« 羊飼い兼サッカーコーチ | トップページ | ファッシングパーティー »

2006年2月28日 (火)

ザールラント州のカップ戦

 今年初めの公式戦があった。ザールラント州のカップ戦で、相手は一つ下のリーグのSteinbach(シュタインバッハ)。アウェイでの試合だけど、勝たなければいけない試合。午前中に軽く練習を済まし、昼食後、みんなで会場へ向かう。グランドはところどころ凍っていたけど、ぬかるんでいるところもあり、スパイクの選択が難しかった。
 監督のウドは、今日もビビッてリベロを後ろに置いた。慎重なのはいいけど、試合によっては退屈で必要のないポジション、だと俺は思う。その役を俺がやらなければいけなかった。いつも通り中盤で戦わないやつがいたけど、まだ選手が動けて修正をきかせることができた。若手のプールが先制点を取ったあとフリーキックで同点に追いつかれたけど、前半は攻め込んでいたので点の入る気がした。

Andreas_036
<先制点を取ったプールとカトリン>


 後半になってもディフェンスは安定していて失点の気配はなかったけど、中盤とフォワードの何人かが動けず、攻撃が全く機能しなかった。さらに、10番ウリが負傷退場したけど、そこは若手のミヒャエルがなんとかその穴を埋めた。しかし、動けなくなったベテランの思いがけないミスで、元チームメイトのイタリア人ダニエルに失点を許してしまった。
 このあと、調子も良く得点もしていた若手のプールを交代させるという、監督のウドの意味のわからない交代で 2人が投入されたけど全く効果なし。中盤は落ち着かず、ロングボールに頼るけど、フォワードはボールを全く拾えない。見てる観客やチームメイトも、今日のこの監督の采配には不満を見せていた。このまま1-2で試合が終了し、今年のライムスバッハのカップ戦は終了した。

 「試合後に飲みに行くぞ」と言っていたキーパーのアレックスも、敗戦のショックでさっさと家に帰ってしまった。が、試合に出場しなかった飲み好きのマルセルに連れられて、みんなでFasching(謝肉祭)のパーティーに出かけた。


|

« 羊飼い兼サッカーコーチ | トップページ | ファッシングパーティー »

1.FC Reimsbach (ライムスバッハ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/19235/868911

この記事へのトラックバック一覧です: ザールラント州のカップ戦:

« 羊飼い兼サッカーコーチ | トップページ | ファッシングパーティー »