« ストラスブールをぶらつく | トップページ | Kickers Offenbach戦 »

2006年8月29日 (火)

リフティング王・土屋健二

小学校の頃からよくリフティングをやった。というか、やらされた。
当時、Jリーグもなく海外のサッカーの情報もほとんど入ってこなかったので、技と呼べるものもほとんどなく、リフティングといえば、ただ単調に地面に落とさないようにをするだけだった。
ドイツでは今までリフティングがあまり重視されず、どちらかというとドイツ人はリフティングがあまりうまくない。しかし、CMで技を見れたり、いろんなところで大会が開催されたりして、今ではリフティングはひとつの種目のようになっている。最近、ドイツでも子供や若い選手がリフティングで技を練習している姿をよく見かける。俺もいろんな技を見て時々練習している。
ということで、ここで1冊、そして、監修の土屋健二さんを紹介。

土屋健二

サッカーデモンストレーター、インストラクター。伝説のリフティング王。
数々のリフティング大会で優勝し、世界各国のハーフタイムショーにも出演。
サッカーの神様ペレの前でリフティングをし、絶賛を受ける。

Kenjit_009
<リフティング&ジンガバイブル>

 
本の中には土屋健二さんの数々の奥義が書かれている。そのひとつがリフティングにおけるウェーブの動き。ウェーブリフティングは、実戦の中でも大いに役立つ。ウェーブに目覚めたきっかけは、コンニャクのように揺れる少年を見たときらしい。
 そして、もうひとつの奥義がジンガ。「ジンガ」とは、ポルトガル語で「揺れる」という意味で、ウェーブリフティングが空中での奥義だとしたら、ジンガは地上での奥義。横揺れする上半身と、すばやい下半身の動きが特徴のボールキープ術。アルゼンチンのハーフタイムショーでジンガを披露した時、観客でなく選手たちが教えを請いに来たという伝説もある。

Kenjit_010
<写真入で詳しく紹介、DVDも付いてる>

 技の数々は写真解説付きで、DVDでも何回も繰り返して見れる。見たことのある技から土屋健二さんのオリジナル技まで。アラウンド・ザ・ネック、ロブスタートラップ、スコーピオンに地獄車。前述のコンニャク少年からのように、鉛筆、漫画などいろいろなものからヒントを得て技を開発している。
 ジンガに関しても何通りか紹介しているけど、お好みのアドリブを入れることによってオリジナルのスーパージンガができあがるとのこと。
 とにかく練習あるのみ。

Kenjit_008
<土屋健二さんサイン入り>

「ボールは人を裏切りません。思いをかける分だけ、ボールはあなたにわくわくするようなことをもたらしてくれますよ。」

更に詳しい情報は、
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kanzen.jp/

|

« ストラスブールをぶらつく | トップページ | Kickers Offenbach戦 »

Japan (日本の出来事)」カテゴリの記事

コメント

俺は藤枝で実物を見たぞw
タコみたいにリフティングしててちょっと怖かったw

投稿: DJKOSUKExxx | 2006年10月 5日 (木) 22:29

デビューできるように修行中です。

投稿: | 2006年9月 2日 (土) 07:15

びっくりしたぁ
ファーストネームをかえて新しい分野にデビューしたのかと思いました
管理人さんとは別の土屋さんだったんですね

投稿: ペロタ | 2006年9月 1日 (金) 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/3247361

この記事へのトラックバック一覧です: リフティング王・土屋健二:

» 土屋鞄製造所 [ブランド Gメン]
土屋鞄製造所は1965年に創業し、優れたデザインの革製の鞄を企画販売しています. [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 16:22

« ストラスブールをぶらつく | トップページ | Kickers Offenbach戦 »