« エシュまたまた浮かれる - Hauenstein戦 | トップページ | ドミニクと再会 - Hohenecken戦 »

2006年11月 6日 (月)

州ベスト16そろう

 ドイツでも日本の天皇杯のように、ブンデスリーガと各州の代表が対戦するカップ戦が行われる。来年の本選出場をかけた州予選はすでに始まっていて、ラウンド1から3までは5部以下のチームが一発勝負を行った。試合はいつも格下のホームグランドで行われ、ラウンドが終わるごとに勝ち残ったチームだけで次の対戦の抽選が行われる。ラウンド4からは4部のチームが参加し、この試合によって32チームから16チームにしぼられた。
 ヴィルゲスは5部のEisbachtal(アイスバハタール)と対戦。アイスバハタールとヴィルゲスは昔ひとつのチームだったらしく、分裂してからは仲が悪いらしい。アイスバハタールには芝と土のグランドがあるけど、芝のグランドには照明がない。他の試合が昼に行われていたのに、俺たちの試合だけ夕方から。照明のない芝のグランドが使えなくなり、土での試合になった。しかも照明は暗くて見えにくい。アウェイの洗礼?

Eisbahatalpokal_005
<アイスバハタール対ヴィルゲス>

 試合は怪我気味のキーパー・スヴェンに代わり控えのアギムが今シーズン2回目の登場。それ以外はいつもと同じ布陣で挑んだ。試合前、「全く問題ないはず。思い知らせてやれ。最低でも2点差以上で勝て。」と監督のハンズィが気合いを入れていた。
 グランドはプレーしづらかったけど、ヴィルゲスはゲームを支配。開始早々、トーマス・エシュがプリーキックを決め先制。更に、相手のミスからネナドがボールを奪いパス。それを19歳フォワードのユーリが決めて2-0。更に、トーマス・エシュがフリーキックをもう一発決めて3-0。トーマス・エシュはここ2試合でフリーキックだけで4得点。
 後半はアイスバハタールのエースでもある日本人選手オーミが奮闘し、アイスバハタールが少し攻めはじめる。しかし、ゴールにはならず、ヴィルゲスが3-0でベスト16進出を決めた。

Eisbahatalpokal_003
<ロスバッハのマサキ>

 現在5部に所属するロスバッハは、昨シーズンリーグで優勝したにもかかわらず、4部昇格の条件を満たせず5部に残留。そこでは今シーズンから日本人選手のマサキがプレーしている。ロスバッハは今のところリーグで首位を走り、この日のカップ戦でも快勝しベスト16進出を決めた。昨シーズンのカップ戦ではヴィルゲスはロスバッハに負けているらしく、ロスバッハは州予選で準優勝し(優勝チームがブンデスリーガに昇格したため)繰上げで州の選抜に選ばれた。そして、今年の本選1回戦でブンデスリーガ1部のメンヒェン・グラートバッハと対戦し1-4と健闘した。
 このまま勝ち続けていけばいずれヴィルゲスとロスバッハが対戦。そして、俺は左サイドバック、マサキは右サイドでプレーしているのでマッチアップすることになる。意識しあって結構やりにくい。

|

« エシュまたまた浮かれる - Hauenstein戦 | トップページ | ドミニクと再会 - Hohenecken戦 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/4087982

この記事へのトラックバック一覧です: 州ベスト16そろう:

« エシュまたまた浮かれる - Hauenstein戦 | トップページ | ドミニクと再会 - Hohenecken戦 »