« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の5件の記事

2008年5月31日 (土)

オーバーリーガ2007/08シーズン終了

 ホームアンドアウェイで34試合を終え、オーバーリーガ2007/08シーズンが終了した。今シーズンも長かった。俺の所属するWirges(ヴィルゲス)は、18チーム中8位。オーバーリーガにはいくつかのプロチームが所属していて、ヴィルゲスはそれらのチームと比べると全然練習量が少ないにもかかわらず、時には勝ち星もあげたりして何とかそれらのチームの下に喰らいついていく事ができた。ユース上がりの若手が多い中、この結果は満足できるものだと思う。

P1040240
<クリスチャン・ヌェラー>

俺は昨シーズンの最終節に膝を怪我し、今シーズンの開幕戦には間に合わなかった。前回と同じところを怪我して、前回よりも長引いた。前半戦の半分以上を棒に振ったけど、少しずつ試合に出ることができて、ヴィルゲスでの2シーズン目もチームの一員として行動できたと思う。

P1040242
<移籍したシュタリー>

来シーズンからブンデスリーガ3部が新たにできることになり、今までのレギオナルリーガ(3部)が4番目のリーグになり、オーバーリーガ(4部)が5番目のリーグになる。

来シーズンに向けて、今回は3選手がチームが離れていった。

P1040252
<ケルンの某クラブにて>

シーズン打ち上げで、ケルンのクラブに行く。
監督ハンズィの趣味で決めた場所なので、若手はあまり乗り気ではなかった。

P1040261
<ケルンの某クラブにて②>

貸切のバスを借りていたが、帰りに集合場所に行ったらバスがいなくなっていた。5,6人だけ乗せて先に出発しやがった。
時間前に集合場所に行ったにもかかわらず、監督ハンズィを含め10人くらいの選手がケルンに取り残された。しょうがないので、みんなでタクシーを拾って帰った。

翌週、監督ハンズィは練習で大激怒していた。

P1040254
<クリスチャン・ヌェラー>

ということで、約1ヶ月のシーズンオフに突入。
7月1日から練習が再開し、8月の頭からリーグ戦が始まる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

EURO 2008 スイス下見

EURO2008が始まる直前の5月後半に、スイスへ車で出かけた。

EURO2008はスイスとオーストリアでの共同開催。
それぞれの国の4都市で試合が行われる。
今回はスイスのバーゼル、ベルン、ジュネーヴ、チューリッヒのスタジアムを観にいった。
ジュネーブには約2年ぶりに舞い戻ってきた。

Schweiz_121_7
<ジュネーヴのスタジアム>

もうすぐ開幕ということで、スタジアム周辺は厳重に警備されていた。
警官が暴動に対するシミュレーションを行っているスタジアムもあった。
スタジアムの規模は、ドイツのワールドカップで使われたもの比べるとだいぶ小さい。

Schweiz_119
<ニヨンにあるUEFA本部>

スイスのNyon(ニヨン)という街にはUEFAの本部が置かれている。

Schweiz_117
<UEFA本部のトロフィー>

二ヨンはレマン湖のほとりにあり、ジュネーブとローザンヌの間に位置している。
ジュネーブまでは約30キロ、ローザンヌまでは約40キロ。

Schweiz_063
<クライネ・シャイデックの駅>

サッカーに関係ないけど、せっかくだから登山電車で山の上へ。
Grindelwald(グリンデルワルト)から、Jungfraujoch(ユングフラウヨッホ)の途中にあるKleine Scheidegg(クライネ・シャイデック)へ。

Schweiz_062
<標高2061mのクライネ・シャイデック>

クライネ・シャイデックの標高は2061mで、5月だというのに雪が残っていた。
もう夏なのにさみー。

Schweiz_070
<ユーロバージョンの電車>

山の上にもEURO2008バージョンの電車が来ていた。

しかしながら、スイスの街中はワールドカップ時のドイツほど盛り上がっていない気がした。どうなるものか、行けばわかるさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

さらばコブレンツ ケルンに引越し

新婚・金子夫妻のケルンの家が見つかり、いよいよコブレンツから引越しすることになった。

P1040227
<コブレンツのビアガーデン>

引越し前日に、コブレンツにあるライン川沿いのビアガーデンを訪れる。
もうすぐコブレンツともおさらば。

2008_05200019
<荷物を積む>

引越し用の車をEuropcarで借り、引越し開始。
金子夫妻、手伝いに来たマサキとともに荷物を車に積み込む。

2008_05200016
<コブレンツの家で昼休み>

ケルンへの1往復目を終え、コブレンツの家で昼休み。

2008_05200017
<キモイと言われたひとコマ>

その辺にあったものを身につけてみた。

2008_05200021
<ケルンの新居にて>

荷物をすべて輸送完了。
新居のすぐ向かえには、イタリア人のアイス屋がありにぎわっている。
当初荷物が散乱していた部屋も、今では家具もすべてそろいすっかりきれいになっている。

また遊びに行きます。
あまりアイスを食べ過ぎないように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

因縁の対決 オーバーリーガ第31節 Hauenstein戦

 オーバーリーガ第31節。Hauenstein(ハウエンシュタイン)との因縁の対決を向かえた。前半戦にアウェイで対決したときは、人種差別発言問題や暴力事件が発生しもめにもめた。

P1040207
ヴィルゲス(黄色)対ハウエンシュタイン(白)>

 リーグ前半に対戦した時は、先制されるも最後は1-1の同点に追いついた。この試合では、前回ヴィルゲスのトーマス・エシュと問題を起こした黒人選手はいなくなっていた。どこかに移籍してしまったのか?

P1040205
<前半を0-0で終了>

 ここのところリーグ上位に位置するHomburg(ホンブルク)、Trier(トリアー)、Mainz(マインツ)2軍などと厳しい対戦が続いていた。それらのチームと比べるとハウエンシュタインの力は明らかに劣っていた。しかしながら、エースのトーマス・エシュがPKを失敗するなどしてチャンスを逃し、前半は0-0で終了。

P1040215
<ノーファール>

 後半も両チーム精彩を欠き、結局試合は0-0で終了。2008年、年が明けてからのリーグ後半戦で、ヴィルゲスはホームで1勝もあげていない。昨シーズンもそうだったが、ヴィルゲスはホームで弱い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

Y先生のドイツサッカー研修

 2008年4月、兵庫県の高校からY先生がサッカー研修のためドイツにやってきた。Y先生は日本のA級ライセンスを持ち、兵庫県内でも決勝まで勝ちあがる高校の指導をしている。12月までの滞在期間中、クラブチームでの研修や試合観戦などいろいろな活動を予定している。

Cimg0051
<ブンデスリーガを観戦>

 Y先生のドイツでの滞在場所はKoblenz(コブレンツ)。大きすぎず、小さすぎず、ケルンやフランクフルトへの大都市にも1時間もあれば移動できる。大家のホフマンさんは、ブンデスリーガ2部に所属する地元Tus Koblenz(トゥス・コブレンツ)の会員。Y先生にマフラーをプレゼントし、一緒に試合を観にいった。

Koblenz2008
<ブンデスリーガ2部、コブレンツの試合を観戦>

 コブレンツはブンデスリーガ2部に昇格して2シーズン目。今シーズン中、経営面でのスキャンダルがあり8ポイントも勝ち点を引かれたが、何とか2部残留を決めた。

Yamane_sensei_9_6
<ブンデスリーガ2部のアーヘンで研修>

 元レッズのブッフバルトが一時監督を務めたAlemania Aachen(アレマニア・アーヘン)のユースチームで研修を行った。アーヘンは1部復帰を狙っているが、周辺には資金面で勝るライバルチームが多く存在する。自らのユースから選手を育て上げ、トップチームに送り込まなければならない。

Yamane_sensei_9_29
<アーヘンU19のヘーグナー監督と>

 アーヘンのサテライトチームはオーバーリーガ(ドイツ4部リーグ)に所属していて、ユースカテゴリーはU19からU10まで9チームある。U19のヘーグナー監督は、自身もアーヘンでプロとしてプレーし、ビーチサッカーのドイツ代表監督兼選手としても活躍した。

Yamane_sensei_9_24
<フランクフルトのトップチームの練習風景>

 ブンデスリーガ1部に所属する、Eintracht Frankfurt(アイントラハト・フランクフルト)の練習を見学。稲本選手以外にも、EURO2008に出場するスイスやギリシャの代表選手も所属している。

Yamane_sensei_9_4
<フランクフルトの稲本選手と

 練習前に、同じ関西出身の稲本選手に挨拶。ブンデスリーガでは、後半戦も試合に出場しがんばっている。

 Y先生の研修まだまだ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »