« 職場でもブブゼラ禁止例? | トップページ | イングランド戦後、レーヴ監督インタビュー »

2010年6月29日 (火)

イングランド戦後、クローゼのインタビュー

<DFB(ドイツサッカー協会)HPの記事より>

イングランドに4-1で勝利後のクローゼのインタビュー

「自分たちを信じて、ピッチで存在感を示すことはとても重要なことです。自分たちはチームとして機能していました。

アルゼンチンに関してはまだ話をしていません。ただし、アルゼンチンは2006年のワールドカップの時の借りを返しに来るでしょう。ドイツは良いチームにまとまっているし、アルゼンチンを倒せるだけのクオリティがあると思います。あとは自分たちのやるべきことに集中するだけです。

2006年からアルゼンチンは進化しています。我々も同じです。しかし、紙面上で名前だけを見比べると、アルゼンチンのほうが優位に見えるかもしれません。イングランドもそうだったかもしれませんが、大切なことはピッチ上で起こることです。我々は一つになっています。今回また違う相手と難しい試合が控えていますが、アルゼンチンに痛い目を合わせる準備はできています。」

イングランド戦では代表50ゴール目を記録

「記録を達成したことは素晴しいことです。もっとゴール決めて自分の目標を達成したいです。重要なことは、自分の支えになるチームがあることです。いつも私にチャンスを与えてくれるチームを褒めてあげなければいけないでしょう。」

厳しいシーズンを終えてワールドカップメンバーに召集され、その後調子が戻ったクローゼ

「私は、大事な時期にフィットした状態に持っていけるという強みを持っています。私の標準はオーストラリア戦でした。もちろん、そこに自信を与えてくれる監督がいてくれることも必要です。」

2得点を決めたバイエルンの同僚ミュラーに対して

「彼のプレーを嬉しく思います。彼は目的に向かって突き進みます。今後も同じようにプレーしてくれることを望みます。彼はとてつもない才能を秘めているので、彼に対しては何の心配もしていません。」

代表の将来について

「我々には若い選手が多いです。彼らが実戦経験を積めることを嬉しく思います。経験を積み数年後にそれを発揮できるかどうかは非常に重要なことです。」

|

« 職場でもブブゼラ禁止例? | トップページ | イングランド戦後、レーヴ監督インタビュー »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/35556675

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド戦後、クローゼのインタビュー:

« 職場でもブブゼラ禁止例? | トップページ | イングランド戦後、レーヴ監督インタビュー »