« ようやくリーグ戦再開 - Brebach戦 | トップページ | 冬明けホーム初戦 - Koellerbach戦 »

2006年3月16日 (木)

オーバーリーガ Aachen Ⅱ対 Bonner SC

Aachen_001
<ホームのアーヘン2軍(白)とボン(青赤)>

 
ブンデスリーガ2部に所属するアルマニア・アーヘンの2軍の試合を観戦しに行った。アルマニア・アーヘンの1軍は現在ブンデスリーガ2部で2位につけており、1部昇格も目前。2軍は4部(オーバーリーガ)に所属していて、現在リーグ6位。対戦相手のボンは過去に3部(レギオナルリーガ)に所属していて、今シーズンも3部昇格を目指している。現在リーグ3位。
 ブンデスリーガのチームには1軍専用のスタジアムと2軍専用の試合場がある。ここアーヘンにも芝や人工芝のグランドが何面かあったが、雪や寒さの影響で2軍のグランドコンディションがよくないということで、この日の試合は人工芝で行われた。
 
 試合の序盤、ホームのアーヘン2軍がボールを支配していた。何人かの1軍登録の選手と若手の選手との融合がうまくされていて、いいサッカーをしていた。特に、フォワードの9番のマルセル・へラーという選手は、スピードを生かして前線でチャンスを何度も作っていた。
 ボンのほうは、アーヘンの中盤でのプレッシャーによりなかなかボールが落ち着かない。両サイドが起点になりチャンスをうかがっていたけど、ゴールには結びつく気配はなかった。結局、9番のマルセルが2点に絡み、2-0のアーヘンリードで前半を折り返した。

 一緒に試合を観にいったカルロは、試合開始と同時に両チームのフォーメーションを書き出し試合のスカウティングをしていた。彼は、ドイツサッカー協会公認のスポーツシューレ(日本で言うトレセン)の専属コーチ。試合を観ながら何人かの良いプレーをする選手にチェックを入れていた。

Aachen1
<カルロ(左)、俺(中)、さとし(右)>

 後半に入ると、アーヘンのフォワード陣の動くが少なくなった。前線にボールが入らなくなり、次第にボンのペースになる。きれいなフリーキックなどで同点に追いつくと、そこからはずっとボンペース。アーヘンはこの勢いをとめられず後半だけで5失点。結局、2-5とホームのアーヘンは大逆転されてしまった。
 会場には、観客の数の割りにはたくさんのセキュリティーがいた。試合序盤は余裕をかましていたセキュリティーだったけど、逆転されて熱くなったアーヘンサポーターが発煙筒をたいたりボンサポーターを挑発したりと大変になってきた。審判がアーヘンのキャプテンを呼び出し、サポーターをなだめるように指示されて騒ぎはなんとか治まったけど、アーヘンサポーターにとっては屈辱的な試合となった。

 この日の試合は4部同士の対決だったけど、ボンは選手全員がプロ契約。みんなが給料をもらっていて、午前中からトレーニングをしている。アーヘンの2軍は働いていたり学生だったりする選手もいたけど、1軍契約や2軍でのプロ契約をしている選手が何人かいた。左サイドバックをやっていた3番のサシャ・ドゥーム選手は、レバークーゼンでリバプールとのチャンピオンズリーグの試合に出場したこともあり、現在アーヘンにレンタル移籍中。こういうアマチュアのリーグでもスカウトや関係者が見ている中でアピールすれば、どこかでチャンスを手入れることができるかもしれない。

|

« ようやくリーグ戦再開 - Brebach戦 | トップページ | 冬明けホーム初戦 - Koellerbach戦 »

German Football (ドイツサッカー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/1082445

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーリーガ Aachen Ⅱ対 Bonner SC:

» [横浜FC]J2第4節 対モンテディオ山形@三ツ沢 [ウタカタ ノ ヒビ]
横浜FCはホーム三ツ沢で臼井幸平所属の山形と対戦し、前半に得たPKと数的優位を活かし1-0で勝利。シーズン初勝利を挙げました。当然高木監督も就任後初勝利となりました。 横浜FC 1(1-0)0 山形 14:04キックオフ 三ツ沢公園球技場 入場者数:4,203人 得点 横浜 三浦(36分) 警告 横浜 城(24分)、鄭(63分)、トゥイード(89分)、中島(89分) 山形 内山(10分、35分)、高林(34分)、氏原(56分)、レアンドロ(75分) 退場 山形 内山(2警告35分) 出場選手 横浜... [続きを読む]

受信: 2006年3月21日 (火) 20:38

» このサッカー環境に日本は追いつけるか? [サッカーゆるゆる日記]
学問・芸術・若者の街…サッカー日本・表が合宿のボン YOMIURI ONLINE 『(中略) ◆練習場 ボン中央駅から北約2キロの「SFFボン競技場」。住宅地と緑に囲まれた静かな環境だ。陸上トラックも備えた総合運動競技場で、立ち見席を合わせ、収容人員は約1万人。日本..... [続きを読む]

受信: 2006年5月29日 (月) 23:03

« ようやくリーグ戦再開 - Brebach戦 | トップページ | 冬明けホーム初戦 - Koellerbach戦 »