« とりあえず1ケース - Salmrohr戦 | トップページ | 決めるところで決めろ - Kyllburg戦 »

2006年11月29日 (水)

久々の - Oggersheim戦

 8月に始まったリーグ戦も1週して後半戦に突入した。今回の相手は開幕戦で対戦したOggersheim(オーガースハイム)。オーガースハイムは3部昇格を目指しているプロチームで、現在リーグ首位。アウェイの開幕戦で対戦した時は、残り15分ほどでミドルシュートを決められて0-1で負けた。

 これまで4連勝を続け波に乗っているヴィルゲス。監督のハンズィが言っていたように、勝たなければいけない試合をものにしてきた。そして、今節のオーガースハイム戦もハンズィの中では勝って当然の試合らしい。2週間前のミーティングではハンズィの発言に選手たちは苦笑いしていたけど、ハンズィは大真面目だった。しかしながら、試合前のミーティングではさすがにやや勢いはなくなっていた。話を始める前にメンバーとポジションが書かれた紙を貼り付けると、そこにはエースのトーマス・エシュの名前が書かれていなかった。

 エシュは昨シーズンハンズィともめたため、シーズン途中から干されて2軍でずっとプレーしていた。今シーズンはオーガースハイムと契約をして、開幕戦では敵として一度対戦している。しかしながら、移籍期間ぎりぎりにヴィルゲスと再契約し、6節目あたりからまたヴィルゲスの一員になった。そのときに「ヴィルゲスが古巣のオーガースハイムと対戦する時は、試合に出てはいけない」契約をしたらしく、この試合には出場できなくなっていた。俺はまたてっきりハンズィに干されたのかと思った。

P1020261
<監督のハンズィ(左)と選手たち>

 「退かずに前でプレッシャーをかけていけ」という指示だったけど、オーガースハイムにゲームを組み立てられ攻め込まれた。ヴィルゲスにも攻めるチャンスはあったけど、それ以上に何本もコーナーキックを取られてピンチを招く。そうこうしているうちに、コーナーキックの競り合いからこぼれたボールをゴールに押し込まれた。
 その後、キーパーのスヴェンとセンターバックのシュタリーが負傷退場しどうなることかと思っていたけど、何とか立て直してシュートチャンスもつくり出していた。

 オーガースハイムは1点を守るのに必死だった。後半途中にはオーガースハイムの選手が2枚目のイエローで退場。ヴィルゲスの攻撃時間が増えた。少し前掛りになってカウンターを食らったけど、何とか1点を取りたいところだった。ゴール前のフリーキックも何本かあり、「エシュがいればチャンス」という感じだったけどゴールにはならず。結局、1点を守り抜かれて久々に負けた。ホームでの負けは8月以来2回目。最初の失点は悔やまれるけど、何とか立て直してやるだけのことはやった。審判がカードを出すのが遅くて荒れた試合になったけど、闘うこともできた。次の試合につなげるのみ。

P1020263
<次節ダービーとなる対戦相手のエンガース>

 次は水曜に州のカップ戦ベスト16。そして、日曜にはダービーとなる宿敵エンガース戦。エンガースはここのところ負け込んでいるけど、ヴィルゲスがこれまでホームで負けていた唯一のチーム。相当気合いが入ってくると思う。

 ちなみに今回の対戦相手オーガースハイムには日本人キーパーがいて、試合後に少し話した。タカダ君と言い、ノルウェーなどでもプレーしていたらしい。選手証の登録の問題が片付いていなくて試合には出られなかったけど、またいつか対戦できるといい。

|

« とりあえず1ケース - Salmrohr戦 | トップページ | 決めるところで決めろ - Kyllburg戦 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/4351863

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の - Oggersheim戦:

« とりあえず1ケース - Salmrohr戦 | トップページ | 決めるところで決めろ - Kyllburg戦 »