« キャンプ地ボンを偵察 | トップページ | 空港でもフィーバー »

2006年6月13日 (火)

撃沈、オーストラリア戦 in Kaiserslautern

_australia_001

ワールドカップ前は一桁を記録してた気温も、ここ数日で一気に上がった。この日は30度を超え日に焼けまくった。
スタジアムの青ブロックは、どこもかしこも日本サポーターだらけ。ユニフォームやコスプレサポーターがバスで続々と集まり始めた。

_australia_003_3

心配されていたチケットコントロールだけどぜんぜんチェックしない。座席の色だけ確認してボディーチェック。ペットボトルは没収されるけど、バッグのチェックは開けた瞬間「OK!」と言われた。

_australia_006

球技場へ入る前にもう一度チェック。今度はチケットについているチップの確認。これも係りに渡して、すぐ中に入れてくれた。

_australia_012

オーストラリア戦、国歌斉唱。 スタジアムでは、日本の青とオーストラリアの黄色が入り混じる。

_australia_010

結局惨敗。いつもどおり終盤に追いつかれ、更に逆転される。日本からもこの試合のためだけに来たサポーターがたくさんいたけど、うなだれていた。うずくまって泣いてても始まらないから、tough boy tough boy tough boy tough boy。
オージーたちはカンガルーやコアラの人形、国旗を掲げ喜んでいた。応援のレパートリー、まとまり具合ははるかに日本のほうが上だった。オーストラリアはまだまだ慣れない応援だったけど、見事ワールドカップ初勝利。試合後、何人かのオージーたちは申し訳なさそうな顔をして、「いい試合だった」と話しかけてきた。

Australia_013

オーストラリアも日本も3-5-2のシステム。日本は両サイドを使い、オーストラリアはヴィドゥカでボールをためてきた。キュウェルが引いてフリーになったときは何回かチャンスを作られた。
後半、アレックスのパスにまったく反応できなかった柳沢が交代。フォワードを投入するかと思ったら、小野を投入。高原のワントップになってからフォアチェッキングもできず、前線でキープもできず、カウンターもできず防戦一方。オーストラリアは長身のケネディを投入。日本は中盤を増やしても、結局そこを越されて前線にボールを放り込まれた。で、パワープレーに持ち込まれ逆転負け。

今日はブラジル対クロアチア戦
2-0でブラジル

|

« キャンプ地ボンを偵察 | トップページ | 空港でもフィーバー »

World Cup 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/2196781

この記事へのトラックバック一覧です: 撃沈、オーストラリア戦 in Kaiserslautern :

« キャンプ地ボンを偵察 | トップページ | 空港でもフィーバー »