« 2010年度フッチU13 第1回セレクション | トップページ | ドイツの羊飼いから »

2009年11月17日 (火)

ブンデスリーガ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフ来日

 ブンデスリーガ2部に所属するFortuna Duesseldorf (フォルトゥナ・デュッセルドルフ)の関係者Iさんが来日し、わざわざ本八幡まで足を運んでくれた。

 デュッセルドルフはドイツ西部ノルトライン=ヴェストファーレン州の州都で、人口約60万人の都市。ルール工業地帯にあるこの街には多くの日本企業が進出し、ドイツ国内で最も多くの日本人が住んでいる(約8000人)。2009年世界の生活環境ランキングでは6位にランクイン(1位はウィーン、日本の最高は東京の35位)。住んでいたところからそんなに遠くなかったので、俺もちょくちょく訪れていた。

 デュッセルドルフでトップのクラブチームがフォルトゥナ・デュッセルドルフで、地元では「フォルトゥナ(ローマ神話では幸運の女神)」と呼ばれ親しまれている。フォルトゥナは過去ブンデスリーガ1部に所属しUEFAカップウィナーズカップで準優勝したこともあるが、数年前には4部リーグまで転落。その後、2009年にブンデスリーガ2部に復帰し、今シーズンは3部からの昇格チームながら12節終了時点で5位に位置している。
 
 ホームスタジアムでは、2006年ワールドカップ前に日本対マルタの親善試合が行われ、俺も何度か試合などで行ったことがある。また、2007年にはフッチの当時U14(現高校1年)がドイツ遠征を行い、デュッセルドルフのユースチームと親善試合を行った。

 フッチの現U13は2010年の夏にドイツ遠征を行うが、その時にもフォルトゥナと親善試合を行う予定。今後もドイツと日本の選手間でいろいろな交流ができるようにしたい。

P1050799
<お土産のサッカーボールチョコ>

|

« 2010年度フッチU13 第1回セレクション | トップページ | ドイツの羊飼いから »

Fute (フッチサッカークラブ)」カテゴリの記事

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/32247363

この記事へのトラックバック一覧です: ブンデスリーガ2部フォルトゥナ・デュッセルドルフ来日:

« 2010年度フッチU13 第1回セレクション | トップページ | ドイツの羊飼いから »