« イターリア対USA | トップページ | 王者ブラジル »

2006年6月20日 (火)

スウェーデン対イングランド

6月20日 21:00
スウェーデン対イングランド in ケルン

_engxswe_003
<大行列でスタジアムを目指すスウェーデンサポーター>

 
駐車場からスタジアムへ向かうと次第にスウェーデンサポーターが増えてきた。最後にはスウェーデンサポーターの行列に入り一緒にスタジアムへと向かった。イングランドサポーターとぶつからないためにだいぶ大回りをさせられスタジアムに到着。
 これまでのファーストラウンドでスウェーデンは1勝1分、イングランドは2勝している。このグループの1位はエクアドルと、2位はドイツとセカンドラウンドの一回戦で当たる。開催国のドイツとは対戦を避けたいので、この試合で是非勝ちたいところ。

_engxswe_007
<休憩>

 入場チェックが厳しかったため、なかなか中に入れなかった。シビレを切らし始めたイングランドサポーターは、ここぞとばかりに大合唱を始めた。数では勝っていたスウェーデンサポーターだったけど、イングランドサポーターの音量、濃さは大きく、崇高でかぐわしかった。密集地帯で汗をかきながら大声を上げていたのでめちゃくちゃ暑苦しかった。
 

_engxswe_012
<国歌斉唱>

 試合はイングランドがボールを支配していた。ランパードを中心に左右に大きな展開をし、右からはベッカム、左からはジョーコールが攻撃を仕掛けた。前半早々、オーウェンが負傷退場し、クラウチが代わりに入る。クラウチはポストに入ってタメをつくり、ルーニーや周りの選手との連係の起点になった。この日キレキレだったジョーコールは、キーパーの位置を見てきれいなシュートを決める。

_engxswe_015
<ゴーーーーーール>

 スウェーデンはこれといってイングランドを崩すことはなかったけど、セットプレーから難なく得点してしまった。更に。途中交代で入ったジェラードがヘディングで2点目を叩き込んだが、スウェーデンは粘り強く同点に追いついた。スウェーデンは同点に持ち込み、イングランドはグループ1位通過を決め、両チームとも満足そうだった。

_engxswe_010
<たまたま元チームメイトの集団と会う>

 イングランドは消耗しないようになんとか勝ちにきていたけど、オーウェンが負傷してセカンドラウンドのフォワード層が心配なところ。更に途中で入ったキャンベルは不安定な守備を見せていた。逆にルーニーは切れを取り戻し始め、イングランドサポーターに絶大な人気を誇っていた。
 スウェーデンはセカンドラウンド1回戦はドイツでもかまわないといった感じの戦い方で、イブラヒモビッチもベンチに座っていた。スウェーデンの攻撃陣とホームのドイツとの戦いは熱くなりそう。

|

« イターリア対USA | トップページ | 王者ブラジル »

World Cup 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/2354213

この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデン対イングランド:

« イターリア対USA | トップページ | 王者ブラジル »