« ヴィルゲスユースのセレクション | トップページ | グスタボを訪ねロンドンへ 前編 »

2009年4月27日 (月)

プレミアリーグ観戦 アーセナル対ミドルスブラ

ドイツの友人グスタボがロンドンの弟の所に行ってしまい、もうドイツには帰ってこないと言い出したので、やつを訪ねにロンドンに向かうことにした。ついでなので、プレミアリーグの試合を見れないかと思っていたら、イギリス在住の謎の代理人Mさんが知り合いに頼んでアーセナル対ミドルスブラのチケットを確保してくれた。

Dsc04272
<試合前のアーセナルのウォーミングアップ>

ロンドンを訪れるのは約7年半ぶり。前回はサッカーとは全く縁のない滞在だった。
プレミアの試合をスタジアムで見るのはこれが初めて。ドイツ在住のダイスケと田中君も一緒についてきた。

P1050422
<エミレーツスタジアムのゴール裏から>

3枚のチケットの場所はばらばらで、1枚がゴール裏(田中君)、1枚がタッチライン(ダイスケ)、1枚がハーフタイムにドリンク付きのゴール裏(俺)。ドリンクは飲み放題だけど、ハーフタイムだけなのでそんなに飲めない。

P1050418
<ハーフタイム>

ビッグ4(マンU、チェルシー、リバプール、アーセナル)の一角と降格争いをしているチームでは内容的に力の差は歴然。アーセナルは4-2-3-1のフォーメーションで、この冬から加入したアルシャヴィンが左サイドでキレキレだった。ファブレガスが2ゴール決めたけど、攻撃に関してはチーム全体がビルドアップとカウンターでいいアクションを見せてくれた。
守備に関しては若干もろい印象を受けた。特に、左サイドのギブスはまだ若くて、攻撃では勢いがあるけど、守備では相手にチャンスをけっこう与えていた。

P1050426
<ゴールを喜ぶアーセナルファン>

ドイツのマスコミでもたまに言われていて、今回初めて生で見てその通りだと思ったけど、ブンデスリーガと比べてプレミアリーグのほうがファールなどでレフリーが試合を止める場面が少ない。ブンデスリーガだと少しのファールで選手が大げさに倒れたり文句を言ったりするけど、そういったアクションがほとんどなく、選手たちが淡々とプレーしている気がした。

P1050429
<エミレーツスタジアム前で>

結局、ファブレガスの2ゴールでアーセナルがミドルスブラに2-0で勝利。
ビッグ4の中では予算も一番少なくリーグでの順位も4位ながら、若い選手が多いチームで今年はチャンピオンズリーグでもベスト4に残り結果を残している。いろいろと勉強になった。

|

« ヴィルゲスユースのセレクション | トップページ | グスタボを訪ねロンドンへ 前編 »

International Football (世界のサッカー)」カテゴリの記事

Travel (旅)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/29558379

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアリーグ観戦 アーセナル対ミドルスブラ:

« ヴィルゲスユースのセレクション | トップページ | グスタボを訪ねロンドンへ 前編 »