« 天皇杯準決勝 2006 | トップページ | 北海道サッカー少年ドイツ遠征② »

2006年12月30日 (土)

北海道サッカー少年ドイツ遠征①

2006年12月、北海道のサッカー少年たちがドイツへやってきた。
静岡県選抜と同様にスポーツシューレ・ヘネフを拠点に1週間ほどドイツに滞在した。
スポーツシューレとはドイツ全土に20ほどあるスポーツ総合施設。ヘネフにはコンフェデのときにアルゼンチン代表も合宿した。今回、ドイツ代表U-15が合宿を行っていた。

Ryu_3438_r

到着の次の朝、スポーツシューレのグランドで一緒に練習。
最後はゲームで汗を流した。

Ryu_3454_r

元室蘭大谷のダイナモ・矢田さんと。

Bundesligadortmund

午前の練習後、ブンデスリーガの試合を観戦しにドルトムントへ。
ワールドカップで日本がブラジルと対戦した場所。あの時日本がブラジル相手に先制点をとったのは今でもドイツで覚えている人がいる。
ドルトムントとヴォルフスブルクの試合は蹴りあいになって見せ場が少なかったけど、ゴール裏に席を陣取り、終了間際に目の前で決勝ゴールを見ることができた。

Ryu_3400_r

スポーツシューレの食堂。
スポーツシューレもクリスマスモードだった。

Ryu_3864_r

3日目、1.FCケルンのスタジアム見学へ。スタジアムツアーでは、選手のロッカールームやグランド、プレスルームを見学できる。ちなみにケルンのトップチームは今期ブンデスリーガ2部。1シーズンで1部復帰を目指しているけどかなり険しい。滞在期間中、ケルンのU-13やケルンサッカー学校とも対戦予定 。

Ryu_3966_r

スタジアム見学を終え、この日の午後も試合観戦。
わざわざ俺の所属するヴィルゲスの試合を見に来てくれた。

Ryu_4065_r

子供たちはヴィルゲスサポーターと一緒に応援。
アウェイながらホームのような応援を受けた。
前日の練習とこの日の応援によって、宿敵エンガースとのダービーマッチを5-1で勝つことができた。

Ryu_4350_r

4日目、いよいよ自分たちの試合。
ベルギーとの国境近くのデュレンという街で試合が行われた。
最初の相手はU-12デュレン選抜。
監督(上の写真一番左)は友達のカルロ。スポーツシューレヘネフでトレセンのコーチもしている。いつもいろいろなことを教えてくれる。好物はシュニッツェルとポテト。好きな音楽はEye of the tiger。

Vs_aaa_1204_u13_r

続いて地元チーム、アーノルズヴァイラーのU-14と対戦。
天気は悪かったけど、地元チームと交流を深めた。

へつづく

|

« 天皇杯準決勝 2006 | トップページ | 北海道サッカー少年ドイツ遠征② »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

Youth (サッカー育成年代)」カテゴリの記事

コメント

どうも。カラオケの時の写真のほうがよかったですか?大会がんばってください。

投稿: K | 2007年2月 1日 (木) 00:54

筋肉日記拝見しました。写真の掲載嬉しいやら恥ずかしいやら何とも・・・。 今週末の3,4日大会あり札幌へ出動予定です。松尾監督、青山マネージャーに怒鳴られないようサポートしてきます。

投稿: ダイナモ・矢田 | 2007年1月31日 (水) 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/5085483

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道サッカー少年ドイツ遠征①:

« 天皇杯準決勝 2006 | トップページ | 北海道サッカー少年ドイツ遠征② »