« ランボー 名言 | トップページ | ランボー3 怒りのアフガン 名言 »

2011年3月29日 (火)

ランボー2 怒りの脱出 名言

1作目で大暴れした結果、服役中のランボー。そこにベトナム時代の上官トラウトマン大佐が現れる。いつものようにランボーを助けたい大佐は、特赦と引き換えにある任務を受けるよう話をした。

ランボー 「今度は勝てますか?」

トラウトマン大佐 「今回は君次第だ」

1作目は悪保安官のティーズル、今回は作戦を取り仕切る悪将軍のマードックが登場。案内されたタイの基地には世界一進んだ設備と武器があると言われ、

ランボー 「最大の武器は頭脳です」

今回の任務は、10年たった今でもベトナムに残された捕虜が取り残されているかどうか証拠の写真を撮ってくること。タイの基地からヘリで飛び、パラシュートでベトナムのジャングルに潜入。36時間後にはピックアップ地点に辿り着かなければならない。あの過酷な環境にランボーは本当に耐えられるのかと疑うマードック将軍に対して、

トラウトマン大佐 「地獄はあいつにとって故郷です」

23
<マードック将軍とトラウトマン大佐>

現地で案内人のコーと合流。闘うのが好きだから選ばれたのかというコーに対して、

ランボー 「I'm expendable(俺は使い捨てだ)」

コー 「Expendableってどういう意味?」

ランボー 「パーティーに欠席して、それをだれにも気付かれない人間。どうでもいい人間だ」

ちなみに、去年の夏にはスタローン、ジェットリー、ジェイソン・ステイサムなどが出演した「エクスペンダブルズ」が上映されていた。

Ko
<コー>

目的地にたどり着くと、そこにはまだ捕虜の姿が。証拠写真を撮るだけという約束を破り、捕虜の一人を助けて脱出を図るランボーだが、捕虜の存在が国民に知られたらまずいと考えたマードック将軍は、ピックアップ地点にたどり着いたヘリにすぐに引き返すように指令した。取り残されたランボーはソ連軍に捕まってしまう。

ソ連兵ポドフスキー中佐とユーシン軍曹の拷問に耐えるも、仲間の捕虜が人質に取られ基地と交信させられるランボー。

ランボー 「こちらlone wolf(一匹狼)、応答願います」

任務上でのコードネームは"lone wolf"。基地と交信がつながり、マードック将軍を呼び出す。マイクを握り締め、

ランボー 「マードック、お前を捕まえに行くからな」

隠れていたコーの助けも借りて敵地からなんとか脱出。しかし、ほっとしたところでコーが撃たれ死んでしまう。

R
<ランボー、決意のポーズ>

再び一人ぼっちになったランボー。背筋を見せつけながらバンドを締め直し、決意と覚悟のポーズ。その後、ジャングルでソ連兵やベトナム兵を次々と血祭りに。さらにヘリまで奪って暴れまくり、ついでに捕虜たちも助け出す。

04

ポドフスキー中佐のヘリもやっつけ、なんとか捕虜たちと一緒に基地に到着したランボー。まず手始めに、最新モニター機器をマシンガンで片っ端から破壊。雄たけびを上げてうっぷんを晴らす。そして、奥でビビりながら言い訳をするマードック将軍の首根っこを捕まえ、

ランボー
「Mission accomplished.(任務完了しました)」

将軍の顔のすぐそばにナイフが突きささる。

トラウトマン大佐 「2個目の名誉勲章だな」

ランボー 「勲章は彼ら(捕虜たち)のものです」

トラウトマン大佐
「戦争で起こったことは間違いかもしれない。ただ、どうか国を憎まないでほしい」

ランボー 「憎む?俺は命を捧げます」

トラウトマン大佐 「では何を望む?」

ランボー 「俺が望むこと、彼らが望むこと、そしてこの土地に来て腹をえぐられ、戦いに全力を投じた彼ら全員が望むことは、俺たちが国を愛するくらいに、国が俺たちを愛してくれることです」

トラウトマン大佐 「この先はどうするんだ?」

ランボー 「日々を生きていきます」

少し成長を見せたランボー。トラウトマン大佐がランボーの背中を見送る・・・

|

« ランボー 名言 | トップページ | ランボー3 怒りのアフガン 名言 »

Hobbies (本、映画、音楽、名言など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/39478201

この記事へのトラックバック一覧です: ランボー2 怒りの脱出 名言:

« ランボー 名言 | トップページ | ランボー3 怒りのアフガン 名言 »