« まだまだ調整不足 vs Leverkusen Ⅱ | トップページ | 復活 バルボア »

2007年2月20日 (火)

カーニバル シーザー撃沈

 ドイツは今どこもかしこもカーニバル(Karneval)でまさにお祭り騒ぎになっている。地方によってはファストナハト(Fastnacht)やファッシング(Fasching)という呼び方をしている。グループで変装をしてお菓子をばら撒きながら街中をパレードする。そして、飲んで騒ぐ。変装はグループによりさまざまで、騎士の集団もいればエスキモーの集団もいる。インディアンもいれば豚の集団もいる。

 カーニバル本番の1週間前にはケルンアリーナで「笑いのケルン」みたいなイベントがありチームで乗り込んだ。バスの中にはすでにビールが用意されていて、それを飲みながらみんなでケルンに向かい、そのまま会場にビールをケーズごと持ち込み飲み続けた。毎年参加しているらしく、8月にはすでに受付を済ませていた。そのおかげもあり、アリーナでは特別リングサイドクラスの席が用意されていた。

Koelnarena_029
<アクロバティック>

 ケルンアリーナのイベントではパレードはなかったけど、会場に来る人たちがそれぞれ変装をしてきた。要するにコスプレパーティー。いろいろな集団がいたけど、俺たちは決まった格好をせず、それぞれが好きなように変装していった。アリーナのステージでは、ギャグを言ったり歌ったり踊ったりいろいろ事が行われた。チームメイトが言うには有名なやつらが出ていたらしい。

Koelnarena_011
<ペンギンブラザーズ>

 イベント前の練習の無い日に、チームメイトのユーリと一緒に衣装を探しに行った。何にしようか迷ったけど、試着をした結果ペンギンに決定。会場では俺たち以外のペンギンをなかなか見つけられなかったけど、帰り際に幼稚園児くらいの小ペンギンを発見して、そのお母さんに衣装を褒められた。

Koelnarena_018
<パイロット>

 スタリーとシュテフェンはパイロットに変装。スーツケースを転がしてきたかったと言っていた。

Koelnarena1_002
<巨大ケチャップ>

休憩

Koelnarena_019
<古代ローマのシーザーと囚人>

 双子の弟スヴェンは古代ローマのシーザーに変装。ひらひら具合がうっとうしいと言っていたけど一番はしゃいでいた。ところかまわずいろいろなやつにからんでいた。囚人に変装したアッツィはこの企画の幹事。イベント後、無事釈放された。

Koelnarena1_001_2
<シーザー撃沈>

 はしゃぎすぎたシーザーはホールの隅で一眠り。その後、気持ち悪くなりアリーナの外で吐くが見事に復活した。
 イベントが終わりバスに戻ると、さっきまではしゃいでいたはずのニコが撃沈してすでに運び込まれていた。バスは無事にコブレンツの駅に到着したが、ニコはまだ少しグロッキーだった。ロッキーの最新作を見て影響を受けたせいか、おぼつかない足元で「エイドゥリアーン」と叫びながら家路についていった。

|

« まだまだ調整不足 vs Leverkusen Ⅱ | トップページ | 復活 バルボア »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

German Life (ドイツの出来事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/5421253

この記事へのトラックバック一覧です: カーニバル シーザー撃沈:

« まだまだ調整不足 vs Leverkusen Ⅱ | トップページ | 復活 バルボア »