« ようやく公式戦 - Neunkirchen 戦 | トップページ | 守備的だけど - Mayen戦 »

2007年3月16日 (金)

3月のTuS Koblenz

 コブレンツには今年ブンデスリーガ2部に昇格したばかりのTuS Koblenzというサッカーチームがある。ブンデスリーガ2部に昇格したことで、ケルンやカイザースラウテルンといった伝統あるチームとの対戦が実現し、スタジアムに向かうファンの数も増えている。監督のミラン・ザジッチはこのチームが4部の時から指揮を取っていて、ファンの間でも人気がある。
 資金のないコブレンツは思うように選手の補強ができず苦戦はしているものの、予想以上の成績で今のところ降格圏内を何とか逃れている。

 今回、コブレンツでコーチの研修をしている友達のアントニオ・ラモスに時間と場所を教えてもらい、はとこのショーヤと一緒にコブレンツの隣町に試合前の練習を見に行った。コブレンツは今週、Jena(イェナ)との試合が控えている。

Shoyafra_026
<フィジカルトレーニングをするコブレンツの選手たち>

 この日は午前と午後に練習が行われ、俺たちは午後の練習を見に行ったが、監督のザジッチはグランドに姿を現さなかった。前節の試合直後、チームの会長に何か言われたらしく、新聞にも「ザジッチがコブレンツを去るかもしれない」と書かれていた。

 午後の練習はボールを使ったフィジカルトレーニングやコーディネーショントレーニングが行われた。シーズンを通してパフォーマンスを維持するには、筋力の維持も欠かせない。最後はいろいろなルールでゲーム形式の練習が行われたが、疲れが出てきたせいか、時間がたつにつれてミスが増えてきた。

Shoyagermany_098
<コブレンツ対イェナ>

 金曜には、降格争いをしているイェナとの一戦を見に行った。結局、ザジッチ監督はチームに残ることになり、ベンチに姿を現し指揮を取っていた。
 試合のほうはというと、両チームともリスクを冒さない戦い方で盛り上がりに欠けた。見に行った練習ではディフェンスや中盤での組み立てからの攻撃をしていたが、練習の内容とは全く違った戦い方をしていた。両チームとも確実にポイントが欲しいので、ロングボール主体の展開が続いた。結局、試合はスコアレスドローに終わり、ファンたちは煮え切らない様子でスタジアムをあとにした。

 コブレンツは現在勝ち点32で18チーム中12位。降格圏とは7ポイント差あるが、残り8試合でリーグに残留できるかどうか。次はアウェイでケルンとの厳しい一戦。

|

« ようやく公式戦 - Neunkirchen 戦 | トップページ | 守備的だけど - Mayen戦 »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/5824764

この記事へのトラックバック一覧です: 3月のTuS Koblenz:

« ようやく公式戦 - Neunkirchen 戦 | トップページ | 守備的だけど - Mayen戦 »