« フッチ ドイツ遠征初日・2日目 | トップページ | フッチ ドイツ遠征3日目 »

2010年7月22日 (木)

フッチ ドイツ遠征2日目

ドイツに到着してから2日目。
2009年まで3シーズン自分の所属していたヴィルゲスに出かけた。

Rimg0089
<3年ぶりの再会>

会場には、3年前にフッチのドイツ遠征に帯同してくれたカルロも駆け付けてくれた。カルロは一度日本にも来たことがあり、近いうちにまた来てくれることを願う。

Rimg0080

前回と同様、カルロには試合の分析をしてもらった。3年前は、ブンデスリーガ2部のアーヘンのユースチームの監督をしていたカルロだが、最近まではケルンのスカウトもしていた。

Rimg0095
<ヴィルゲスとの試合>

昔ヴィルゲスのユースチームで指導した子も試合に出ていた。昔一緒に指導していた監督のデニスと連絡を取り合い試合が実現した。

Rimg0097_2

EGCヴィルゲス 0-4 フッチ
得点(アシスト):シュンスケ(ヨート)、シュンスケ(タイキ)、タイキ(ユート)、アユム(ユート)

Rimg0104
<ハーフタイムでのカルロのアドバイス>

これまでやってきた攻撃に対して、カルロからさらにアドバイスしてもらった。ボールの走る人工芝のグランドで縦に急ぎすぎ。密集地帯につっこみすぎ。

P1060399
<JSGズィーアスハーンとの対戦>

ズィーアスハーンの市長も駆け付けてくれて記念品を贈呈された。

P1060404

JSGズィーアスハーン 1-4 フッチ
得点(アシスト):サトヤ(チアキ)、チアキ(ソーシ)、ナオキ(ユーマ)、エージ(チアキ)

両試合とも守備ではそこまで追い込まれることがなかったけど、攻撃ではもっと質を上げていかなければならない。カルロからも話があったように、グランド内外での規律がまだまだ必要。

Rimg0119
<ヴィルゲスのトップチームの練習>

横のスタジアムでは、ヴィルゲスのトップチームがシーズン開幕に向けて練習をしていた。選手の多くが入れ替わっていたけど、昔のチームメイト何人かに会うことができた。試合中に昔の監督ハンズィもあいさつしに来てくれ、10月からアルゼンチン1部リーグの育成部門のコーチになると言っていた。パラグアイにも別荘を持っているのでいつか遊びに行きたい。

つづく・・・

|

« フッチ ドイツ遠征初日・2日目 | トップページ | フッチ ドイツ遠征3日目 »

Fute (フッチサッカークラブ)」カテゴリの記事

German Life (ドイツの出来事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/36075863

この記事へのトラックバック一覧です: フッチ ドイツ遠征2日目:

« フッチ ドイツ遠征初日・2日目 | トップページ | フッチ ドイツ遠征3日目 »