« Rolling Stones ライブ | トップページ | ロンギーとランニング中 »

2007年6月22日 (金)

U21 ヨーロッパ選手権 in オランダ

 6月10日から23日まで、U21のヨーロッパ選手権(UEFA European U21 Championship)がオランダで開催された。出場国は、予選を勝ち抜いた7チーム(ベルギー、チェコ、イングランド、イスラエル、イタリア、ポルトガル、セルビア)と開催国のオランダ。4チームずつ2グループに分かれ、それぞれのグループの上位2チームが準決勝へ進出する。また、北京オリンピックのヨーロッパ予選も兼ねていて、5位までがオリンピックの出場権を獲得することになる。

 この大会は1978年から2年ごとに開催されていて、開催国のオランダは前回の初優勝に続き2大会連続優勝を狙っている。ちなみにこれまでの最多優勝国はイタリア(5回)、その後にスペイン、イングランド、ソ連(2回)が続き、フランス、ユーゴ、チェコが1回ずつ優勝している。

Emu21_031
<試合前の国歌斉唱>

 大会はオランダの4つのスタジアムで行われ、今回、ドイツ国境から近いArnhem(アーネム)という街で行われたイタリア対チェコ戦を観にいった。このスタジアムはオランダ1部のフィテッセ・アーネムというチームのホームスタジアムで、収容人数は26600人とそんなに大きくはないが、なかなか新しくてきれいなスタジアムだった。観客席は半分も埋まらず、7割くらいがイタリアファンだった。

 会場でわかったことだが、イタリアの監督は、過去ロベルト・バッジョとユベントスや代表で2トップを組んでいたカシラギ。当時のあだ名は「リトル・バイソン」。そして、アドバイザーにはパルマやチェルシー、イタリア代表でも活躍したジャンフランコ・ゾラ。ナポリではマラドーナともプレーしていて、「マラゾーラ」とも呼ばれることもあった。この頃はセリエAをみまくっていたので、会場で名前を聞いたときかなり懐かしかった。

Emu21_043
<ファールするイタリア10番のロジーナ(左から3番目)>

 ウォーミングアップを見た感じでは、チェコの選手たちの能力はイタリアに比べて劣って見えた。実際、試合が始まってみると、名だたるチームでプレーしているイタリアの選手たちは、フィジカル、テクニック、戦術ともに明らかにチェコよりも上のレベルでプロのサッカーをしていた。中盤は完全にイタリアに支配されていて、チェコはレバークーゼンに在籍する14番のPapadopulos(パパドプロス)が前線で一人奮闘するだけだった。

 先制点はローマに所属する8番のAquilani(アクイラーニ)のフリーキック。チェコはパパドプロスが10分後に同点とするが、3番のChielini(キエリーニ)と11番のRossi(ロッシ)が追加点をあげ、イタリアが3-1と快勝した。結果以上に内容ではイタリアが圧倒していた。

Emu21_080
<3ゴール目を決めるジュゼッペ・ロッシ>

 チェコが少し弱かったのもあるが、イタリアは面白いサッカーをしてくれた。これから先、この中から何人も上に上がっていく可能性を感じた。特に良かったと思った選手は、中盤の司令塔8番のアクイラーニ(ローマ)、3トップの両サイドの11番ジュゼッペ・ロッシ(パルマ)と10番のロジーナ(トリノ)。この3人が攻撃に参加するとディフェンダーとしては怖い。そして、この3人が思うように攻撃できるように中盤の底でバランスを取っていた4番のNocerino(ノチェリーノ)。目立つ選手ではなかったが、体が強くミスも少ない。チームにとって欠かせない存在。ノチェリーノの保有権は大会期間中、セリエBのピアチェンツァからユベントスに移った。この4人以外にも、イタリアを含めて各国の有望な選手が大会に参加していて、スカウトの目に留まっていた。

Emu21_094
<圧倒的な試合内容>

<グループA>   <グループB>
1位 オランダ        1位 セルビア
2位 ベルギー     2位 イングランド
3位 ポルトガル   3位 イタリア
4位 イスラエル       4位 チェコ

 イタリアが優勝候補と思いきや、グループB首位のセルビアにイングランドが2-0で勝ったため、イタリアは準決勝に進出できなかった。グループAでは2勝1分の開催国オランダと1勝2分のベルギーが準決勝進出を決めた。

<5位決定戦>
北京オリンピックの最後の切符をかけて、ポルトガルとイタリアの対決。
テレビで見ていたが、どちらかといったらポルトガルのほうが攻め込んでいた。イタリアは後半にジュゼッペ・ロッシが退場して一人少なくなったが、延長まで戦い抜いて0-0の同点。PK戦の末、イタリアが勝利し、オリンピックの切符を手にした。

Emu21_100
<チェコのストライカー、パパドプロス>

<準決勝①>
オランダ対イングランド
後半終了間際にオランダが1-1の同点に追いつく。1周回って更に6人目まで続いたPKはオランダの勝利。

<準決勝②>
セルビア対ベルギー
2-0でセルビアの勝利。

<決勝>
オランダ対セルビア
セルビアは後半に一人が退場してから3失点。結局、4-1で地元オランダが2年連続優勝を果たした。

 ちなみに、ドイツは予選最後のプレーオフでイングランドに負けて本大会に出場はできなかった。独立したばかりのセルビアはいきなり決勝まで進出し、旧ユーゴスラビア圏の層の厚さ、ポテンシャルの高さを見せてくれた。それ以外にも、本選では1勝もできなかったイスラエルだが、本来強豪といわれる国以外も着実に力をつけてきている。もともと激戦区だったヨーロッパだが、これから実力が拮抗してきて更に厳しい戦いになってくる。

|

« Rolling Stones ライブ | トップページ | ロンギーとランニング中 »

International Football (世界のサッカー)」カテゴリの記事

Travel (旅)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/6982509

この記事へのトラックバック一覧です: U21 ヨーロッパ選手権 in オランダ:

» イェレミース [サッカー選手名鑑~このブログ、詳しすぎ(の予定)につき・・・~]
イェンス・イェレミース(Jens JEREMIES)フルネーム  イェンス・イェレミース国籍      ドイツ生年月日   1974年3月5日出身地     ゲルリッツポジション   DF(CB) MF(DMF)身長/体重  176cm/76k...... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 00:47

« Rolling Stones ライブ | トップページ | ロンギーとランニング中 »