« 闘将マテウスが選ぶFWベスト8 | トップページ | 2007年ドイツ最優秀選手 »

2007年8月17日 (金)

ようやく初公式戦 - Hasborn戦

Wirgesharborn07
Wirges(白)とHasborn(赤)

 
2ヶ月以上の怪我から復帰して、前節はようやくベンチに入ることができた。今節は、シーズン初のホームでの試合で、対戦相手はHarborn(ハスボン)。前節のNeunkirchen(ノインキルヒェン)と同様ザールラント州のチーム。毎年ぎりぎり降格せずにリーグに残留し、注目されているチームではないが、新シーズンでは3試合で2勝1敗と結果を残している。ヴィルゲスは、このホームでの開幕戦を4-1で勝利し、リーグ3試合目にして初勝利をあげることができた。

 同じ日、俺は調整のため、ラインラントリーガ(ドイツ5部)に所属するヴィルゲスの2軍で試合に出ることになった。怪我が治ってから練習試合で45分しかプレーしていなくて、前日の練習でもシュートを撃った際に怪我をした膝がまだ少し痛んだのでいろいろと不安だったが、できるところまででいいからということで先発で出場することになった。走りこみはしていたので体力的にはそれほど問題はなかったが、右の膝をかばってプレーしているのが自分でもよくわかった。

 まだまだ体も試合感もフィットしていなかったが、久しぶりに80分試合ができて楽しむことができた。試合のほうはというと、前半と後半に1失点ずつ許し0-2で負けてしまった。次の日、1軍の監督ハンズィが「スキャンダルだ」と言っていた。

 チームドクターは、「痛みはあるけどプレーしてもこれ以上悪化しないだろう」と言っていて、監督のハンズィにも「ドクターがああ言っているから、痛いのは気持ちの問題じゃないか?」と言われた。そうあることを願っていて、今回の試合でも怪我を悪化させることはなかったが、次の日の練習でターンをした時また膝に痛みが走った。怪我をしてから8週間が経つが、ちょっとおかしいということでようやくMRIで精密検査をすることになった。ここに来てまたしばらく休まなければならない。メンシュ!

|

« 闘将マテウスが選ぶFWベスト8 | トップページ | 2007年ドイツ最優秀選手 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/7576995

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく初公式戦 - Hasborn戦:

« 闘将マテウスが選ぶFWベスト8 | トップページ | 2007年ドイツ最優秀選手 »