« エスパルスカップ 2007 in 清水 | トップページ | 2008年 初蹴り »

2007年12月31日 (月)

オリバーカーン クリスマスパーティーをサボる

 今シーズン限りで引退を表明しているバイエルン・ミュンヘンのオリバー・カーンが、12月11日のチームミーティングで25000ユーロ(約400万円)の罰金と1試合(ヘルタ・ベルリン戦)の出場停止を言い渡された。理由は、今シーズン入団してきたイタリア代表のルカ・トニとフランス代表のフランク・リベリーを公の場で批判し、さらに子供の面倒を見るという口実でチームのクリスマスパーティーを早退したのに彼女と食事している現場を目撃されたから。オトマー・ヒッツルフェルト監督は、「公の場でチームメイトを批判しない」と言うルールのほかにも、「チームメイトへのリスペクト」、「チームでの食事の場には時間通りに集まる」などチームの和を尊重する監督で、今回、やむを得なくキャプテンであるカーンに対してこのような処置をとった。

 バイエルンは今シーズン大型補強をし、開幕ダッシュでトップを堅持していたが、前半戦の終盤に差し掛かると徐々に勢いを失ってしまった。前半戦終了時点では得失点差で1位ながらも、2位のブレーメンには勝ち点36で並ばれている。その原因と言われているのが、シーズン序盤絶好調だったルカ・トニとリベリーの不調。カーンはキーパーとして無失点で抑えても、前線のキープレーヤーのこの二人が調子を落としてしまい試合になかなか勝てない。そして、この2人がドイツ語を覚えないので言いたいことが伝えられない。人一倍勝利に飢えているカーンは、キャプテンとしてチームに勝利をもたらすためにこの二人に活を入れるつもりだった。

 UEFAカップでは決勝トーナメントに進出したバイエルン。カーンは、引退のシーズンをUEFAカップ優勝とブンデスリーガ優勝で締めくくれるか?

|

« エスパルスカップ 2007 in 清水 | トップページ | 2008年 初蹴り »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/9669391

この記事へのトラックバック一覧です: オリバーカーン クリスマスパーティーをサボる:

« エスパルスカップ 2007 in 清水 | トップページ | 2008年 初蹴り »