« ベンゲル・インタビュー サッカー選手の育て方 | トップページ | ランボー 名言 »

2011年3月11日 (金)

ブラジル代表メネゼス監督インタビュー

1962年生まれ、48歳のブラジル人監督。プロ選手としての経験はないが、クラブでの経験を重ね、2010年7月からブラジル代表監督を務める。

ドイツの「Sportbild」誌の記事を翻訳

Q:2014年に自国で開催されるワールドカップでは優勝以外許されないというようなプレッシャーがあるのでは?

A:期待は本当に大きくそれは私もわかっています。そして、今は大事な転換期に来ています。南アフリカ大会でベスト8で敗れたことはブラジルサッカー全体にとって大きな失望でした。

Q:ドイツチームは世界を驚かせました。レーヴ監督のチームから何か取り入れたものはありますか?

A:ドイツは、チームのスタイルやチームスピリットが、スターを寄せ集めることよりも大事であることを試合で証明してくれました。ドイツは我々のお手本になります。

Q:ドイツの選手で、あなたのチームにほしいという選手は?

A:ラーム、シュヴァインシュタイガー、エジル、クローゼ、ミュラーなど素晴しい選手です。彼らはぜひとも私のチームにいてほしいですね。あと一つ言いたいことがあります。

Q:何ですか?

A:ミュラーが準決勝のスペイン戦で出場停止でなければ、ドイツは決勝に進出していたかもしれないでしょう。

Q:もしかしたら優勝もありえた?

A:ひょっとしたら。でも事実として、あの段階ではドイツはブラジルよりもよかった。すぐにでもまた良い状態に戻したいです。

Q:ブラジルが最後にワールドカップで優勝したのは2002年です。どのようにしてセレソンをまた優勝に持っていくつもりですか?

A:まずは新しいチームを作り上げることです。今は新しい選手をいろいろとテストしています。60名の選手がリストに挙がっています。その中には、ブンデスリーガでプレーしているバイエルンのブレノやレバークーゼンのレナト・アウグスト、ブレーメンのウェズレイもいます。

Q:この3人の評価は?

A:ブレノがまだブラジルでプレーしていたころ、彼はすでにブラジル代表への道を歩んでいました。彼はバイエルンでセンターバックとして大きな成長を遂げ、1対1にも強く、ビルドアップもできる選手です。レナト・アウグストはたいへん特別なタイプで、彼は中盤とフォワードの間で決定的な仕事ができます。このようなタイプはあまり目にすることはできません。ウェズレイは中盤でいろいろな役目をこなすことができ、DFラインでもプレーできるでしょう。

Q:どの選手が新しいチームの核となりますか?

A:何人かいます。レアル・マドリーのカカーとマルセロ、バルセロナのダニエウ・アウベス、サントスの天才ニウマール、ACミランのロビーニョなどです。

Q:前監督のドゥンガはロナウジーニョをワールドカップに召集しませんでしたが、あなたは代表に呼び戻しました。なぜでしょうか?

A:彼はクレアティブで特別な選手です。彼にはまだ期待しています。

Q:2010年大会でキャプテンだったルシオに関しては?

A:私は彼だけでなく、ジュリオ・セザールやマイコンなどベテランの選手とも話をし、彼らが今後もメンバー入りすることを明確にしました。時間は止まりませし、彼らも歳をとりますが、ワールドカップで34・35歳の選手を2・3人メンバーにいれることもできるでしょう。ただこれまでも述べたとおり、基本的には新しいチームを作り上げる方向です。ベテランだけを特別扱いするわけにもいきません。

Q:2014年にはルシオは36歳になっています。まだ将来的に構想に入っていますか?

A:ルシオは強い意志を持っています。彼は2014年でもブラジル代表でプレーできるかもしれないベテラン選手の一人です。しかし、スタメンかどうかは保証はできません。

Q:8月にはシュトゥッツガルトでブラジルとドイツの試合が行われます。

A:楽しみにしています。ドイツの私の祖母も来てくれると思います。

|

« ベンゲル・インタビュー サッカー選手の育て方 | トップページ | ランボー 名言 »

International Football (世界のサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/39102643

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル代表メネゼス監督インタビュー:

« ベンゲル・インタビュー サッカー選手の育て方 | トップページ | ランボー 名言 »