« ヴィルゲス 2007/08シーズン | トップページ | オーバーリーガ2007/08シーズン開幕 - Worms戦 »

2007年7月29日 (日)

ペルーの独立記念日

 1821年7月28日にペルーはスペインからの独立宣言を行った。スペインがぺルーの独立を正式に認めたのは1879年だけど、ペルーの人たちは毎年7月28日に独立記念日を祝っているらしい。ペルー出身のアントニオに誘われて、この日ボンで行われたペルー独立記念日パーティーに参加した。

 アントニオの本名は、アントニオ・ラモス。インディオ系の顔立ちをしていて、初めて会ったときは「え、もしかして日本人?」と思った。俺の所属しているWirges(ヴィルゲス)のライバルチームEngers(エンガーズ)のコーチをしている。エンガーズではみんなにラモスと呼ばれている。ヴィルゲスの監督ハンズィとエンガーズの監督は犬猿の仲で、ハンズィはいつも何かあるごとにエンガーズの悪口を言っているが、選手同士では知り合いも多く結構仲がいい。試合の結果や近況報告のため、アントニオとはちょくちょく連絡を取り合っている。大体、ワンコール切りをしてくる。

Peru_007
<ペルーの伝統的な踊りを披露するアントニオ>

 
会場ではアントニオがDJをしていて、ラテン系の音楽やペルー音楽が流れていた。冬にケルンで行われたラテンアメリカパーティーの時にはDJだけだったアントニオだったが、今回はアントニオ自らがペルーの伝統的な踊りを2度披露した。笛の音が印象的な音楽だった。アントニオが踊っている間、弟のホセがDJを任され、兄貴が踊っている様子を見て笑っていた。 

 アントニオやホセは、「南米のサッカーに踊りは欠かせないもので、リズム感はサッカーでとても重要だ」ということを言っていた。そして、「ドイツは何でも戦術で解決しようとして、がちがちに固めてしまう」とホセが愚痴っていた。逆に、現ドイツ代表のレーヴ監督は、「個人技やサッカーに対する適性で南米の選手に負けている部分は、戦術でカバーしないといけない」と言っていた。南米やアフリカからヨーロッパにやってくる選手は、みんなヨーロッパで戦術を覚えてワールドクラスの選手になっている。各地域のサッカースタイルや文化の違いなどはあるけど、両方バランスよくいかせることが大事だと思う。

Peru_008
<一踊り終えたアントニオ(中)>

 
ペルーは、今年の6月7月にベネズエラで行われたコパ・アメリカ(南米選手権)で予選リーグを突破し決勝トーナメント(ベスト8)に進出したが、準優勝したアルゼンチンに0-4で負けた。優勝は3-0でアルゼンチンに勝ったブラジル。
 
 ペルー代表FWのピサロやゲレロはブンデスリーガでもプレーしていて、ドイツではかなり知られている。ピサロは今シーズン、移籍金無しでバイエルン・ミュンヘンからチェルシーへ。ピサロは昨シーズン、バイエルン・ミュンヘンからハンブルガーSVへ移籍した。

Peru_009
<みんなで輪になってダンス>

 DJといっても、アントニオは適当にCDを選んで音楽を流しているだけ。曲と曲の間はたまに切れるし、参加者がサルサでノリノリで踊っているときにいきなりペルー音楽に変えたりしたので、「もっとサルサを流してくれ」というリクエストが何度も来ていた。アントニオがよく席をはずしたので、隣に座っていた俺にまでもリクエストをしてくる始末。まあ、なにわともあれ、ペルーの音楽になってもみんな輪になって楽しそうに踊っていたのでよかった。

|

« ヴィルゲス 2007/08シーズン | トップページ | オーバーリーガ2007/08シーズン開幕 - Worms戦 »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

German Life (ドイツの出来事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/7340224

この記事へのトラックバック一覧です: ペルーの独立記念日:

« ヴィルゲス 2007/08シーズン | トップページ | オーバーリーガ2007/08シーズン開幕 - Worms戦 »