« ドイツB級コーチライセンス講習③ | トップページ | 3月24日に結婚しました。 »

2008年3月16日 (日)

ドイツB級コーチライセンス講習④

 2月25日から3月7日まで参加した、ドイツのB級コーチライセンス講習会。今回の講習に出て思ったことは、この講習に出てライセンスを取っても、自分の実力が大きく変わるものではないということ。もちろん講習中にはいろいろなことを勉強したけど、それによって自分のコーチとしての能力が上がったわけじゃない。ただ、Jungheim(ユングハイム)教官からはいろいろなヒントが飛び出し、コーチとして進むべき方向性や何を勉強していかなければいけないかということがよーくわかったような気がする。(今、やった内容やメモを整理中。)

 Cライセンスを取ってから2年弱経つけど、今回の講習はそういう意味で、いい方向確認&修正になったと思う。全く方向性が間違っていたわけではないけど、以前よりも土台が固められて、見るべきところが明確になったので、今までよりも吸収や修正ができるようになったと思う。

講習中、よく言われたこと。

①根本から考え直すこと。
 今まで当たり前のようにやってきている練習の中には、プロでもアマチュアでもたくさんの無駄がある。1回の練習で10分の無駄があれば、1週間で1時間以上の無駄ができる。この1時間の使い方がチームの結果につながる。

②とことん考えること。
 初心者でない限り、できる限り実践的な練習が必要。その練習内容は、実際に試合中に存在するものか?フィールドの広さ、敵や味方の数、時間、負荷など。
例)試合中に、30分も1時間も同じペースで同じフォームで走り続けることがあるか?

 コーチングスタイルやサッカーの考え方は一つではないので、あとは自分でレベルアップして自分のスタイルを確立していくしかない。とにかく、なんだかんだ言ってないで、経験を積んでいこうと思う。

|

« ドイツB級コーチライセンス講習③ | トップページ | 3月24日に結婚しました。 »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

Youth (サッカー育成年代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/20215353

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツB級コーチライセンス講習④:

« ドイツB級コーチライセンス講習③ | トップページ | 3月24日に結婚しました。 »