« Hachenburger Pils Cup 2007 | トップページ | カーニバル シーザー撃沈 »

2007年1月31日 (水)

まだまだ調整不足 vs Leverkusen Ⅱ

Egc_1  対  Bayer_leverkusen_104x104

  1月26日にチーム練習が始まり、いきなりクーパーテストが実施された。今年初めてのチーム練習とはいえ、冬休みの間に各自トレーニングをしておくように言われていたので、明らかに基準を満たさなかった選手は練習後のミーティングで監督のハンズィに問い詰められた。翌日には室内サッカー大会Hachenburger Pils Cupに参加したが、この大会が終わりいよいよ本格的にリーグ後半に向けたチーム調整が始まる。

 今年最初の試合は、レバークーゼンのサテライトとの練習試合だった。レバークーゼンのサテライトはレギオナルリーガ(ドイツ3部)に所属している(ドイツにサテライトリーグはない)。数年前にはチームメイトのデニスが所属していた。
 チーム練習が始まったばかりで、これまでボールを使ったトレーニングもしていないけど、リーグ後半戦に向けて現在の自分たちの状態を知るうえでも大切な試合。

Pilscup_06_6_700
<トロフィーを持つデニス>

 ブンデスリーガのサテライトチームは、U23の選手で構成されている(オーバーエイジは3人)。若いし、冬休み明けのトレーニングもWirges(ヴィルゲス)よりだいぶ早く始めているので、運動量では明らかにレバークーゼンのほうが上だった。
 今年初めての試合で、しかも芝生の上でボールを蹴っていなかった状態だったので、ヴィルゲスはなかなjか相手のペースについていけない。ボールコントロールもそうだったけど、中盤とディフェンスの連携はがたがたでいいように崩された。ヴィルゲスにもチャンスがあったが、キャプテンのチジーがPKをはずすなどして前半は0-0で終了。

 後半に入り、ようやく中盤とディフェンスラインの連携は整ってきたけど、体力面で相手との差が出てきた。俺も含め、かなり息が上がっていた。そうこうするうちに、ラインを崩され失点した。しかしながら、ヴィルゲスにもゴールチャンスは何度かあり、まず同点に追いつく。そして、後半終了間際にはチジーのゴールにより逆転に成功。実際には6-5や5-4くらいのスコアになってもおかしくない試合だったけど、結果的にはヴィルゲスが今年はじめの試合を2-1の勝利で飾った。
 まずはフィジカル面を整えること。そして、リーグ後半戦までのプレシーズンマッチで戦術を確認していけば、チームがまとまりそうな感触はあった。

 あとからわかった事だけど、レバークーゼンのサテライトチームにはワールドカップに出場したトーゴ代表の選手やアフリカ選手権に出場しているモロッコ代表の選手がいた。それ以外にもユース年代で代表だった選手が何人かいた。ちなみに監督は、元ドイツ代表でレバークーゼンでもFWとしてプレーしていたウルフ・キルステンだった。レバークーゼンはゲームを支配していただけに、1-2の敗北は悔しかったみたい。

|

« Hachenburger Pils Cup 2007 | トップページ | カーニバル シーザー撃沈 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/5355114

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ調整不足 vs Leverkusen Ⅱ:

« Hachenburger Pils Cup 2007 | トップページ | カーニバル シーザー撃沈 »