« サッカーバカを育ててしまう日本の教育? | トップページ | ドイツサッカークリニック in 川越 »

2010年9月30日 (木)

1.FC Reimsbachとの友好提携

      Reimsbach

選手やコーチとして3シーズン在籍し、7月のドイツ遠征でフッチU-14がお世話にもなった1. FC Reimsbach(ライムズバッハ)千葉県市川市のフッチSCの友好提携が2010年9月末に成立した。ライムズバッハはドイツ南西部のザールラント州にある人口2100人ほどの村で、地域に密着した活動や育成が評価され、2008年に州内でもっとも魅力的なクラブとして表彰された。天然芝ホームグランドと人工芝ミニサッカーコートのほかに、もうすぐ人工芝グランドも完成し、宿泊施設を備えたクラブ施設が拡大される。

友好提携やライムズバッハの詳しい情報はこちら

Buchwald3115

ドイツ遠征中は、クラブハウスに市長や区長、元ドイツ代表ブーフヴァルト氏が訪問してくれた。

Rimg0342
<クラブハウス前にて>

滞在中はクラブハウス2階の宿泊施設に泊まり、隣接する天然芝ホームグランドで練習と試合を行った。

Rimg0137

ライムズバッハのユースとフレンドリーマッチも行った。

Rimg0222
<会長とキッカーで遊ぶ選手たち>

10月の頭に監督のウドがまた日本にやってくる。

|

« サッカーバカを育ててしまう日本の教育? | トップページ | ドイツサッカークリニック in 川越 »

1.FC Reimsbach (ライムスバッハ)」カテゴリの記事

Fute (フッチサッカークラブ)」カテゴリの記事

Youth (サッカー育成年代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/37230485

この記事へのトラックバック一覧です: 1.FC Reimsbachとの友好提携:

« サッカーバカを育ててしまう日本の教育? | トップページ | ドイツサッカークリニック in 川越 »