« ビーバップ - MainzⅡ戦 | トップページ | 州ベスト16そろう »

2006年10月31日 (火)

エシュまたまた浮かれる - Hauenstein戦

 前節はアウェイでマインツ相手に後半途中まで善戦したにも関わらず、結局1-4で惨敗。監督ハンズィが説教したように、決められたことを90分やり通す事、チームがひとつになってプレーすることをもう一度確認した。1週間してようやくバナナを噛めるようになった俺は、折れた歯を一時的にくっつけただけで出場。「敵はきっと驚くに違いない。」というハンズィの戦術により、いつもスリートップの左で使われてきたジミーを中盤の真ん中に持っていったが、これには選手たちのほうが戸惑った。

Hauenstein_026
<前半開始から攻め込むヴィルゲス

 どうなるかちょっと心配だったけど、ヴィルゲスは前半開始から攻め込む。まずはスリートップ右のネナドがサイドを突破しセンタリング。そのボールは相手ディフェンスに当たり、キーパーも反応できずゴール。その後、中盤の真ん中に起用されたジミーがボレーで豪快に決め2-0。更に、エースのトーマス・エシュがフリーキックから左足できれいに決めて3-0。完全にヴィルゲスペース。しかし、右サイドの連携ミスから相手フォワードが抜け出しシュート。俺もカバーに入ったけど間に合わず、シュートはキーパーに当たりそのままゴールへ。スタメンキーパーの負傷で前半の途中から出場していたアギムは、この試合が今シーズンの初試合でこのプレーがファーストタッチになってしまった。ドンマイ、アギム。

Hauenstein_039
<空中戦>

 ハーフタイム直前の失点は監督のハンズィが当然激怒したけど、気分を入れ替えて後半へ。後半も何度か決定的なチャンスを作り出す。そして、フリーキックからトーマス・エシュがこの日2点目となるのゴールをほとんど同じコースに決めて4-1。折れた歯も悪化することなく試合は無事にそのまま4-1で終了。
 これでホームでは6試合負け無し。ロッカールームではいつものようにビールが用意され、音楽ガンガンでシャワーを浴びつつ、トーマス・エシュはのりのりだった。しかし、用意されているはずの食事がクラブハウスに届かず、みんなブーブーいいながら帰っていった。

Hauenstein_052
<クロスをあげる曽野(2)>

 
ヴィルゲスに所属するもう一人の日本人選手・曽野も出番が増え始めた。背番号は2番だがポジションはフォワード。あとは得点あるのみ。打つべし、打つべし、打つべし。
 11月1日は祝日だけど、カップ戦が控えているためハロウィンパーティーで浮かれていられない。相手はひとつ下のリーグだけど、昔はヴィルゲスとひとつのチームだったEisbachtal(アイスバハタール)。地域ダービーにあたる。チームメイトが言うには、アイスバハタールはヴィルゲスを嫌っているらしく、そうとう激しい試合になるらしい。

|

« ビーバップ - MainzⅡ戦 | トップページ | 州ベスト16そろう »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

早く登録できるといいな。ぶっこみまくれ。

投稿: | 2006年11月 2日 (木) 21:00

勝利おめでとうございます!
歯も無事のようで・・・
俺はまだ登録できてないです><

曽野君も試合に出られてるようで!

レギオ目指して頑張って☆

投稿: ジャッキー・けん | 2006年11月 1日 (水) 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/4019433

この記事へのトラックバック一覧です: エシュまたまた浮かれる - Hauenstein戦:

« ビーバップ - MainzⅡ戦 | トップページ | 州ベスト16そろう »