« 静岡県選抜U16 ドイツ遠征② | トップページ | とりあえず1ケース - Salmrohr戦 »

2006年11月15日 (水)

古巣との対決 - Saarbruecken戦

 カップ戦も合わせて3連勝と波に乗っているヴィルゲスは、今節アウェイでザールブリュッケンの2軍との対戦。ザールブリュッケンの2軍は昨シーズン、オ-バーリーガ(ドイツ4部)でも成績がよく、何人かの選手は1軍に昇格した。しかし、1軍はブンデスリーガ2部からレギオナルリーガ(ドイツ3部)に降格してしまった。ザールブリュッケンは俺とチームメイトのトーマス・エシュが昔プレーしていたチーム。古巣相手にトーマス・エシュは気合いが入っていた。当時一緒にプレーしていた選手はもういないけど、去年、今年と合同練習を一緒にした時の選手はまだ何人かプレーしていた。ザールブリュッケンは1軍の選手も投入してくるのでどの選手がどこで出るのかわからなかったけど、前半15分は無理せずに我慢して、それからプレッシャーをかけていけという監督ハンズィの指示だった。

_pict0093
<1点リードを必死で守るヴィルゲス(白)>

 
ザールブリュッケンは若い選手が多く、よく走るし勢いがあった。前半開始早々からがんがん攻めてきて、まだ態勢が整いかけている時に俺のサイドからセンタリングを上げられたけど、なんとか失点にはならなかった。逆に、前半25分ほどでヴィルゲスはカウンターからオフェンシヴのジミーが左足を振りぬく。キーパーはシュートをはじいたけどボールはゴールの右隅に転がり込み1-0と先制。そのまま前半は終了。

 後半に入り、ザールブリュッケンは攻撃の選手を3人投入。ヴィルゲスは完全に守りに入る。守りに守っていたので、俺もオーバーラップする機会が全くなかった。かなり攻め込まれ、チームメイトはよく審判や監督のハンズィに「あと何分だ?」と聞いていた。後半途中、怪我と疲れで動けなくなったキャプテンのチジーに代えて、アルヤンをディフェンスラインの前に置き守備を固める。更に、怪我気味の右サイドバック・アッツィーに代わり、本来センターバックのアンディーを投入。とにかく攻めてる時間が少なくてきつかったけど、ザールブリュッケンはフィニッシュが雑だったり、中盤で縦に急ぎすぎたプレーでミスをしたりしてくれたので助かった。
 90分にはヘディングのクリア一発からカウンターになり、トーマス・エシュがペナルティエリアでシュートチャンス。思い切り左を振り抜くかと思いきや、ここでキーパーを越すループシュート。古巣相手の追加点にトーマス・エシュも大興奮。あまりに喜びすぎて足をつる。そのまま試合は終了しアウェイでうれしい勝ち点3。しかも、今季初の無失点での勝利。

Pict0096
<試合終了後、みんなで勝利を祝う>

 
試合終了後、みんなで円陣を組んでぐるぐる回り勝利を祝う。監督のハンズィもおおはしゃぎで飛びかかってきた。試合前のミーティングで、「あいつらは去年のようにまとまっていないから絶対勝てる!」とアウェイでの難しい試合に対して監督のハンズィは言っていた。それに対してチームメイトは苦笑いしていたけど、実際に勝利して、「お前らは笑ってたけど、俺の言ったとおりだろ。」とハンズィは誇らしげだった。
 ヴィルゲスは一時期、降格圏内も見えていたのに、ここにきてリーグ戦の3連勝で6位まで上昇。上位で気持ちよく冬休みを迎えるためにも、冬のシーズンオフまであと4試合で目標10ポイント。

|

« 静岡県選抜U16 ドイツ遠征② | トップページ | とりあえず1ケース - Salmrohr戦 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

ここで気を抜かないように明日もやっときます。

投稿: | 2006年11月17日 (金) 22:48

試合おつかれさまー!
勝利続きやねー!!
残り4試合頑張って!!

投稿: aki | 2006年11月17日 (金) 05:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/4189111

この記事へのトラックバック一覧です: 古巣との対決 - Saarbruecken戦:

« 静岡県選抜U16 ドイツ遠征② | トップページ | とりあえず1ケース - Salmrohr戦 »