« ペルーの独立記念日 | トップページ | ちょっと復活 - Neunkirchen戦 »

2007年8月 3日 (金)

オーバーリーガ2007/08シーズン開幕 - Worms戦

 オーバーリーガ(ドイツ4部)2007/08シーズンが開幕した。Wirges(ヴィルゲス)の開幕戦の相手は、昨シーズンリーグ3位のWormatia Worms(ヴォルマティア・ヴォルムス)。今シーズンの優勝候補の一つで、スタジアムには約1400人の観客が集まった。99パーセント以上がヴォルムスファンだった。俺は昨シーズンの最終戦で怪我をした膝と足首がまだ治らず、スタンド観戦した。

Wormswirges071_2
<ヴォルムス(赤)とヴィルゲス(白)の入場>

 開幕戦はどのチームにとっても難しい。優勝候補とアウェイでの対戦だが、ヴォルムスもリーグ昇格を果たさなければならない立場でかなりのプレッシャーだったと思う。前半、ディフェンスのミスから危ないシーンがいくつかあったが、ラッキーなことにシュートがポストにあたり失点を免れることができた。ヴィルゲスはコンパクトに守りカウンターで攻めた。そして、前半30分くらいのカウンターから、ユース上がりのフォワード・ダニエルの落としたボールを最年長のアルヤンが25メートルHammer(ハマー)をきめ、ヴィルゲスがまさかの先制点。ヴォルムスファンは一瞬静まり返り、その後、ヴィルゲスベンチにはタバコの吸殻やらビールの容器が飛んできた。

Wormswirges07
<競り合うセンターバックのマヌエル(中)>

 
後半、ヴォルムスは点を取るためにリスクを冒してかなりオフェンシヴにきた。ヴィルゲスは前半と同じようにコンパクトに守ってカウンターを繰り返した。ヴォルムスが前掛りになっていたので、カウンターがうまく決まり何度かフィニッシュまで行くことができたが、追加点を奪うことはできず。逆に、残り15分でコーナーキックからこぼれ球を押し込まれ同点にされてしまった。その後、何とかヴォルムスの猛攻をしのぎ、試合は1-1のまま終了。勝ち点3が欲しいところだったが、アウェイで強豪相手に勝ち点1を取ることができ、内容的にも満足のいくものだった。

Neunxsaar07
<ザールダービー>

 ザールラント州では、同じリーグに所属するノインキルヒェン対ザールブリュッケンのザールラントダービーが行われた。1.FC Saarbruecken(ザールブリュッケン)は過去ブンデスリーガ1部に所属していたが、昨シーズン3部から4部に降格してしまった。ノインキルヒェンのスタジアムで行われたこの開幕戦には、4部リーグながら9500人の観客が集まった。ノインキルヒェンもザールブリュッケンと同じように優勝候補の一つに挙げられていて、結果は2-2の引き分け。ヴィルゲスは次節、ノインキルヒェンとアウェイでの対戦することになっている。難しい試合が続くが、序盤で勢いに乗るためにもできる限り多く勝ち点が欲しいところ。その前に自分は怪我を治して早くチームに合流しないと。

|

« ペルーの独立記念日 | トップページ | ちょっと復活 - Neunkirchen戦 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/7454003

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーリーガ2007/08シーズン開幕 - Worms戦:

« ペルーの独立記念日 | トップページ | ちょっと復活 - Neunkirchen戦 »