« EURO 2008 オランダ対フランス in ベルン | トップページ | EURO 2008 シャフハウゼンのライン滝 »

2008年6月22日 (日)

EURO 2008 スイス対ポルトガル in バーゼル

 6月14日、グリンデルヴァルトからバーゼル近くのミュールーズへ移動。ミュールーズはスイスとの国境付近にあるフランスの街。バーゼルまでは約35キロだが、検問に引っかかるとめんどくさい。

P1040431
<ミュールーズ駅前>

 6月15日、ミュールーズからバーゼルのSt. Jakob Parkというスタジアムに移動。スイス対ポルトガル戦が行われた。

P1040437
<バーゼルの旧市街にある市庁舎>

 グループAは、ポルトガルが2勝して準々決勝進出が決定。相当のメンバーを落としてきた。対するスイスは、開催国ながらグループリーグ敗退が決定して盛り上がりはいまいち。開催国としてせめて1勝が欲しいところ。

P1040435
<各開催都市にあるファンショップ>

 試合が開催される各都市には、大きなファンショップが建てられていた。どこも売っているものはあまり変わらないが、スイスの敗退が決定してか、スイスグッズが大量にたたき売りされていた。

P1040438
<中継用のスタジオ>

 大会期間中、天気はあまり良くなかったけど、これまで訪れた試合会場では雨が降らなかった。が、今回に関してはずっと雨。ファンショップで折りたたみ傘を購入した。

P1040458
<試合前に集まるスイスサポーターたち>

 スイスは、怪我で欠場したエース・フライに代わって、ベテランのハカン・ヤキンが2得点と奮闘。スタメンクラスのほとんどをベンチに置いたポルトガル相手に2-0で勝利。スイスは最後に大会のうっぷんを晴らすことができた。ポルトガルはこの敗戦がトーナメントの今後にどう影響するか?ここで少し歯車が狂ったと思う。

P1040465
<試合後のザンクト・ヤコブ・パーク>

 グループAのもう1試合は、トルコ対チェコの1勝1敗対決。引き分けなら得失点差でトルコが通過。点を取りに行かなければならないチェコは、計算どおり2点をリード。しかし、粘り強くトルコは攻め続け、これまでよく守っていたチェコのGKチェフのミスもあり、終了間際には逆転に成功する。

P1040471
<開催国スイスのユーロは終了>

 トルコは中盤に技術のある選手を集め、ゲームの主導権を握る。ディフェンス面に安定感はあまりないが、みんな気持ちが入っていて勢いに乗ると怖いチーム。いつも全力を出し切っている感があるのがいい。

つづく・・・

|

« EURO 2008 オランダ対フランス in ベルン | トップページ | EURO 2008 シャフハウゼンのライン滝 »

International Football (世界のサッカー)」カテゴリの記事

Travel (旅)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/22503732

この記事へのトラックバック一覧です: EURO 2008 スイス対ポルトガル in バーゼル:

« EURO 2008 オランダ対フランス in ベルン | トップページ | EURO 2008 シャフハウゼンのライン滝 »