« カーニバル シーザー撃沈 | トップページ | 雨にやられる - Worms戦 »

2007年3月 2日 (金)

復活 バルボア

 イタリアの種馬が復活するという噂は前々から流れていたけど、ようやく本当の話になった。1976年に1作目が出て、今回で6作目。1、2作目でアポロとの話が一旦終わり、その後、5作目まで「いつまで続けるんだ?」とか「やっと終わったか」というコメントをしている人もいたけど、俺も含め、好きなやつは早速みんな映画館へ。一緒に行こうとしていた友達がロッキーをよく知らないということで、1作目から5作目までをしっかり予習させてバルボアファンに仕上げた。映画館へ向かう車の中ではもちろんロッキーの音楽をかけていった。

 ロッキーといえばおなじみの音楽(Gonna Fly Now)が思い浮かぶけど、ここドイツではかなりの確立でロッキーの音楽を耳にする。特に、3作目の最後や4作目の初めに流れるSurvivorのEye Of The Tiger。ドイツ人にはロッキー好きなやつが多く(サッカーをやっているやつだけかもしれないけど)、ロッカールームやウォーミングアップ中に流しているチームがけっこうある。ラジオを1日流しておけばたいてい1回はかかる。一度、天気予報のBGMで流れていたこともあり、その気合いの入れようには驚いた。

Rocky_004
<必須アイテム>
 
 俺の中でも、ロッキーのCDとDVD(昔はビデオ)は中学生の頃からの必須アイテムになっている。CDは1と4を持っているけど、昔、ロッキーのCDを買いに行った時に「2と3もあるよ」と店員に薦めれて「あ、いいです」と断った。

 ちなみに、気合いの入るシーンを一つ挙げるとすると、2のエイドリアンとロッキーの病院でのやり取り。それまで、エイドリアンはロッキーとアポロの再戦に反対で、ロッキーやトレーナーのミッキー、兄貴のポーリー、そして俺をいらいらさせる存在だった。病院でエイドリアンが昏睡状態から目を覚ました時、ロッキーもリングへの復帰をあきらめようとしていた。が、エイドリアンがロッキーに言いたいことがあると。近くに寄れと。そして、一言「Win.」。そのあと、ロッキーのトレーニングシーンが始まる。
 明日からリーグ戦が再開するので、俺もロッキーで気合いを入れてく。

Karnevalfra_002
<仕上げはいつもこのポーズ>

 ロッキーの新作には、いつものキャストにいつもの場所が出てくる。一度は行ってみたいと思っているのが、ロッキーがトレーニングでいつも最後に駆け上がるフィラデルフィア博物館の前の階段。実際に、ロッキーのポーズを真似して写真を撮っている人がいるらしい。
 新作ではフィルムが終わってもすぐに席を立たないように。マニアには見逃せないシーンが出てくるはず。そして、帰りももちろん車の中でロッキーをガンガンに流して家路に着いた。

|

« カーニバル シーザー撃沈 | トップページ | 雨にやられる - Worms戦 »

German Life (ドイツの出来事)」カテゴリの記事

Hobbies (本、映画、音楽、名言など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/5545216

この記事へのトラックバック一覧です: 復活 バルボア:

« カーニバル シーザー撃沈 | トップページ | 雨にやられる - Worms戦 »