« ようやくゴール 対 Hasborn | トップページ | リヨンをぶらつく »

2006年8月19日 (土)

ジュネーブ レマン湖の畔

 アウェイでのHasborn(ハスボン)との試合が終わったあと、そのまま空港に直行して旅に出た。フランクフルトからジュネーブまで飛行機で行って、ジュネーブからフランスのGrenobel(グルノーブル)まで電車で向かうことにした。1時間くらいでジュネーブに到着したけど夜遅かったので一泊することにした。

Geneve1_2
<夜のレマン湖の畔>

 ジュネーブの空港から駅までは電車で5分くらいしかかからなかった。駅に着いたら花火があがりまくっていたので、ホテルに荷物を置いてすぐに外に出て花火のほうへ向かった。しかし、1分も経たないうちに静かになったと思ったら、反対側から大勢に人が歩いてきた。ちょうど終わった。
 仕方なく人の流れに逆行して、ジャコウ総督の帝都のように光輝く方向へ歩いていった。しばらくすると音楽が聞こえてきて、なにやら公園に人がたくさん集まっていた。もっと近づいてみるとラテン系の出店がたくさん出ていて、中心のステージではサンタナがライブをやっていた。

Geneve2
<カルロス・サンタナ?>

 よく見るとサンタナらしきおっさんはギターではなくベースを弾いていた。本物ではなかったけど、次から次へとサンタナの曲を演奏していた。
 この前、サンタナがツアーでドイツに来た時見に行こうとしたら、ライブ前にサンタナの親戚か誰かが死んでしまい延期になった。結局、2回目のライブも用事ができて見逃したので、今回、本物でなくても2時間くらい演奏を聴けたのでよかった。
 ホテルでちょっとだけ寝て、次の朝、電車でグルノーブルへ向かった。 

Geneve3
<イギリス公園から駅に向かうモンブラン橋>

 
グルノーブルの旅が終わってドイツへ帰るときもジュネーブの空港から飛行機に乗った。ちょっと時間があったので街をぶらぶらした。初日来た時は夜でわからなかったけど、レマン湖は青かった。

Geneve4
<レマン湖内の大噴水>

 モンブラン橋を渡るあたりから大噴水が見え始めた。調子がいいと高さ140メートルまで行くらしい。晴れていたのでレマン湖沿いを散歩する人やレマン湖クルーズをする人が大勢いた。

 今回、ジュネーブはおまけの旅だったけど、あと1日必要だった。ちょっとなめていた。駅でチャリを借りれるようなので、今度来る時はチャリでぐるっと回ってみたい。

|

« ようやくゴール 対 Hasborn | トップページ | リヨンをぶらつく »

Travel (旅)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/3116005

この記事へのトラックバック一覧です: ジュネーブ レマン湖の畔:

« ようやくゴール 対 Hasborn | トップページ | リヨンをぶらつく »