« やっと膝が治る - Salmrohr戦 | トップページ | ブンデスリーガ フランクフルト対レバークーゼン »

2007年9月28日 (金)

テストマッチ U18 ドイツ対ルワンダ in Emmelshausen

 9月25日に、Rheinland=Pfalz(ラインラント・プファルツ)州のEmmelshausen(エンメルスハウゼン)というところで、U18のドイツ対ルワンダのテストマッチが行われた。

 ラインラントサッカー協会はルワンダのサッカー普及をサポートしていて、今回、U18チームがアフリカからはるばるKoblenz(コブレンツ)にやってきていた。このチームは今年の4月にもコブレンツに来ていて、そのときWirges(ヴィルゲス)とも対戦し3-0で勝利している

1050546_img
<ドイツ(白)とルワンダ(黄色)の国歌斉唱>

 
ルワンダU18の監督は、ラインラントサッカー協会から派遣されたドイツ人。Michael Weiss(ミヒャエル・ヴァイス)といい、過去に京都パープルサンガや国見高校での指導歴も持っている。前回のヴィルゲスとルワンダU18の試合のときに知り合い、今回久しぶりに会うことができた。


Germanyxrwanda_99_5
<突破を試みるドイツのMF>

 前半開始早々からルワンダは飛ばしていき、中盤で素早いパスのコンビーネーションから何度かいい形を作っていた。ドイツは中盤での対応が後手になり、序盤ややおされていた。攻撃でもパスミスがとても多く、すぐにルワンダに逆襲されていた。しかしながら、ルワンダもフィニッシュがなかなか決まらず、前半は0-0のまま終了。

Germanyxrwanda_99_10
<ドリブル突破をはかるルワンダの選手>

 
後半になるとドイツはパスミスも減り、ルワンダ陣内へ攻め込む回数が増えた。逆に、ルワンダは集中力が切れたのか、パスミスを連発。ドイツに先制点を許してしまった。しかし、サイドのフリーキックからヘディングを決め1-1の同点に追いついた。

 ルワンダは単発でいいプレーを見せていたが、ドイツは地味ながら試合を通して安定感があった。ルワンダは一発でタックルにいってしまったり、無理にダイレクトパスをしたりする場面が多かった。ドイツは2点追加点を奪い、最終的にはドイツが3-1でルワンダを下した。

Germanyxrwanda_99_21
<試合後のルワンダの選手>

 
今年4月にルワンダU18チームがコブレンツで合宿をはった時、同時にインターナショナルコーチライセンスコースというものがコブレンツで開かれていた。そのときには、ルワンダU18のキーパーコーチのクロードという男をはじめ、ルワンダサッカー協会の何人かもコースに参加していてとても仲良くなった。そのうちの一人には「北斗神拳伝承者」と書かれたTシャツをあげた。今回久しぶりに会えるかと思っていたが、前回終始お祭り騒ぎだったのでどうやら今回はルワンダに置いていかれたらしい。

|

« やっと膝が治る - Salmrohr戦 | トップページ | ブンデスリーガ フランクフルト対レバークーゼン »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

International Football (世界のサッカー)」カテゴリの記事

Youth (サッカー育成年代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/8213936

この記事へのトラックバック一覧です: テストマッチ U18 ドイツ対ルワンダ in Emmelshausen:

« やっと膝が治る - Salmrohr戦 | トップページ | ブンデスリーガ フランクフルト対レバークーゼン »