« Siegen 練習試合 | トップページ | さらばドイツ - Betzdorf戦 »

2006年10月 5日 (木)

ティガーシュス - Bad Kreuznach戦

 優勝候補2連戦はなんとか1勝1敗で終わった。前節は6-5で勝ったものの、さすがに5失点はやってはいけない。前半を4-1で折り返したにもかかわらず、後半の5分間に3失点。これに関してはミーティングで長い話になった。これまで2部のKickers Offenbach(キッカーズ・オフェンバッハ)3部のSiegen(ズィーゲン)を相手にしても簡単にはやられなかったことを考えると、油断しすぎ、おごりすぎだと監督のハンズィが吼えていた。

 今回の相手はまだ勝ち星がなく下から2番目に留まっているBad Kreuznach(バート・クロイツナーハ)。上に上がっていくためにも落とせない。しかし、試合内容は最悪。パスミスが多すぎてゲームがまったく組み立てられない。中盤とディフェンスラインでのミスからカウンターで何回もピンチを招くけど、前半は何とか0-0で折り返す。

 下位のチームでも調子に乗らせると勢いがとまらない。相変わらずヴィルゲスはリズムがつかめず。キーパーのスヴェンは「単純にあほな試合だった」と怒っていた。前に5人と後ろに5人というポジショニングになり中盤ががら空き。相手チームにいい様にボールを運ばれ、何回もピンチを招く。何とかスヴェンのファインセーブで救われた。
 俺は今季初めて試合の出番がなかった。外からやばそうな試合を見ていたけど、最低でも勝ち点1を取ってくれと思っていた。もうすぐ試合終了というところで、中盤からフリーでパスを出され、それを敵フォワードにゴールへと流される。そして、ゴールが入った瞬間試合終了。まさにキャプテン翼状態。相手チームは今季初勝利にお祭り騒ぎ。まさに日本代表がフランスワールドカップ予選で岡野のゴールでイランに勝った時の状態。帰りのバスはたいそう暗い雰囲気になった。

Bonnbeethoven_005
<気分転換にボンの街をうろつく>

 ちなみにドイツでもキャプテン翼が放映されている。シュート体勢のまま回想シーンに入り1話が終わってしまう点はドイツ人もつっこんでいた。立花兄弟のスカイラブハリーケーンや若島津の三角飛びはかなりのインパクトがあるらしい。フランスチームのナポレオンと言う名前にはみんな笑っていた。俺はTigerschuss(ティガーシュス=タイガーショット)が撃てると言っておいた。

|

« Siegen 練習試合 | トップページ | さらばドイツ - Betzdorf戦 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/3694705

この記事へのトラックバック一覧です: ティガーシュス - Bad Kreuznach戦:

« Siegen 練習試合 | トップページ | さらばドイツ - Betzdorf戦 »