« 気の緩み - Bad Kreuznach戦 | トップページ | ピーマンを食え - Mechtersheim戦 »

2007年4月20日 (金)

アッツィの勇姿 - カップ戦準決勝

  Egc_7 VS     Oberwinter
Wirges(ヴィルゲス)     Oberwinter(オーバーヴィンター)

 Rheinland(ラインラント)州のカップ戦もいよいよ準決勝までやってきた。「この試合が今の時点ではもっとも大事な試合。週末に控えているリーグ戦は忘れろ。」と監督のハンズィが言うように、どうしても勝って決勝に進出したい。前日にはEngers(エンガース)とTrier(トリアー)のもう一つの準決勝が行われ、3-1で勝利したトリアーが6月に行われる決勝に駒を進めた。

 今回の相手は5部リーグのOberwinter(オーバーヴィンター)。会場はオーバーヴィンターになり、非常にやりにくい人工芝の上での試合となった。オーバーヴィンターは5部で5位くらいに位置し、リーグでは最多得点の攻撃力を誇るらしい。準々決勝では、5部で首位のRossbach(ロスバッハ)に3-0で勝利している。決して侮れない。試合の前日の練習ではエースのトーマス・エシュが負傷。軽い怪我で、試合には元気に現れると思っていたが、最終的には出場を断念。これが試合にどう響くか。

 ヴィルゲスは前線からボールを奪いに行き、とにかく点を取りに行った。「これから戦いにいく。怪我が怖いやつは試合に出るな。」と試合直前に監督のハンズィが言っていたが、ホームのオーバーヴィンターも決勝の舞台に向けて相当気合いが入っていた。ボール支配率は明らかにヴィルゲスが上だったが、完璧には崩しきれずそこまでの決定的なチャンスはなかった。逆に、オーバーヴィンターはヘディングの強い選手とテクニックとスピードのある選手のフォワードのコンビでカウンターを狙ってきた。

 前半の中盤、ヴィルゲスのコーナーキックのチャンス。しかし、オーバーヴィンターのディフェンダーがクリアーしたボールからカウンターが始まり、大きなパス2本でヴィルゲスのゴール前までボールを運ばれる。センターバックが体を寄せきれず、キーパーが少し前に出てきたところをループ気味でシュートを打たれ、先制点を決められた。リーグ戦でもこんなことは一回もなかったが、ヴィルゲスは油断からか攻守の切り替えが遅れ、オーバーヴィンターは見事にチャンスを生かした。

 前節のリーグ戦の前半もそうだったが、この試合も同じようにチームの力が出し切れていなかった。この試合に向けての改善すべき点をきつく言われて気持ちを入れ替えたつもりだったが、攻撃があまりにも静的で、何人かの選手は審判に抗議をして守備への切り替えを怠っていた。監督のハンズィはもちろん激怒し、もっともっと力を出すようチームへ要求した。

 後半は気持ちを入れ替え、攻撃が流動的になり、前半よりも決定的なチャンスを作ることができた。が、不可解なオフサイドの判定から、ゴール前にこぼれたボールを押し込まれ、まさかの2点ビハインド。チームはがっくりくるところだったが、キックオフ早々ジミーが打ったミドルシュートのこぼれ球をネナドが押し込み、再び1点差に追い上げる。勢いは明らかにヴィルゲスにあり、オーバーヴィンターはいつ追いつかれてもおかしくない状態に追い込まれた。試合終了も近づいてきた頃、ヴィルゲスはペナルティーエリア付近で直接フリーキックのチャンス。このチャンスにキッカーは怪我から復帰したアッツィ。壁を越えたボールはきれいな弧を描いてゴールの左隅へ。延長への望みをつないだアッツィは、ゴールを決めたあと、興奮のあまり自陣のゴール付近まで全力疾走していった。かなり体力を消耗したと思う。

 それから流れはヴィルゲスに傾き、延長前半で追加点を奪えそうなチャンスが何度かあった。しかし、これをものにできず延長後半へ突入。そして、オーバーヴィンターにサイドからフリーキックのチャンス。ヘディングの競り合いがこぼれ、キーパーのスヴェンが反応したが、誰かがボールに触りコースが変わる。ボールはそのままゴールラインを割るところだったが、ちょうど敵のフォワードが立っていてこれをゴールに押し込んだ。誰が触ったかも覚えていないが、とにかくパワープレーからゴールを決められてしまった。その後、ヴィルゲスもパワープレーで最後の反撃を試みたが、ゴールならず。3-2で準決勝敗退が決定した。

 コーチのエマが言うように、後半は自分たちの力を出し切ったと思う。延長の失点にしてもありえることだからしょうがない。それよりも、前半の入り方。あの45分間が後々に響いた。フリーキックを決めたアッツィは今年で34歳。現役生活も残り少ない。前半から声を張り上げてがんばっていた。「今回が優勝できる最後のチャンスだと思ったから、絶対に勝ちたかった。」と試合後に言っていた。そういえば、冬の室内サッカーの大会でも決勝で負けたとき一番悔しがっていたのはアッツィだった。

|

« 気の緩み - Bad Kreuznach戦 | トップページ | ピーマンを食え - Mechtersheim戦 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

ハンズィー良いこといますね!

投稿: kleiner | 2007年4月26日 (木) 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/6151164

この記事へのトラックバック一覧です: アッツィの勇姿 - カップ戦準決勝:

« 気の緩み - Bad Kreuznach戦 | トップページ | ピーマンを食え - Mechtersheim戦 »