« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の5件の記事

2011年1月23日 (日)

U-17ドイツ室内サッカー大会 Keramik-Cup 2011 最終日

ドイツのモンタバウアで行われた29回目の国際的なU-17室内サッカー大会Keramik-Cup。2日目はグループリーグの残り試合と、2次リーグ・決勝トーナメントが行われた。昨年の大会では、東京のFCトリプレッタがアジアから初出場を果たし、今回は東京ベルディが参加した。参加チームはブンデスリーガやデンマーク、スイスのプロクラブ下部組織で、ヨーロッパ各国の代表選手が数多く参加している。現在ワールドクラスで活躍する選手たち(イブラヒモビッチ、ポドルスキー、ケディラなど)の多くも過去にこの大会に参加していて、将来のスターのプレーを見ることができる。昨年の大会でMVPとなったドラクスラー(シャルケ)は、今大会前のブンデスリーガの試合でスタメンデビューを果たした。まだ17歳。

Keramcup_sonntag047
<東京ヴェルディ対メンヒェングラートバッハ>

初日を1勝1敗1分けで終え、残り1試合を残して2次リーグ進出を決めたヴェルディ。グループリーグでは5チーム中4チームが2次リーグへ進出。

グループリーグ最終戦:
東京ヴェルディ 1-2 ハンブルガーSV

グループB成績:
1位:レバークーゼン(3勝1分け)
2位:カールスルーエSC(3勝1敗)
3位:東京ヴェルディ(1勝2敗1分け)
4位:1.FCカイザースラウテルン(1勝3敗)
5位:ハンブルガーSV(1勝3敗)

Keramcup_sonntag081
<ヴェルディ対デンマークのブレンビー>

グループA成績:

1位:FCバーゼル/スイス(3勝1分け)
2位:1.FCケルン(3勝1分け)
3位:メンヒェングラートバッハ(1勝1敗2分け)
4位:FCザンクト・パウリ(1勝2敗1分け)
5位:EGCヴィルゲス(4敗)

グループC成績:
1位:ヘルタBSCベルリン(2勝2分け)
2位:ブレンビー・コペンハーゲン/デンマーク(2勝2分け)
3位:VfBシュトゥッツガルト(2勝2敗)
4位:ボルシア・ドルトムント(1勝1敗2分け)
5位:TuSコブレンツ(4敗)

Keramcup_sonntag080
<ヴェルディを応援してくれる観客>

2次リーグ:


東京ヴェルディ 2-1 メンヒェングラートバッハ

東京ヴェルディ 1-1 ブレンビー・コペンハーゲン
               (デンマーク)

1勝1分けで2次リーグを突破し、ベスト8進出を決めたヴェルディ。観客も味方につけ、会場では「ヤーパン(日本)」コールが巻き起こった。

Keramcup_sonntag166
<準々決勝:ヴェルディ対ドルトムント>

準々決勝:

ヘルタBSCベルリン 0-3 VfBシュトゥッツガルト

レバークーゼン 1-1 ブレンビー・コペンハーゲン
         (1PK3)

FCバーゼル 2-2 カールスルーエSC
       (4PK2)

東京ヴェルディ 0-3 ボルシア・ドルトムント

昨年出場の日本チームは1次リーグで惜しくも敗退したものの、今年はステップアップしてベスト8進出を決めた。観客も大会関係者も素晴しいパフォーマンスに満足していた。

Cimg4282
<観客にあいさつする東京ヴェルディ>

ヴェルディコーチの大会感想:


・大会参加チームの選手たちは基本技術が高く、プレーが確実でミスが少ない。そこに個性がある。床がスリッピーなので、ちょっとしたズレやぶれが次のプレーに影響するので、正確性が大事だということに選手たちが気付いたかもしれない。
・キック(パス・シュート)がうまく、パススピードが速い。
・ボディコンタクトが強い。タックル。
・1対1の強さ。
・判断力がある。どのチームも速い攻撃と遅い攻撃の使い分けができ、時間の使い方がうまい。
・選手の層が厚い。(12分1本のゲームだが)短時間(2~3分)のサイクルでどんどん選手を入れ替えて、それでもチーム力が落ちない。

Keramcup_sonntag203
<エキシビジョンマッチのブラインドサッカー>

準決勝:


VfBシュトゥッツガルト 4-3 ブレンビー・コペンハーゲン
            (PK戦含む)

カールスルーエSC 6-3 ボルシア・ドルトムント
           (PK戦含む)

P1060786
<川越のケラミックカップせんべい> 

カールスルーエSC監督の話:

大会参加の目的の一つは賞金です。カールスルーエは他のプロクラブに比べて育成部門にお金がありません。この大会で結果を残すことは大事なことです。
また、5対5の小さなフィールドの中で、選手たちの能力をよく観察することができます。テクニックやフィジカル、戦術以外にも戦う気持ちやメンタル面をよく見ることができます。

Keramcup_sonntag256
<決勝戦前>

3位決定戦:


ブレンビー・コペンハーゲン 3-0 ボルシア・ドルトムント

決勝:

VfBシュトゥッツガルト 6-3 カールスルーエSC

優勝はシュトゥッツガルト。昨年優勝のカールスルーエは準優勝。デンマークのブレンビーは昨年に続き3位。

Cimg4371
<優勝したシュトゥッツガルト>

ブレンビーの監督ジョンとは3大会一緒に参加している。今回もいろいろと話をすることができた。

ブレンビー・コペンハーゲン監督の話:

デンマークサッカーの基本フォーメーションは4-3-3で、ボールポゼッションをとても大事にしてるよ。だから、テクニック、アイデア、想像力、試合の状況を読み取る能力はとても大切だよ。

デンマークではフットサルや室内サッカーはあまり流行っていないけど、この大会ではそういったことをトレーニングすることができるね。実際の11対11とは異なった状況もあるけどね。

あとは1対1。攻守においてとても大事だね。5対5の試合では1対1のシチュエーションがたくさんできるし、狭いフィールド中で選手はすぐにプレッシャーにさらされる。そういった中で落ち着きや自信を持ってプレーできるかどうかを見ることができるね。

P1060792
<地元EGCヴィルゲスとヴェルディ>

地元クラブのEGCヴィルゲスは1勝もできなかったものの、レベルの高いブンデスリーガのチーム相手に一矢報いる試合もでき、良い経験を積むことができた。最後はヴェルディと記念撮影。コーチを務めるペーターは、今年の秋に日本を訪れ日本のクラブで少し研修をする予定。

P1060796
<フランクフルトのドイツサッカー協会にて>

大会翌日、フランクフルトにあるDFB(ドイツサッカー協会)を訪問し、夜の便で日本に帰国した。大会委員長アルフォンスも見送りに来てくれて、来年も日本チームの大会参加を承諾してくれた。2011年日本予選は今年の夏に開催予定。情報はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

U-17ドイツ室内サッカー大会 Keramik-Cup 2011 初日

29回目となるU-17の国際的な室内サッカー大会Keramik-Cup(ケラミックカップ)2011が、ドイツのラインラント・プファルツ州モンタバウアで開催された。ブンデスリーガやデンマーク、スイスのプロクラブ下部組織チームが参加する中、日本の東京ベルディも参加し、15チームで優勝が争われた。

Keramcup_samstag209_3
<開会式入場前>

ルールは、GKを含めた5対5で、アイスホッケーのようにフィールドが1mくらいの高さの壁に囲まれているので、壁パスが可能。フィールドもゴールもフットサルよりも若干大きく、スライディングや激しいコンタクトありの12分1本ガチンコ勝負。

Keramcup_samstag263
<開会式>

大会はFIFA、UEFA、ドイツサッカー協会によりサポートされていて、この年代の代表クラスの選手が大勢参加している。過去にはイブラヒモビッチ、ファン・ブロンクホルスト、ポドルスキー、ケディラ、マリオ・ゴメスなどが参加している。

Keramcup_samstag219_2
<日本チームのお約束>

1次リーグでは5チーム中4チームが2次リーグに進出できる。

グループA:
EGCヴィルゲス(地元クラブ)
メンヒェングラートバッハ
FCバーゼル(スイス)
1.FCケルン
FCザンクト・パウリ

グループB:
ハンブルガーSV
レバークーゼン
1.FCカイザースラウテルン
東京ヴェルディ
カールスルーエSC

グループC:
ブレンビーIF(デンマーク)
TuSコブレンツ
VfBシュトゥッツガルト
ヘルタBSCベルリン
ボルシア・ドルトムント

Keramcup_samstag066
<ヴェルディ対カイザースラウテルン>

東京ヴェルディ 3-2 1.FCカイザースラウテルン

東京ヴェルディ 0-3 カールスルーエSC

東京ヴェルディ 4-4 レバークーゼン

初日を1勝1敗1分けで終え、2日目のグループ最終戦を残し2次リーグ進出を決めた。 

P1060766

バーゼル対ザンクト・パウリ。スイスのバーゼルは昨年も参加。1次リーグは3勝1分け。

Keramcup_samstag081

ゴールを喜ぶヴェルディ。終了間際の勝ち越しゴールで、大会初戦を勝利で飾った。

013

地元テレビ局にインタビューを受ける選手とコーチ。去年に引き続き、早くも観客も味方に。

Cimg4118
<大会委員長のアルフォンスと>

大会初日が終わったら、恒例のレセプションパーティー。

Cimg4112

恒例のお土産タイム。壇上に上がり、大会記念品を受け取り、代わりに参加チームがチーム関連のお土産を渡す。

P1060772

恒例のシュナプス(火酒)タイム。次々と出てくる。

P1060775

デンマーク・ブレンビーとの恒例の声の掛け合いが始まってくると、そろそろ盛り上がってくる。ホテルに帰る時間は自由。最後の人が帰るまでずっと続く。

P1060783

ラマツォッティ中嶋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

ドイツ室内サッカー大会 Keramik-Cup 2011 直前

去年に引き続き、U-17の国際的な室内サッカー大会「Keramik-Cup 2011」のためにドイツにやってきた。大会には、ブンデスリーガや海外(デンマーク、オーストリア、スイスなど)プロクラブの下部組織チームが参加していて、昨年の第28回大会には、東京のFCトリプレッタがアジアから初出場を果たした(15チーム中14位)。FCトリプレッタは、2009年の夏に埼玉県川越市で行われた第1回目となる日本予選を制し、ドイツ大会への出場権を得た。

日本予選のHPはここ

29回目となる今年は、2010年8月に日本予選を勝ち抜いた東京ヴェルディが出場することになった。

017

木曜日にドイツに到着し、土日の大会を終えて月曜日には帰国。大会前日となるこの日はケルンを観光。世界遺産の大聖堂内で勝利を祈願、懺悔、アイソメトリックトレーニング。

P1060745
<3年連続で一緒に大会を訪れる親友のジョー>

いやいや、そっちじゃねーよ!
撮影時に毎回ベタなボケをするジョー。

P1060746
<アルフォンスの孫ヤニックやその仲間たちと>

ケルン観光を終えて、試合会場でチーム練習。ミニゲームなどに混ぜてもらい、ヴェルディの選手やコーチ陣と一緒に汗を流した。

P1060744
<大会委員長のアルフォンスと>

大会委員長アルフォンスは、俺がドイツで3シーズン所属していたWirges(ヴィルゲス)で当時会長を務めていた。昔からよくしてくれたドイツの恩人の一人。 今回も空港までわざわざ迎えに来てくれた。Vielen Dank!!

翌日から大会がスタート。ヴェルディのグループリーグの相手はハンブルガーSV、昨年準優勝のレバークーゼン、カイザースラウテルン、昨年優勝のカールスルーエ。

つづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

第7回K’sフェスティバル(U-14)

フッチSCのU-14チームの今年初めのイベント。1月8日から10日まで鹿島ハイツで行われた「第7回K’sサッカーフェスティバル」に参加した。

昨年から引き続き、この合宿の目標は、

・リーダーリップ
・コミュニケーション
・忍耐力
・勝者のメンタリティ
・感謝の気持ち

の5箇条。

P1060736

<大会初日:予選グループリーグ>

4チームによるグループリーグから、上位2チームが決勝トーナメントに進出。

フッチ 1-0 十二月田中(埼玉)
得点(アシスト):シュンスケ(ソーシ)

なかなか決定的チャンスを決め切れず。年の始めの最初の試合からなのか、ミスを連発。

フッチ 3-0 東春’72(埼玉)
得点(アシスト):シュンスケ(ソーシ)、ヨート(ソーシ)、ヨート(シュンスケ)

良い意味で、1試合目とは全くの別チーム。自分たちのサッカーができた。

P1060720_2
<合間にコーディネーションなどのトレーニング>

<大会2日目:予選グループリーグ>

フッチ 6-0 所沢中(埼玉)
得点(アシスト):エージ(カズヤ)、チアキ(エージ)、リョージx2、サトヤ(ユーマ)、サトヤ

前半は頭が全然働いていなかった。5箇条の目標も全然達成されず。予選グループリーグを無失点で3連勝し、決勝トーナメントに進出。

P1060730_2
<寒いからしっかり自己管理>

<決勝トーナメント1回戦>

フッチ 6-0 ヴェルディ小山(栃木)
得点(アシスト):ダイキ遠(シュンスケ)、タイキ(タカノブ)、スナオ(ヨート)、タカノブ(アユム)、アユム(タカノブ)、アユム(シュンヤ)

今大会でも一番良い試合ができ、最終日の準決勝に進出。

<フレンドリーマッチ>

フッチ 7-1 K’s白岡(埼玉)
得点(アシスト):エージ(カズヤ)、ナオキ(シュート)、ユーイチ(ナオキ)、ダイキ遠(カズヤ)、ユート(シュンスケ)、ダイキ遠、シュンスケ(カズヤ)

P1060737
<試合の合間にも管理>

大会最終日。

<準決勝>

フッチ 4-1 都賀中(栃木)
得点(アシスト):アユム(ナオキ)、ダイキ遠(ナオキ)、キョーヘイ、OG

5箇条の目標達成度は全然合格点に至らず。特に、人任せにしている選手はチームプレーにも悪影響を及ぼす。後半から悪い流れを変えて、何とか決勝に進出。

P1060738
<フッチ(オレンジ)対石岡アセンブル(白)>

フッチ 1-0 石岡アセンブル(茨城)
得点(アシスト):ヨート(シュート)

得点チャンスを作るもなかなか決め切れず。点差的にプレッシャーのかかる試合の中、出場した選手が力を出し切っていた。優勝!!

P1060742

昨年末に続き、このチームで2つ目のタイトル獲得!!
優秀選手は14番のユート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

初蹴り 江尻小

毎年恒例の江尻小での初蹴り。

小学生、ママさんチーム、親父チーム、OBの中高校生などが集まり、正月早々からガチンコゲーム大会が行われる。相手が誰であろうと負けられない一戦。

P1060690

クリアボールを顔面にぶつけられ、くちびる西高校気味になったけど、正月早々から失点せずに、勝ちと引き分けでゲームを終えることができた。また来年行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »