« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の8件の記事

2006年5月31日 (水)

ドイツ対日本 in Leverkusen

 ワールドカップ前の重要な親善試合、ドイツ対日本戦。晴れたり雨が降ったりする天候の中、レバークーゼンのスタジアムまで観にいった。会場の周りにはドイツ人サポーターがうようよしていたけど、日本サポーターも思ったよりも多く見かけた。中には日本のユニフォームを着ているドイツ人サポーターも見かけた。スタジアムはやや小さめで、スタジアム付近のスペースも少ないので、行き帰りはすごく混雑していてたいへんだった。

 メンバー紹介が終わり国家の斉唱。着物を着た日本人女性がグランドで歌い、それに合わせて友達のゴッツが熱唱していた。試合前の予想では、周りのドイツ人はみんなドイツが勝つことを確信していた。4-0でドイツだの、3-1でドイツだの、2-1でかろうじてドイツが勝つだの言いたい放題だった。そんな俺も、「サイドからボールを放り込みまくれば、4-0でドイツが勝つ」と言って祖国日本をなめていた。

_japangermay_005
<きーみーがーーよーはー>

ドイツ
GK:1.レーマン
DF:2.ヤンセン 21.メッツェルダー 17.マーテザッカー 19.シュナイダー
MF:7.シュヴァインシュタイガー 8.フリングス 13.バラック 18.ボロウスキー
FW:11.クローゼ 20.ポドルスキー
途中出場:6.ノボトニー 10.ノイヴィル 23.オドンコ  

日本 
GK:23.川口
DF:5.宮本 19.坪井 22.中澤
MF:14.アレックス 15.福西 21.加地 7.中田 10.中村
FM:9.高原 13.柳沢
途中出場:3.駒野 20.玉田 16.大黒
 
_japangermay_001 
<ドイツの中に舞う日の丸>

 
前回はホームで全く歯が立たず3-0で負けたので今回はどんな感じになるのかと思ったけど、序盤は日本が早いパス回しでチャンスを作り出していた。キーパーと1対1になる場面が2回あったが、レーマンのファインセーブで防がれた。
 日本の中盤は落ち着いていて、中田、中村、福西はなかなかボールを取られず攻撃のリズムを作り出していた。ただ、少しずつ試合が落ち着いてくるとドイツが攻め込む時間が増えてきた。特に左サイドのシュバインシュタイガーはこの日切れていて日本ゴール前にクロスをあげてきた。中ではクローゼやバラックが待ち構えていて、ヘディングの強さを見せていたけどゴールには至らなかった。前半は0-0で終了した。

_japangermay_006_1
<スタジアムは暖房が効いて暖かかった>

 最近ドイツは雨がよく降るし、気温も10℃をきることが多い。ワールドカップ前で夏も近づいてきているのに寒い。
 後半に入り先制したのは日本。カウンターで柳沢のパスから高原が決めた。そして、2点目も高原。中田、中村がボールを失わず、交代で入った駒野が落ち着いて高原へとパス。高原はファーストタッチ後、少し強引に振り向き勝負してゴール左隅に決めた。レーマンが2点を決められ、周りのドイツ人はがっかりしたり、顔を真っ赤にして怒っていた。
 ドイツは最終手段として、今回のワールドカップメンバーとして初めて代表に選ばれたオドンコを投入した。これが代表初ゲームだったので少し力んでいたかもしれないけど、右サイドで果敢に勝負してリズムを作り出していた。中田のファールでドイツは左サイドでフリーキックのチャンス。「そこでファールはやばいよ」って言っていると、ゴール前に放り込まれたボールをクローゼがあわせて1点差とした。その後、今度はドイツの右サイドでフリーキック。「そこのファールはやめろ」って言っていると、今度はシュヴァインシュタイガーにヘディングでぶち込まれ同点になってしまった。
 その後、日本にもビッグチャンスがあったけど、試合は2-2のまま終了。ドイツ相手にいい試合をしたのはよかったと思うけど、これが予選リーグだったら、絶対に勝って勝ち点3を取りたいところだった。

_japangermay_013
<えっ、どこの応援?ノリノリトルコ人>

最近行われた日本での2試合は見てないから、今回の試合だけで気づいたことを勝手に書くよ。

①フィニッシュ前の日本の速いコンビネーションは良かった。良かったからフィニッシュにつながったか。中田、中村、福西、高原、柳沢はいいコンビネーションだった。特に中田は縦パス(ゴール)の意識が高かった。2点リードしてからは無理に急ぎすぎることもなくプレーしていたと思う。
②キーパーとの1対1になるチャンスがたくさんできた。もっと決めれた。逆にレーマンはよく2点に抑えた。この前のチャンピオンズリーグは不完全燃焼だったけど、ドイツのワールドカップはレーマンにかかってるかもしれない。
③中澤がオーバーラップしたときのディフェンスラインが不安定。連携ミスで相手に攻撃のチャンスを広げさせたように見えた。本番は無理に上がらないでいいんじゃねー?ディフェンスがんばってくれ。
④クローゼ、バラックたちはヘディング強し。ドイツは無理に崩さないでパワープレイでいけばいいんじゃねー?点が入ってリズムが出てきたら回してけばいいじゃん。
⑤つーか、ドイツはサイドからのアシストをもっと増やせば得点のチャンスが増えると思う。シュバインシュタイガーは左でチャンスを作ってた。右のシュナイダーはサイドバックであまり前に出て来れなかった。本来はもう少し前でいい攻撃ができるけど、サイドバックでも経験があって落ち着いている。代わりに途中から入ったオドンコはスピードを生かしてアレックスにどんどん仕掛けてた。2点のビハインドからいい流れを呼び戻していた。この日先発でオドンコと代わったボロウスキーはミスが多かった。
⑥坪井のディフェンスは地上戦ではいいと思う。ただ、ボールを取ったあと中途半端なパスをしてピンチを招いていた。前半だけで2回も。本番、あーいうのはとりあえずクリアで。指示が出たのか、後半は簡単にクリアしていた。
⑦福西はボールをさばけて、守備でも敵を潰せる。途中から入った駒野も落ち着いていた。

次は6月4日にマルタ戦。
じゃあ、デュッセルドルフのスタジアム集合で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

エルツ城を攻める

_goleo_004
<山の中にそびえ立つエルツ城を見下ろす>

 ラインラント・プファルツ州の山奥にそびえ立つエルツ城(Burg Eltz=ブルク・エルツ)。コブレンツから車で約1時間。思っていたよりも山奥にあったので、行ったり来たり、道に迷った。
 車で駐車場まで行って、そこからは急な坂を上ったり下ったり。20分ほどで城にたどり着く。ちなみに駐車場は有料。

_goleo_010

最寄り駅からハイキングコースを通って徒歩で行けるけど、1時間くらいかかるらしい。城の横の道からハイキングコースを通ってたどり着いた人たちが出てきたけど、かなりお疲れの様子だった。疲れていて会話も少なかった。

_goleo_013
<城の入り口>

 城は12世紀に建てられたて、一度も陥落したことがないらしい。ドイツ3大美城のひとつらしい。城中の見学ツアーもあったけど外だけにした。
 帰りの車の中でボスと電話で話した。「おまえ、あそこは城の中がいいんだぞ」と言っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

Reimsbach最終試合

Goleo_003  
<ポーランド人のマーティンと>

 3シーズンに渡って関わってきたReimsbach(ライムスバッハ)での試合もとうとう最後になった。試合が週末から水曜に急遽変更したので、それにあわせて俺もライムスバッハに向かった。膝の怪我をしたあと試合にも顔を出していなかったので、今回みんなに会うのは約7週間ぶりだった。

 車でライムスバッハにたどり着いたときは、みんなまだ試合をしていた。つーか、着くのが遅すぎて、到着後30秒ほどしたらすぐに試合終了のホイッスルが鳴った。チームメイトに挨拶をしにクラブハウスに向かう途中、懐かしのファンの人たちにも会うことができた。試合の結果を聞いたら1対0で負けたらしい。

_goleo_002
<マルセルとサトシ>

 
クラブハウスでも懐かしの顔ぶれに会うことができた。ポーランド人のマーティンはノリノリでビールケースを次々と持ってきてみんなに飲ませていた。飲んだくれのマルセルは相変わらず酔っ払っていた。やつも膝を怪我したらしく、「試合もできないから今は飲み放題だ」とはしゃいでいた。3軍で飲み会のキャプテンでもあるミュッケは、生まれたばかりの息子・小型ミュッケを連れてきていた。その後、チームメートや関係者に、来シーズンはライムスバッハでプレーしない旨を伝え、みんなと少し飲んだ。マーティンは泊まってけとうるさかったが、ちょっとしてから家に帰ることにした。

 結局、7週間前に怪我をした試合がライムスバッハでの最後の試合となった。前半で負傷退場して全く煮え切らなかった試合だったけど、いつもいい形で終われるわけじゃないからしょうがない。そういえば、プラハのチームでの最後の試合もレッドカードで終わった。満足はしてないけど、全部本気でやった。
まあ一つだけいえることは、「わが生涯に一片の悔い無し!」
 来週の金曜にはお別れパーティーがあるらしいので、それがほんとにライムスバッハとの最後になると思う。

「人は歩みを止めたとき、そして、挑戦をあきらめたとき年老いていく。」
アントニオ猪木

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

ドイツの角 ドイチェス・エック

Kobaa_016
<ライン川対岸のエーレンブライトシュタイン要塞をバックに>

 スイスから流れてくるライン川と支流のモーゼル川がコブレンツで合流する。その地点はDeutsches Eck(ドイチェスエック=ドイツの角)と呼ばれていて、対岸の崖の上にあるエーレンブライトシュタイン要塞からはっきり見ることができる。俺の家から走って5分でその場所が見えてきて、そこから泳いで岸にたどり着くことができるけど、船にひかれるからやめたほうがいい。

Kobaa_020
<ヴィルヘルム1世のバックに>

 
ドイチェスエックにはヴィルヘルム1世の像が立っていて、ベルリンの方向を向いているらしい。階段や広場には人がたまっていて、ヴィルヘルム1世の下の建物は上まで登ることができる。夜は途中までしか登れない。

Kobaa_015_1
<合流地点を上から眺める> 

 ヴィルヘルム1世のすぐ下まで登ると、父なるラインと母なるモーゼルの合流地点をよく見ることができる。左から流れてくるモーゼル川が右側のライン川に合流する。クルーズをしている船が行ったり来たりしている。

Kobaa_012
<黒王?松風?>

 角を見下ろした後、振り返って上を向いてみるとヴィルヘルム1世の馬が襲い掛かってくるから気をつけたほうがいい。と、友達のちっこいおっさんが言っていた。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

エーレンブライトシュタイン要塞を攻める

Kobaa_014
<エーレンブライト要塞のミニチュア見取り図>

 ザールブリュッケンからコブレンツへと引越しが完了し2ヶ月が経った。ちょっと周りを散策してみることにした。すぐ家の前をライン川が流れていて、川沿いに右のほうへ目をやると崖の上になにやら城らしいものが見える。こいつは城ではなく要塞で、名前はFestung Ehrenbreitstein (エーレンブライトシュタイン要塞)だった。

Ehren
<要塞の中>

 要塞に近づくには車で上まで登るか、リフトで上にあがらなければならない。リフトはスキー場にあるような感じのものだったが、俺たちは車で上がったので詳しいことはわからない。要塞自体はパンフレットによると、3月13日から11月13日までの時期に、毎日9時半から17時まで開いているとのこと。入場料は2ユーロ。中にある博物館などは別料金をとられる。
 数人のグループや学校の遠足みたいな集団もいて、思ったより多くの人が訪れていた。わざわざフランスから来ているバスもあった。

Kobaa_013
<難攻不落のエーレンブライトシュタイン要塞>

 昨年のフィンランドの旅では世界遺産に登録されたスオメンリンナ要塞に乗り込んでみたが、そこは海に浮かぶ要塞で大砲なども置かれていた。そこも広かったけど、このエーレンブライトシュタイン要塞もヨーロッパで最も大きい要塞のひとつに挙げられているらしい。10世紀の完成から難攻不落として知られ、ヨーロッパでも最高の状態で保存されている要塞のひとつ。

Kobaa_010
<要塞から眺めたドイチェスエック>

 ライン川とモーゼル川が合流するこの場所は、長いあいだ重要な戦略地だった。崖のほうへ歩いていくと、コブレンツの街とライン・モーゼルの合流地点を見渡すことができる。上から流れてきているのがモーゼルで、左から右に流れるのがライン。モーゼルのほうが川の水が濃く見えた。合流後はライン川になる。ちなみに、ライン川の向こう岸沿いを右へ走っていくと俺の家にたどり着きます。

Kobaa_011

 街を見渡せる広場の隅にはユースホステルがある。景色は最高だけど、荷物を持ってここまで上ってくるのはかなりたいへんそうだった。ユースホステルの前では記念撮影が可能。友達のちっこいおっさんがどうしてもやりたいということで、しょうがなく一緒に撮影した。
 さすがに難攻不落の要塞とだけあって、俺たちだけでは厳しい戦いだった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

ついでにベルリンの旅

Berlino_003
<ホテル前にあったフリマ>

 
フランクフルト対バイエルンの試合から一夜明けて、まずはちっこいおっさんと共に監督のウドたちに会いに行った。途中、昨夜応援していたと思われるバイエルンのユニフォームを来たやつらを何人か見かけた。ホテルでウドたちに会い、これから別行動になるのでとりあえずバイバイした。それから10ヶ月ぶりにベルリンの街に繰り出すことに。まずはホテルのすぐ前にあったフリマへ。DVD,CDの安売りが目立った。一番目立ったのは大量に山積みされたドアノブだったけど、誰も手に触れていなかった。

Berlino_005
<ちっこいおっさんとチェックポイントチャーリー> 

 その後、ちっこいおっさんの要望で東と西のチェックポイント跡、チェックポイントチャーリーへ。またまたちっこいおっさんの要望で記念撮影。前回行った時はアメリカ兵とソ連兵プラス女性兵がいたけど、今回は2人ともアメリカだった。ちなみに一人につき1ユーロ取られる。写真は何枚か取っても大丈夫。でも、ちっこいおっさんのように2ユーロコインを渡すと、おつりの1ユーロをごまかされてもらえないから気をつけよう。
 記念撮影を終えたあと、またまたちっこいおっさんの要望で近くのお土産屋に行ってみる。「こんなん買うやつおらへんで」と言いつつ、ベルリンの壁のかけらだといわれる石が入っているお土産を買い込んでいた。ちなみにすぐ隣の店では同じものをもう少し安く買えたが、時すでに遅し。

Berlino_007

<熊だらけのサッカーゲーム>

 前回ここに来た時は世界各国をイメージしてデザインされた熊が勢ぞろいしていたけど、今回はワールドカップにあわせてサッカー熊が多かった。熊プレーヤーを操り子供たちが遊んでいた。

Berlino_008
<ワールドカップモデルのサッカー熊> 

 街を含め、前回見かけなかった熊がたくさんいた。どこもかしこも熊だらけだった。Tough Boyだった。熊も見飽きたところで街に買い物に出かける。ちっこいおっさんの要望でトイレのために入った靴屋をうろついていると、どこかで観たことがあるオヤジがいた。誰かと思えば来シーズン俺が行くチームの監督ハンズィだった。偶然にも前の日の試合を見にきてて、今日は買い物に来ていた。ハンズィと別れたあと、買う物も買って車を停めた場所に帰ることに。地下鉄に乗ろうとすると今度は現在所属するチームの監督ウド一行に出会う。しょうがないからもう一回バイバイしてベルリンの街をあとにした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

ドイツカップ戦決勝 in Berlin

Berlino_001
<ベルリンのオリンピックスタジアム>

 監督のウドから、ドイツカップ戦の決勝、フランクフルト対バイエルンミュンヘンの試合のチケットが回ってきた。ちっこいおっさんを隣に乗せ、車で5時間くらいかけてベルリンにたどり着いた。途中晴れたり雨が降ったりしていたけど、ベルリンに着いてみたら完璧に雨だった。宿にチェックインし、ウドの泊まっているホテルに向かう。ウドのほかにも奥さんのマリーネやReimsbach(ライムスバッハ)の関係者含めて6人がホテルで待っていた。みんなで騒ぎながら空港へ向かった。

Berlino_004
<フランクフルトファンの消防士ミヒャエルと>

 スタジアムに着くとなにやらドイツのバンドが熱唱していて、フランクフルトファンたちもそれに合わせて熱唱していた。決勝の舞台だけあってファンはだいぶ盛り上がっていた。歌が終わっても試合まで少し時間があったので、ちっこいおっさんと共にスタジアム内をうろつく。途中、酔っ払いに絡まれたと思ったらノリのいいフランクフルトファンだった。どうやら、さっき熱唱していたバンドの知り合いらしく、あのバンドはタンカーズと言って日本にも行ったことがあることを説明してくれた。こいつの名前はミヒャエルで職業は消防士だった。フランクフルトに来たら連絡くれとのことだった。ビールをおごってもらって少し話をし試合に戻った。

Berlino_002
<試合前のセレモニー>

 会場はフランクフルトファンがバイエルンに対して敵意むき出しで、何かにつけてブーイングを浴びせていた。近くでバイエルンファンが喜ぶと罵声をかましていた。試合は序盤、フランクフルトが何度かチャンスを作り出したけど、シュートが雑でゴールにはならなかった。バイエルンは本気でやっていないような感じがして、前半はぱっとしたプレーは見られなかった。
 後半に入り、バイエルンはサリハミジッチに代えてゼ・ロベルトを投入。ハーフタイムに気合いを入れられたせいか、チームも少し勢いを出し始めた。コーナーキックからピツァロのヘディングで先制すると、そこからはバイエルンペース。この試合だけ観たら、フランクフルトのほうが内容はよかったかもしれないけど、選手の能力は明らかにバイエルンのほうが上。最後にはイェレミースやショルを投入する余裕を見せ、バイエルンが1-0で勝ちまたまたドイツカップ戦を優勝で飾った。威勢のよかったフランクフルトファンは、試合後すっかりおとなしくなっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

オランダの旅 さらばアムステルダム編

Kobaa_009

 アムステルダムの動物園を楽しんだ後、ようやく街に出てきた。何を見るわけでもなく適当に街をぶらぶらした。歩いてみて思ったことは、川が多い。そして、怪しいやつらが横に寄ってくる。その時、小声で、「コカイン?」とささやいてくる。こんなやつらをけっこう見かけた。

Kobaa_001
<ダム広場で休憩>

 ダム広場に出るとたくさんの人がいて、大道芸人のまわりには人だかりができていた。ダム広場はアムステルダムの名前の起源になっているらしい。グルと回ってからカフェでマサキとビールを飲んで休憩。ここら辺にも怪しいやつらがいて、袋に入ったブツを落としているやつもいた。同僚らしきやつがわざとらしく口笛を吹きながらこっそり拾っていたが、ばればれだった。

Kobaa_002
<どこもかしこも自転車だらけ>

 アムステルダムは人口密度が世界一らしい。そして、川も多かったけど自転車も多かった。久々に日本の駐輪所みたいな感じで、自転車がたまっている光景を見た。特にアムステルダムは多かったけど、他の街でもドイツに比べて自転車人口が多かった。更に、原チャリで走っているやつらもけっこういて、ほとんどがノーヘル二人乗りだったけどあれは合法なのか?

Kobaa_006
<アイントホーフェンのスタジアム前にて>

 あと1日休みがあったけど、空港での一泊がきいたせいか、1日早くドイツに戻ることにした。帰りにEinthovenの看板を発見。ほんの少しだけ寄ってみた。そして、PSVアイントホーフェンのホームスタジアム前で恒例のスタジアム前見学。周りには誰もいなかった。短いアイントホーフェンの滞在のあとは、無事にドイツに戻ることができた。

Kobaa_008
<PSVアイントホーフェンのホームスタジアム>

 オランダと聞いて思い浮かぶのは、フリット、ファンバステン、ライカールトのオランダトリオ。チューリップ。風車。公園でリフティングをしている、ダービッツの師匠と言われているオヤジ。そして、チェコの友達のアレン。このうち今回見ることができたのは、風車とガソリンスタンドで売られていた黄色のチューリップだけだったけど、他にいろんなものが見れたのでよかった。もう一回行く機会があれば、今回行き忘れた「アンネの日記」のアンネ・フランクの家に行ってみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »