« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の5件の記事

2008年8月25日 (月)

Akikoさんの誕生日 in Koblenz

8月20日、コブレンツの行きつけメキシカンバーTaqui Tos(タキートス)でAkikoさんの誕生日を祝う。

P1000713

平日だったので、この日は数人でおとなし目に。

P1000715

カクテルやらテキーラやらをいろいろ注文。

Foto0095
<道で安らかに眠るマサキ>

無事終了。

P1000793

数日後の土曜日は人数も増えてAkiko宅にて。

P1000792

Herzlichen Glueckwunsch zum Gerburtstag!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

ブンデスリーガ08/09シーズン開幕 フランクフルト対ベルリン戦

 8月15日、バイエルン・ミュンヘンとハンブルガーSVの一戦でブンデスリーガ2008/09シーズンが開幕した。昨シーズンぶっちぎりで優勝したバイエルンは、スイス代表監督に就任したヒッツフェルトに代わって、クリンスマンが今シーズンから指揮を取る。メンバーはほとんど変わっていない。目標はドイツチャンピオンからヨーロッパチャンピオンへの改革。ワールドカップでドイツ代表の改革に成功したクリンスマンは、バイエルンも改革することができるかどうか。開幕戦はホームで2-2の引き分け。

P1040677
<選手入場>

 俺は第1節のうち、Eintracht Frankfurt(アイントラハト・フランクフルト)対Hertha Berlin(ヘルタ・ベルリン)の試合をスタジアムで観戦した。

P1040678
<紙ふぶきが舞うフランクフルトサポーター席>

 今年は6月にスイスとオーストリアでEUROが開催されていたので、シーズンが開幕するのがいつもより早く感じた。

P1040683
<スタンドでパンを売るアギー>

 観戦していたら、元チームメイトのアギーがスタンドでパンを売るバイトをしていた。今はフランクフルト周辺の大学に通っている。

 試合はホームのフランクフルトが優勢だったけど、切り替えの遅れたディフェンスの隙をつかれて前半に1点先制された。後半も、ベルリンは守備を固めてカウンター狙い。前線ではセルビア代表のパンテリッチがためを作って、中盤のブラジル人ラファエルとともに攻撃の基点となっていた。

P1040687
<煙の上がるベルリンサポーター席>

 フランクフルトは後半にもう1点を許し、その直後、スタメンで出場していた稲本に代えてアレックス・マイヤーを投入。敵陣まで押し込むもフィニッシュが決まらず、結局0-2でホームで負けてしまった。フランクフルトファンは選手に対してブーイングの嵐。逆に、ベルリンサポーターは煙幕をあげてお祭り騒ぎだった。

 ベルリンは、今シーズンUEFAカップの予選にも出場していて、まとまりのある面白いチーム。フランクフルトもいいメンツがそろっていると思うけど、中盤に意外性のある選手が一人欲しいところ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

ラインヴェンのワイン祭り

 所属するWirges(ヴィルゲス)の新入選手歓迎をかねて、トリアー近くにあるLeiwen(ライヴェン)という街のワイン祭りに出かけた。泊まりでオクトーバーフェストという案もあったけど、数人の選手に却下された。

P1040699

<ステージ上でワインが次々に紹介される>

 年に数回、チームでどこかに出かけるイベントが行われる。前回はシーズン終了後の打ち上げでケルンに出かけたけど、貸し切りバスが数人の選手だけ乗せて予定時間よりも先にばっくれた。置いてかれた大半はタクシーで帰る羽目に。

P1040701
<会場のテント>

 新入選手によって事前にテントの座席が予約された。こういうイベントでは、入場料その他もろもろは新入選手がすべて支払う。他の選手はすべて招待。

Weinkoenigin_xl
<ワインの女王タマラ>

毎年ワインの女王コンテストがあるらしく、ステージ上で各ワイン紹介をしていた。

P1040696
<新作ワインを試飲するシュテフェン>

 新作白ワインとシャンパンが13本紹介されて、次々に出てきた。このあたりは白ワインの産地らしく、赤ワインは出てこなかった。シュテフェンはこのあとはしゃいで足の裏をガラスで切り、病院で縫う羽目に。

P1040700
<ワイン注文>

来る前はビールが飲めないとブーブー言っていた選手もワインを飲みまくっていた。

P1040704
<チーム写真>

 今回は、予定されていた夜中の2時にみんなバスに戻ってきた。途中、病院でシュテフェンを拾い、家に着いたのは朝の5時半。数人はそのまま仕事に出かけていった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

ホームでの開幕戦 vs Koellerbach

 Betzdorf(ベッツドルフ)とのアウェイでの開幕戦を1-0で勝利して、第2節は今シーズン初となるWirges(ヴィルゲス)でのホームの試合。昨シーズンの後半戦ではホームで1勝もしていないので、そろそろ勝たないとファンもいなくなってしまう。

Koellerbach2
<子供たちと入場>

 今回の相手はKoellerbach(ケラーバッハ)。昔一緒のチームでプレーした選手が3人いた。そのうち、ブラジル人のパピートことゼ・マリオは怪我で来ていなくて、仲のよかったスティーヴンも怪我のため見学。

Koellerbach3
<センターバックのマヌエル(白)>

 今回試合を行ったホームグランドでは、プレシーズンの間に1度しか練習していない。練習試合もすべてアウェイで行った。グランドが荒れるとの理由で、少しでも芝の状態が悪いと使わせてもらえない。ホームなのにアウェイ。昨シーズンの後半戦でホームで1試合も勝てなかった原因の一つかもしれない。

Kollerbach6
<キャプテンのトーマス・エシュ>

 立ち上がり、バーにシュートが当たったりする危ない場面があったけど、GKのアギムがファインセーブ。それ以外は、前回よりもチームの守備は安定していた。ヴィルゲスにも決定的な場面が何度かあったけど、前半は0-0で終了。

Koellerbach4
ヴィルゲスのユニフォームを着る子供>

 ヴィルゲスはいつもスロースターター。後半はよりヴィルゲスペースになった。コーナーキックで、練習通りのところにボールが来て、それをアルヤンが練習通りに頭で決めて先制。
 さらに、オーバーラップからゴール前のボンバー・ダニエルに出したパスが今季初アシストになるかと思ったけど、ダニエルがキーパーとの1対1をはずす。
 終了間際に、新加入のマルコ・ザジッチが2点目を決め、止めを刺した。

Koellerbach5
<ファンに感謝、ダンケTシャツ>

 去年の12月以来のホームでの勝利。プレシーズンでは毎試合失点していたけど、今のところ開幕から2試合連続で完封勝利。このまま勢いに乗りたいところ。でも、来週は仕事の都合で1週間留守にするので、俺は次の試合に出場できない。がんばってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

オーバーリーガ2008/09シーズン開幕 vs Betzdorf

 約1ヶ月のプレシーズンが終わって、ようやくオーバーリーガの新シーズンが開幕した。今年は開幕前から怪我もなく、プレシーズンマッチでは左サイドバックとハーフでいい調整をすることができた。

 開幕戦の相手は、アウェイでダービーとなるBetzdorf(ベッツドルフ)。ラインラントリーガ(州1部)から1シーズンでオーバーリーガに復帰したチーム。それでも、2年前はリーグ戦で1分け1敗。昨シーズンは、カップ戦で負けている。ここ数年勝っていないらしく、監督ハンズィは何が何でも勝たなければ許さないという感じだった。

P1040707
<デビューした新加入のヤン(右)>

 プレシーズンの最後の試合では格下のチームの3-0で惨敗したこともあり、この試合では急遽システムを変更。ふだんの4-4-2、4-2-3-1から、4バックの前に3枚のディフェンシヴの中盤を置いて、相手のカウンターに備えた。とにかく出だしが大事で、最初の15分はとにかくアグレッシヴにファール覚悟で相手を叩きのめせという指示が出た。

 相手も同じようにかなりアグレッシヴで、最初はロングボールと相手フォワードのポジションチェンジに手を焼いた。左サイドバックの俺も含め、ディフェンスラインがうまく機能せず、途中でセンターバックのマヌエルがPKを与えてどうなることかと思ったけど、GKのアギムががっちり押さえて何とか前半を0-0で乗り切った。

 後半になると相手の執拗なロングボール攻撃にもしっかり対応できるようになり、試合は完全にWirges(ヴィルゲス)ペースになった。そして、ファンの間ではボンバーと呼ばれるダニエルがゴールを決め、1-0でアウェイの開幕戦を勝利で飾ることができた。

 前半の内容は良くなかったけどは、とにかく開幕戦で勝った事はでかい。チームにも勢いが出て、いい形で次の試合を迎えられそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »