« リフティング王・土屋健二 | トップページ | リーグ戦6節 Neunkirchen戦 »

2006年9月 6日 (水)

Kickers Offenbach戦

 このところ試合が多くて怪我人も出始めていたけど、またまた週の中日に練習試合をやることになった。みんな嫌がっていたけど、対戦相手を聞いてみんなやる気になっていた。
 相手はブンデスリーガ2部に所属するKickers Offenbach(キッカーズオフェンバッハ)。現在ブンデスリーガ2部で下から2番目。知っている選手はいなかったけど、チームメイトに聞いてみたら、代表に選ばれた選手もいるらしい。レバークーゼン、フランクフルト、バイエルンミュンヘン、リバープールなどでプレーしていた選手も何人かいた。

Watsywedding_010

 Wirges(ヴィルゲス)は、普段通りのフォーメーション2-5-3でいどんだ。見方によっては4-3-3だけど、両サイドがセンターバックのカバーをあまりしない。センターバックは1対1で絶対に負けられない。俺は左サイドで出場。
 開始早々、ヴィルゲスにビッグチャンス到来。キーパーと1対1になるけどシュートはゴール横に外れた。25分くらいは互角に戦っていたけど、集中がきれたかコーナーキックから先制された。その後、元リバープールにディフェンスライン中央を突破されて2失点。前半は0-3で折り返した。

 俺のマッチアップの選手はあまり技術はなく、ポジションニングに気をつけていればあまり危険ではなかった。ただ、足がめちゃ速く、カウンターの時や裏にスペースが空いている時は常に気をつけてなければならなかった。
 
 後半は、またまたヴィルゲスにビッグチャンス。PK。しかし、このチャンスをキャプテンのクリスチャンがポストに当ててはずす。ヴィルゲスファンからはため息が。その後、コーナーキックからまた1点取られて結局0-4で敗北した。

 みんなは点差ほど内容に差はなかったと言っていた。確かに、ゴールチャンスは同じくらいだったけど、やつらはきっちり決めてくる。「それ入っちゃうんだ」というくらい当たり前に決めてくる。
 それとフィジカル。小さいやつもいるけど、平均してみればやっぱりそれなりにみんなでかい。セットプレーでその差が出たと思う。
 あとは個人の武器を持っている。「そんなモンなの?」と思わせるプレーもするけど、それを補う武器を持っている。そして、その武器を最大限活かせるポジションで自分の役割を果たしている。足を活かしてサイドの突破、きっちり点を決めるフォワード、ボールを落ちつかせる中盤、強いディエフェンス。
 自分にとってもチームにとってもいい経験になった。

|

« リフティング王・土屋健二 | トップページ | リーグ戦6節 Neunkirchen戦 »

EGC Wirges (ヴィルゲス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/3336147

この記事へのトラックバック一覧です: Kickers Offenbach戦:

» カーズ [DVD生活のはじまり]
劇場大ヒット!ディズニー/ピクサー最新作がフルスピードで登場!! [続きを読む]

受信: 2006年9月21日 (木) 11:30

« リフティング王・土屋健二 | トップページ | リーグ戦6節 Neunkirchen戦 »