく、小さなところは見えにくい。

・・・第四番目の巻物を、風の巻と記すのは、わが一流のことではない。世の中の各流儀について書き載せるからである。・・・他流のことをよく知らなくては、自己の流派も知ることはできない。いかなる道においても、邪道というものがある。日々、その道に励んでも、本道から外れているならば、自分ではよい道だと思っても、実際には本当の道ではない。・・・最初はわずかな心の歪みであっても、後では大きな歪みとなるのである。

・・・第五番目の巻物を、空の巻と名づける。この巻を空と書きあらわすのは、空であるから、奥というのもなく、入り口というものもない。道理を得て、しかも道理にとらわれることがない

わが流儀を二刀流と称えるのは、武士は将にしろ卒にしろ、直接腰に二刀を帯びるのが勤めだからである。・・・持っている武器を役に立てず、腰に納めたままで死ぬことは、まことに不本意である。・・・自分の流儀においては、長いものでも勝ち、短いものでも勝つ

・・・道の中で、儒者、仏者、風流人、礼法家、能楽の舞の人、これらのことは、武士の道にはない。自分の目指す道ではなくても、道を広く知れば、それぞれに通じるものである

・・・わが兵法を学ぼうと思う人には、道を行う原則がある。

第一に、邪(よこしま)なことを思わないこと。
第二に、兵法を鍛錬すること。
第三に、広くもろもろの芸に触れること。
第四に、広く多くの職の道を知ること。
第五に、物事の利害得失をわきまえること。
第六に、あらゆることに鑑識力を養うこと。
第七に、目に見えないところを悟って知ること。
第八に、小さなことにも気を配ること。
第九に、役に立たないことはしないこと。


水之巻

・・・兵法の道において、心の持ちようは、平常の心と変わってはならない。平常にも、戦いのときにも、少しも変わることなく、心を広く、まっすぐにし、緊張しすぎることなく、少しも弛むことなく、心が偏らないように、真ん中に置き、心を静かに揺るがせて、その揺るぎが、一瞬も揺るぎやまないように、よくよく研究しなければならない。

・・・平常の身体の使い方を戦闘のときの身の使い方とし、また戦闘のときの身体の使い方を平常のときの身体の使い方とすることが肝要である。

・・・観すなわち心の眼で見ることを第一とし、肉体的な眼で見ることを第二とせよ。遠い所を近くに見、近い所を遠くに見ること・・・こうしたことは、急が迫ってから、にわかに身につけることはできない。

・・・構えは五つ(上中下左右)の外にはない。どの構えであっても、構えにとらわれず、斬ることを考えなければならない。

有り構え無構えの教えのこと
・・・上段もときによって少し下げるだけで中段となり、中段も必要に応じて、少し上げれば上段となり、下段も折りにふれ、少し上げれば中断となる。・・・このようなわけで、構えはあって構えはないという理となるのである

一拍子
ひとつひょうし。敵が太刀を、引こう、はずそう、打とうと思う心が起きないうちに打つ拍子

二の腰の拍子
打つと見せかけて、敵が叩いてたるんだところを打ち、引いたところをすかさず打つ

太刀に潜る身
自分の太刀と自分の身体とを、一度に動かしては打たないもの

打つと当たる
打つというのは、・・・心に決めて、確実に打つことをいう。当たるというのは行き当たるといったほどのもの

秋猴(しゅうこう)の身
手を出す心を持たず、敵が打つよりも速く、身体を速く寄せていく呼吸

漆膠(しっこう)の身
顔や足が速く入っても、身体の他の部位を残さず体に隙間を作らない

面をさす
常に敵の顔を、自分の太刀先で突く心でいること

多敵の位
あとさきを見分けて、先にかかってくる者とまず戦い、大きく目を配り、右の太刀も左の太刀も、一度に振り違えるように斬る。待つことはよくない。呼吸を呑み込めば、一人の敵も、十人二十人の敵も、同じように安心して戦えるようになる

兵法において、太刀を取って、人に勝つ理を会得するには、まず、五つの表(形)をもって、五方の構えを知り、太刀の道を覚えて、全身がやわらかになり、心の動きがよくなり、戦いの拍子を知り、自然と太刀の使い方も冴えて、身も足も、心のままに自由自在となる。・・・千里の道も、一歩一歩歩んでいくのである。

千日の稽古を鍛といい、万日の稽古を錬という。よくよく吟味すべき言葉である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

ドイツA級コーチライセンス講習 前半

11月下旬から12月上旬にかけて、ドイツサッカー協会のA級ライセンス講習(前半)に参加した。参加者のほとんどはブンデスリーガの下部組織で指導をしているコーチで、現役プロ、元プロ、元代表数人を合わせて全部で29人。イランやスイスからの参加者もいた。同時期に行われていたB級ライセンス講習には元ドイツ代表10番のオリバー・ネビルが参加していた。

Img_0088
<教室>

B級ではグループ戦術をメインで取扱い、「トップクラスのチームでプレーできる選手の育成」のために学んだ。A級では、「結果を出すためのチーム作り」をテーマにチーム戦術をメインに学ぶ。

いくつかのテーマに関して、教室での講義とグランドでのトレーニングが行われた。教室では先生の授業のほかに、受講者によるプレゼンテーションも行う。グランドでは先生によるトレーニングデモと受講者によるトレーニングが行われる。

講習のモットーは、「サッカーは素晴らしいもの」。険悪ではなくポジティヴな雰囲気で楽しく取り組む。また、それぞれがコーチとしてある程度の経験を持っているので、それぞれの考えを尊重し、いろいろな意見を交換しあう。

Img_0093
<GKトレーニング>

テーマ:
① 陣形の整った敵に対する攻撃
  - ゴールチャンスメイク(サイド、中央)

② さまざまなシステムにおけるチーム戦術(守備)
  - 前線でのプレッシング
  - 中盤でのプレッシング
  - 後方でのプレッシング
  - 退いて守る

③ a) 陣形の整った敵に対するビルドアップ
   b) 陣形の整っていない敵に対する攻撃
    - 素早い切り替え
    - カウンターでのゴールチャンスメイク

④ さまざまなシステムの敵に対する4バックを用いた守備

Img_20111201_182556
<紅白戦>

途中、グループを分けての紅白戦。日程表の中でも一番濃く太く書かれている最も大事な一戦。監督に任命された人は、試合前にミーティングも行う。負けたチームは講習中ずっとからかわれる。

Img_0089

ボランチで出場するも、前半に3点ぶち込まれ負け。チャンスは多かったのに決めきれず。

Img_0086
<施設にあるスポーツバー>

夜はグループで作業。先生公認のスポーツバーで試合を観戦しながら、教わったことの復習や次の日の宿題に取り組む。現在、3人組でメールで連絡を取り合い、講習後半の宿題に取り組んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »