« グスタボを訪ねロンドンへ 前編 | トップページ | グスタボ家来襲 »

2009年4月28日 (火)

グスタボを訪ねロンドンへ 後編

ドイツで知り合ったボリビア人の友達グスタボに会いにロンドンへ。グスタボは、ドイツからロンドンの弟のところに急に飛び立っていった。もしロンドンでビザが取れなかったら10月にボリビアに本帰国するらしく、もう会えないかもしれないから無理してでもロンドンに来いと自分から言っていたくせに、出発の10日前から音信不通に。誘拐されたか、ボリビアに強制送還されたか。

まさかのサプライズで、空港で待ち伏せしてるかとも思ったけど、空港には現れず。やつのロンドンの携帯番号もわからないので、仕方なくやつからの連絡を待つことに。

Dsc04317
<アビーロード>

7年半前にも訪れた、ビートルズなどが収録をしたアビーロードにあるアビーロードスタジオへ。当時は、ちょうどジョージ・ハリソンが死んだ時だったので、スタジオ周辺に花束がたくさん置かれていた。

Dsc04318
<アビーロードスタジオ>

1969年に、ビートルズはアルバム「アビーロード」を発表。このアルバムのジャケットで、ビートルズの4人がスタジオ前の横断歩道を渡っている。同じような感じで、観光客が写真を撮ろうとしている。

P1050468
<邪魔される>

写真の横断歩道の左手奥にアビースタジオがある。ジャケットでは左から右にメンバーが渡っている。

俺たちが到着してから30分以上横断歩道を行ったりきたりしているカップルがいた。通る車に邪魔されたり、手や足の角度がいまいちだったらしく、何度も何度も撮影を試みる。横断歩道を渡る方向も、左から右でなければならない。俺たちも通りがかりの通行人とのコラボレーションを試みたけど、このカップルに見事に邪魔された。

P1050469
<偶然通りがかる4人の通行人>

ちょうど交差点に位置しているので車の量も結構多い。横断歩道付近で車がいなくなるタイミングを待っていると、親切な車は止まってしまうので、逆に写真が撮れなくなる。

P1050465
<チェルシーのメンバーと>

いまだにグスタボからの連絡はなし。
チェルシーのホームスタジアム・スタンフォードブリッジへ。

P1050461
<ヒディング監督と>

各国の代表チームを率いて結果を出してきたヒディング監督。昨年のEUROでもロシアを率いてベスト8で母国オランダを撃破。

P1050462
<ランパード>

ここでもグスタボに会えず。

P1050497

カフェで休憩。

P1050479
<街中で撮影するデルモ>

夜も遅くなってきて、次の日にはドイツに戻らなければならない。

P1050487
<ランボーゲーム>

「今度は勝っていいんですか?」
この怒りをランボーゲームにぶつける。
ちなみに、2人用だとランボーとトラウトマン大佐で戦うことになる。
「俺は国を愛したが、国は俺を愛してくれなかった。」

P1050480
<最後の夜>

いやー、結局何をしに来たのか。
グスタボに会えず、ロンドンを後にすることに。

その後、家に着いてから、「オラー、もうロンドンに着いたかー?」とグスタボから電話があった。

|

« グスタボを訪ねロンドンへ 前編 | トップページ | グスタボ家来襲 »

Travel (旅)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/29672154

この記事へのトラックバック一覧です: グスタボを訪ねロンドンへ 後編:

« グスタボを訪ねロンドンへ 前編 | トップページ | グスタボ家来襲 »