« 2連勝 vs Idar-Oberstein | トップページ | アイントラハト・フランクフルトとドイツサッカー協会を見学 »

2008年11月 1日 (土)

ぬかるみ地獄 vs Niederauerbach戦

 前節、アウェイでのNeunkirchen(ノインキルヒェン)戦は0-0に終わり、10月の3試合は6-0、3-0、0-0と無失点で抑えることができた。今節はまたまたアウェイで、オーバーリーガに昇格してきたばかりのNiederauerbach(ニーダーアウアーバッハ)と対戦。

 Wirges(ヴィルゲス)のホームグランドはぬかるみ具合がひどく、最近も芝の状態が悪いため、いつも人工芝で練習をしている。しかし、ニーダーアウアーバッハのグランドはそれ以上のぬかるみ具合で、取り換えのスパイクをもってしても滑りまくりだった。

P1040720
<セルダー(左)とスロボ(右)>

 試合はヴィルゲスが攻め込んだにもかかわらず、難しいヘディングを決められ先制される。さらに、スーパーボレーを決められ2-0。キャプテンのエシュがフリーキックで1点を返し、前半を2-1で折り返した。

 後半に入ってもヴィルゲスがおしていたが点がなかなか入らない。そして、ゴール前でファール気味で奪われたボールをそのままドリブルされ、ダメ押しの3点目を決められた。

 試合後、「ラッキーゴールにやられた」とみんな言っていたけど、負けは負け。上位に行くためにも重要な試合で、しかも各下に敗れたのは痛い。

|

« 2連勝 vs Idar-Oberstein | トップページ | アイントラハト・フランクフルトとドイツサッカー協会を見学 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/25275700

この記事へのトラックバック一覧です: ぬかるみ地獄 vs Niederauerbach戦:

« 2連勝 vs Idar-Oberstein | トップページ | アイントラハト・フランクフルトとドイツサッカー協会を見学 »